祖母の浴衣

ブロ友さんからうれしいリクエストがありましたので、今日は祖母が遺した浴衣を着ました。



この浴衣は今年2月の拙ブログの「着物のちから」でも一度紹介していますが、着姿をアップするのは今回が初めてです。



yukata ai mae



yukata ai ushiro



yukata ai obi



帯も祖母の帯です。白の紗で萩が透かし織りになっています。



この祖母の浴衣は藍染で綿なのですが、非常に薄く、シャリ感があります。全体に藤、梅、松、その他が細かく染められています。綿紅梅のようなワッフル感はなく、全体が薄い生地なので、これが何なのか分からず、これまで何人もの方に、これはなんでしょう?と聞いていましたがどなたからも明確な答えがなく分からずじまいでした。



今日、友人とらくやさんのセールに行った(それは、また後日報告しますね!)帰りに、足をのばして、日本橋小舟町の「竺仙」さんの本店に行ってきました。ここなら、きっと、この浴衣がどのように織られて、染められているか、分かるのではと思ったのです。



chikusen mise



創業が天保年間のお店、竺仙です。172年の歴史です! わくわく!



戸を開けて、浴衣を見に来ましたとお伺いしたところ、狭い階段を上がって、2階の和室に通していただきました。



chikusen heya



浴衣の反物が整然と並んでいます。



勤続40年以上のベテランの方にご対応いただきましたが、ここでまず、「私の着ている浴衣は祖母の物ですが、これは一体どのような浴衣でしょう?」とお伺いしました。



すると、これは綿紗ですが、このように細い糸で織ったものは、今はもうほとんど作っていないとのことでした。そして、染は長板中形で、今これを作れる染物屋さんは2軒しかありませんとのことでした。



長板中形(ながいたちゅうがた)とは
藍一色による染めで、6.5mほどの長い板に木綿の白生地を張りつけ、順々に型紙を置いてへらで防染糊をつけます。乾燥したら、表の模様とぴったり重なるように、生地の裏面の同じ位置に型紙を置きます。型を写し終えた生地を藍甕に入れて、一気に染め上げます。染め上がった着尺の表裏に同じ模様が白く抜け、透けて見えているかと思うほどの、とても精密な柄合わせがなされています。この技法は熟練した技が必要で、重要無形文化財に指定されています。
(きもの用語大全より)



竺仙の方のお話では、表と裏に型染めの型の糊を置くのですが、それが表裏ちょっとでもずれたらだめなので、とてもむずかしいとのことでした。この祖母の浴衣はとてもよいものですと褒めていただきました。



これは、背中心の裾の裏のところの写真ですが、表と全く同じ柄です。



yukata ai ura



透け具合はどうかというと、こんな感じです。分かりますでしょうか?



yukata ai sukeguai



長い間疑問に思っていたことが、竺仙さんで解決しました!せっかくお邪魔したので、来年用に一枚注文してきました。



竺仙さんと言えば、万寿菊に代表されるような菊が有名ですね。



先月、藍の有松絞を買ったので、白系のおすすめはありませんかと伺ったところ、一つご紹介いただきました。(購入手続きは、先ほどの建物のお向かいのビルにある事務所でご対応いただきました。)



事務所で他の有名な菊の浴衣生地も見せていただきました。購入したのは一番左端の物です。



chikusen kiku



お店の外では偶然、小川社長にお会いできましたので、一緒に写真を撮らせていただきました。社長も浴衣を褒めて下さり、いいものを見せていただきましたとおっしゃって下さいました。



chikusen shacho



社長はじめ、竺仙の社員の方は、皆さん礼儀正しくて、とても明るいです。浴衣の老舗と聞いて、もっと入りにくいかと思っていましたが、全然大丈夫です。担当の方にいろいろ教えていただきながら、浴衣を選びにいらっしゃいませんか?楽しい訪問でした!

