浴衣で半幅帯に挑戦

私は半幅帯が苦手で、夏着物でもお太鼓が多いです。でも浴衣なら、やっぱり半幅帯でしょう!と思い、北斎美術館に行った日は半幅帯にしました。去年までは「リボン返し」しか試していませんでしたが、今年は、「木ノ花」の 閑月(かんげつ)さんの動画を参考にさせていただきました。「木ノ花」は、東京神楽坂の木綿の着物のお店です。片貝木綿、久留米絣、しじら織りなどの反物から、ミンサー織りの半幅帯、博多織の半幅帯など販売...

続きを読む

ものづくり 匠の技の祭典 2018

有楽町の東京国際フォーラムで開かれていた東京都主催の、「ものづくり 匠の技の祭典」に行ってきました。今年で3回目のようですが、私は去年行きそびれたので、今年はぜひ行こうと思っていました。香子さんも同じ日にいらしていたようですが、お会いできませんでした。残念!これから台風が関東に接近という初日に行きましたが、会場は結構にぎわっていました。東京を中心とした衣、食、住、工にかかわるあらゆる伝統の技が披露...

続きを読む

浴衣で両国浅草探訪

きものを楽しむにはきもの友達が必須です。私は、きものを愛し、より深く知りたいと好奇心がある方と、きものを着て一緒にお出かけするのが大好きです。紫乃さんの着物を着よう会もそんな素敵な方が集まる会です。紫乃さんの英語で着物レッスンのサイトはこちらです。日本語は使いませんがご興味のある方は連絡してみて下さい。きものを着てクルーズの旅に出かけませんか?というイベントに興味がある方にもおすすめです。今回は、...

続きを読む

3枚目の浴衣-久留米夏絣

江戸小紋のちりめんは、袖と見頃まではできましたが、襟が広襟で、襟裏をつけて縫わなくてはならないので、9月の和裁が始まったら、先生にじっくり教えていただこうと思います。(和裁所は8月はお休みです。)そこで、その間、お友達から譲っていただいていた、久留米夏絣の浴衣をひと月ぐらいで仕上げました。こんな柄です。手織りの絣が大好きなので、これは、超私好みの反物でした。Y子さん、大切なものを譲っていただいてあ...

続きを読む

着物で星岡日本料理講習会-8月

今年ももう8月。星岡日本料理講習会に通うようになってちょうど1年経ちました。部屋に入ったら、いきなりしつらえが変わっていました。建具やふすまがすべて簾(すだれ)をはめこんた簾戸(すど)になっていました。簾戸は「夏障子」「御簾戸(みすど)」「葦戸(よしど)」「葭障子(よししょうじ)」とも言われるそうです。なんと風流な整え方でしょう。猛暑でしたが、庭から風が入ってきました。掛け軸は、皇女和宮の婚約者でも...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る