三浦の野菜

三浦は魚だけではなく、野菜もおいしいです。近くのJAよこすか葉山が経営するお店「すかなごっそ」に行くと、めずらしいお野菜があります。これは、赤大根のレディーサラダ大根です。そのままスライスしてサラダにしてもおいしいですが、酢の物が好きな私は、甘酢漬けにします。酢が入ると、きれいなピンク色になります。細切りの昆布を入れました。甘酢漬けを作るのに重宝しているお酢があります。和歌山のこめ酢です。ほんのり甘...

続きを読む

三浦で組紐 - 四つ組

三浦で和裁教室を見つけて、通い始めていますが、ここでは、なんと、道明の組紐の教室も開かれていました。これは、三浦にいる間に、ぜひ体験したいと思いました。こちらの先生が昔道明の学校で組紐を習得したそうです。教室のサイトはこちらです。  教室にある、たくさんの糸から、練習に使う糸を選びます。 先生の糸のさばきがなにしろお見事です。練習に必要な糸を測って、束にしてゆきます。 私が選んだの...

続きを読む

着物で星岡日本料理講習会 ー 2月

この日は、何十年も通われている常連さんのグループと一緒になり、にぎやかな講習会となりました。 掛け軸は、歌舞伎役者さんの押隈と呼ばれるもののようです。かまわぬや、成田屋の定紋、三枡の文様がおしゃれです。2月の献立椀    湯葉巻しんじょう うぐいす菜 人参焼物   鶏味噌漬焼 出汁巻卵焼 えのき粕漬け煮物   大根とあげの煮物温物   芋真蒸 春菊菜和え物  梅肉和え  白身魚 うど きゅうり...

続きを読む

三浦で和裁 ー 標(しるし)付け 2

前回の標付けで、いまいち分かっていなかったことが分かりました。反物の布から、着丈4枚分の布の端を、裁ちばさみで裁ったのは覚えていましたが、その着丈分をいつ半分に裁ったか覚えていませんでした。先生に伺ったところ、前身頃のヘラを終わって、あの不思議な切り取り作業があった時に、私の理解していなかった工程があったようです。ややこしいことを説明しますので、和裁に興味のない方、ここでパスして下さいね〜!ここで...

続きを読む

鳥の画文集

諏訪地方在住の画家、片田好美さんの画文集が出版されました。 私は、おととし八ヶ岳美術館で開催された展覧会で、すばらしい作品と片田さんご本人にもお会いすることができました。カンカンさんのお友達です。 好美さんの作品のすばらしいところは、自分はこの自然の世界に最後にやってきた生き物で、鳥や動物たちの世界にお邪魔させていただいている、というスタンスがいつもあることです。 鳥たちへのまなざしが...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る