諸磯の海 三浦

今日はマグロで有名な三浦半島の三崎港のほど近く、浜諸磯という磯に来ています。(右の上の突端です。)



moroiso.gif


地図は三浦の鳥友のなずなさんのサイトからお借りしました。なずなさんのサイトは、花あり、鳥あり、ハイキングコースありで、一冊の本にしてもすごいボリュームがあります。三浦半島への愛を感じます。なずなさんのサイトはこちらです。



今回の目的は、シュノーケリングで、海面から海の中を見てみたいと思いました。



私も主人も結婚前にそれぞれでダイビングやシュノーケリングを楽しんでいました。40年くらい前になります。



持っていた機材もビニールが劣化してベタベタになってしまったので、ぜんぶ買い換えました。



kizai mini



今どきのシュノーケルは優れもので、シュノーケルの先がハイパードライエリートトップというのになっていて、海水をかぶっても自動的に水が中にはいらないようになっています!昔は海水がシュノーケルに入ると、勢いよく口から吹いて、水をぴゅーっと飛ばしたものですが、隔世の感があります。



手袋は岩をつかむときに安全だし、マリンシューズは磯でも砂場でもさくさく歩けます。フィンは簡易版ですが、シュノーケリングにはこれぐらいで十分です。



ライフジャケットなんてかっこ悪いと思っていましたが、中高年には必需品です。これを着ていると沈むことがありません。(当たり前か!)別に泳がなくても、海にぷかぷか浮いて青い空を見ているだけでも気持ちいいです。


IMG_5740.jpg



ここの磯の上には別荘が立ち並んでいます。結構セレブの別荘があるそうですよ。 



IMG_5739.jpg



装備をつけて海の中に入るとこんな感じです。透明度の高い沖縄や南洋の海とまではいきませんが、そこそこきれいです。 







kani.jpg



カニがいました。結構大きいです。



IMGP0034_convert_20170819183837.jpg



小さなエイも出てきました。



IMGP0029_convert_20170819183938.jpg



こんなシマシマの魚やコバルトブルーの小さな魚、イサキのような大きな魚も泳いでいます。



isobana.jpg



これはイソバナの種類かな?きれいです。



写真にはとれませんでしたが、おおきなウツボにも会いました。



タコもいました。長い足をニョロニョロだして、呼吸していました。


くり返しますが、これは潜って撮っているのではありません。水面から下を眺めているだけです。



リッチな海です。



40年ぶりのシュノーケリング、とても楽しかったです。

らくやさんのホームページ

私は人形町のらくやさんで着付けの最短コース(たった3回!)を受講しました。



ある程度着物の着方は知っているけど、何か今一つコツが分からない~という方に、きっと向いているコースです。



この講座に参加したからと言って、着物販売会に連れていかれて、反物を巻き巻きされることもありません。



久しぶりにらくやさんのスタッフブログを覗いたら、今開催中の特選振袖の数々がアップされています。眼福ものですので、ぜひブログをご覧になることをおすすめします。(もちろん買えません!



こちらがスタッフブログのサイトです。



らくやを始められた石田節子さんは、池田重子さんのお弟子さんなので、アンティークの豪華な振袖もお持ちで、時々公開して下さりますが、現代の振袖もなかなかすばらしいです。お見立てがいいのだと思います。



合わせて17日から始まっているレンタル品放出も、もしお時間がありましたら、ぜひお店に行って見てください。紬でもやわらか物でも、いいものはレンタル品でも、ある程度してしまいますが、まちがいがないものが置いてあります。私はここで昨年いろいろ買いましたが、みな気に入っています。染の北川の小紋が2万円という掘り出し物もありました。早い方がいいですよ。スタッフの方がいらっしゃいますが、押し売りはしません。センスのいい方が相談に乗ってくれます。



いま、石田先生のお弟子さんの秋月洋子さんが活躍なさってますね。



目が離せないお店です。

横須賀美術館

三浦に来ています。前から来たかった横須賀美術館に行って来ました。




写真はホームページから拝借しました。



設計は海外のコンペで数々の賞を取っている山本理顕設計工場です。こちらに関連サイトが見れます。



全面ガラス張りの明るい美術館です。向かって左手にあるウィングが谷内六郎館です。


目の前が海です。(この日は雨でした。)



yokosuka bijutsukan



ここで今開催中なのは、「美術でめぐる日本の海」と「へんなあみもの 203gow編んだ~わーるど展」です。



「日本の海」も海をテーマにした作品を色々集めて良いのですが、「編んだ~わーるど」が最高によかったので、ご紹介しますね。



作っている人はこんな方!^_^






うれしいことに作品の撮影がOKです。



海のいきもの







タコがお出迎え!







ダイビングする人は、あるある~と分かる、岩を覆う極彩色の海の(植物のように見える)いきもの






ダイオウイカみたいなのもいます。



次は山のいきもの







鹿かも。もののけ姫を思い出します。







子どもが作品と一体になっています。






これはなんでしょう?わからん😄






階段までいたずらしています。



なんでも編み編みしてしまうんですね。



別室では日常よく使う小物も編み編みしていて、笑ってしまいます。チャッカマンとか。😅



楽しくて、超おすすめですよ。



別館は大好きな谷内六郎の作品を集めた谷内六郎館です。



晩年、横須賀にアトリエを構えていたそうです。



紹介サイトはこちらです。


作品がたくさんあるので、定期的に展示替えをしているとのことです。



「流れ星の記憶」という作品です。






谷内さんの絵は見ていて、ホッとします。

祖父の和食器 2 土鍋

忘れないうちに、星岡日本料理講習会で8月に習った焼き茄子の柳川を作ってみました。正式名称は柳川仕立 焼茄子です。(カンカンさん、おかしいところがあったら指摘してくださいね!



教室では柳川皿という火にかけられる皿をじかにコンロに置きましたが、土鍋でもいいよとおっしゃっていたので、小さな土鍋を探しました。



作り方です。ゴボウをささがきにし、(テキストでは下茹でをするとありましたが、先生は下茹でしない方がゴボウの味がするとおっしゃっていました)、水に放ちアクを取ります。あまり長くつけると味がぬけるそうです。



焼き茄子は普通にコンロの魚焼きで焼きました。あとで皮が向きやすいように、へたのところをくるっと丸く切れ込みを入れて焼きました。爆発しないように表裏包丁で皮に切れ込みをいれました。(もう焼き茄子だけでもおいしいですよね~!)



茄子が焼けたら、熱いうちに皮を手でむき、ひと口に切ります。今回茄子が大きかったので縦に四等分、横に二等分しました。



あく抜きしていたゴボウをざるにあげ、土鍋に敷きます。その上に茄子を載せ、あらかじめ作っておいたつゆをかけます。



つゆは、だし、しょうゆ、薄口しょうゆ、酒、みりん、砂糖でつくります。私はちょっと濃い目にしました。鍋が煮立ってゴボウが煮えたら、溶き卵をのの字に回し入れ、卵が煮え切る前に火からおろして出来上がりです。



焼き茄子がリッチなお料理になった!という感じです。焼き茄子の焼いた香ばしさがプンプン残っていて、そこにゴボウの風味と、とろとろの卵がとても合います。



先生は、ゴボウはピーラーでない方がいいなとおっしゃっていました。カンカンさんが、コメントでささがきがうまくいかなかったとおっしゃっていたのでネットで調べました。星岡で先生がどのように切っていたか忘れてしまったのですが、ネットのアドバイスでは、まな板の上でささがきをする方がよいと書いてありました。これまで左手にゴボウを持って空で回しながら、右手の包丁でささがきをしていましたが、その方法よりまな板の上でする方がよいとのことでした。結構厚くなったり、薄くなったりとバラバラでしたが結果はおいしかったです。今度星岡でささがきがあったら、しっかり見て聞いてみます。



星岡の先生のお話で、面白い話がありました。ゴボウをささがきにしてちびてきたら、昔子どもたちが鉛筆でしていたように、残りのゴボウに串を刺してささがきを続けると、最後までできるよとおっしゃっていました。昔は物を大事にしていましたね。



駒形のどぜうのお店でどじょう鍋を食べた時、たっぷりのゴボウとたっぷりのネギが入っていて、それがパクパク食べれたので、ゴボウももっと入れてもよいかもしれません。



nasu yanagawa 2


nasu yanagawa 1


この小ぶりの土鍋も祖父の家からです。 箱もないし、裏印もないのでどこの焼き物か分かりませんが、素敵な土鍋だと思います。





プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。英語の通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。(目標!仏検2級より上)30年以上のバードウォッチャーです。東京近郊、八ヶ岳南麓、三浦半島に出かけています。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。お好きなカテゴリだけでもお読みいただければ幸いです。コメント大歓迎です。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
着物の人気ブログ
バードウォッチングの人気ブログ
フランス語の人気ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR