ちりめん(立涌)の単衣-身ごろ


袖が終わったので、次は身ごろだと思っていたら、まず衽の額縁をしましょうと言われました。



きものの裾の端っこをきれいな四角にするのを額縁仕上げといいます。



gakubuchi.jpg



きものの本だと衽のしるし付けは一度に全部してしまいますが、先生はまず額縁を仕上げてから反対の寸法のしるし付けをした方が正確になるとのことです。



okumi shirushi



次は身ごろですが、まず背縫いをします。今回初めて脊伏せのリボンを使いました。これは祖母の古いものですが、せっかくなので使いました。



sebuse.jpg



延々と長い距離をぐし縫いしますが、一ミリでもずれると悲惨なので、時間がたつと自然にきえるチャコを使います。サインペンみたいです。ありがたい道具です。つれないように、つれないようにゆったりと縫います。



sebuse 2



脇のしるし付けをしています。こちらも本ではいっぺんにするように書いてありますが、先生は脇のしるし付けをして脇を縫い、衽側は脇を縫い終わってから衽側のしるし付けをしましょうとのことです。



waki.jpg



前身ごろに衽をつけます。これもチャコさまさまで縫います。



okumi.jpg



今日は袖付けの縫い代の始末を教えていただきました。



sode.jpg



これからしばらくは、膨大な量の身ごろの縫い代の始末を粛々と進めます。縫い代を折って折くけを延々とします。



縫い代を折るまえに、ミミをコテで伸ばすそうです。折った時につれてはならないのでひっぱりながらこてをあてて伸ばすそうです。



これは後ろ身ごろと前身ごろをあわせた脇の縫い代ですが、裾の縫い代のところに切れ込みをいれています。裾を折った時に、ここが厚くならないようにだそうです。なるほどです。



suso kiru



和裁をつづけていてつくづく思うのは和裁は縫うことももちろん大事ですが、見積もり、裁断、印付けがその着物の良し悪しを大きく決めるということです。今回、私は、いつもの暴走をやめて、おとなしくひと手順ひと手順先生に教えていただいています。先生としては、きっと見てられないのだと思いますが、裁断とか印つけの肝心なところはすべてやってくださっています。私はそれを食い入るように見て覚えようとしています。


ひとつまだ分からないところがあります。それは裁ち切り寸法です。反物を手にして、これを着物にしようとするときに自分の寸法だとどれくらい必要かということです。特に共襟丈と地襟丈を含んだ襟丈に必要な寸法ですが、とても分かりやすいサイトを見つけました。「衿衽分の裁切り寸法」は常に“注文身丈の2倍分”を見積もる事というのはとても分かりやすいと思いました。和裁師kurowasaiさんのサイトはこちらです。



ちりめんはこてをかけてもふくらみやすいので、縫い代をくけたらきれいにたたんで座布団などで重しをしておくとよいとアドバイスをいただきました。襟にとりかかるのは7月になります。

コメント

No title

気が遠くなりました・・・こういう緻密な作業をするのですね、和裁って。
暴走ばかりで突っ走ってきた自分を反省。
ますます完成の日が待ち遠しいです。応援していますよ♥

No title

全部印付けをしてしまうのは洋裁のメソッドですよね。
和裁は丈の印はしますが幅の印はその都度です。
(キセをかける前の縫い目が基準)
ワタシのところの先生も衽は額縁を作ってからです (^-^)b
まち針は出発点と終点を押さえてから、半分、またその半分と
まち針を刺していくと布の釣り合いが取れますね〜。

和裁

sognoさん 応援ありがとうございます。プロの方からみたらあらあらと思うような記録だと思いますが、和裁の敷居を少しでも下げたくて報告しています。

丁寧な説明に感服

アルバトロスさん
和裁やるだけでも大変なのに、この丁寧な説明!さぞ手間がかかったと思います。思い出し、復習しながら書くのでしょうけど、人さまに説明するのは自分でやるよりずっと難しい。アルさまはともかく私も帯作りをするようになってゆっくり丁寧にやるようになりました。ほかは暴走なんですけどね。
今度また浴衣を縫うので、このサイト参考にさせていただきます。裾の切込みとかお役立ち満載です。

待ち針

香子さん コメントありがとうございます。お恥ずかしい限りです。先生がこんなわがままでずぼらな生徒を助けて下さるので本当に感謝しています。この和裁所に通う生徒さんは週に4日以上毎日朝から晩までチクチク精進しています。最短でも和裁師2級まで3年、1級までまた3年かかるようです。そんな中に混じって針を持っているだけでありがたいと思っています。本には書かれていないプロが気を付けていることを耳をダンボにして聞いています。着物文化を支える頼もしい方たちです。待ち針は電柱のようにささない!と村林先生に怒られそうですが、ちりめんはほんのちょっとでもずれやすく大変です。

和裁

紫苑さん コメントありがとうございます。紫苑さんはじめ和裁が達者なブロ友さんの背中を見てここまで来ている感があります。雑ですが和裁を始めて、この反物は自分で縫ってみようと思えるようになっただけでも大きな進歩です。これからは先走りしないで、先生のご指導を仰ぎたいと思っています。

いつの日か

あるばとろす様
もうやめようか、やっぱり無理かと思いながら、とろとろと通っています。
きのうも、もう無理かあと出来なさ加減にさびしく帰ってきました。
あるさんは凄い!
やっぱり、もう少し頑張る。
まだ何が分からないのかわからないので、この全体が少しみえるまでは、もうちょい、やってみまっしゅ。  
いつの日か続けてよかったと報告できればいいな

ありがとう、ある様

和裁

遊坊さん コメントありがとうございます。業者でなく一般の方が取り組んでいる和裁の情報ってものすごく少ないと思います。昔は多くの女性がたしなみとして習っていたのに残念です。知らない世界だとなおさら難しくめげてしまいますよね。私は自分で着る着物だったらそれなりでいいと思っています。着物を着るだけでなくちょこちょこっと直せると言えるようになるのが目標です。祖母の箪笥からやりかけの印のついた生地などが出てきています。昭和の普通の風景だったのだと思いますよ。遊坊さんも頑張っていると思うと私も励みになります。

No title

着々と和裁の技術を
身につけていかれてますね~♪
本と先生では教え方が違う場合もあるのですね
細かい作業は、
私には真似できない気がします・・・
完成を楽しみにしていますね♪

和裁

桃ママさん コメントありがとうございます。今回先生の指導をしっかり聞いていますが、まだまだ始めたばかりです。桃ママさんのお茶と同じく継続することが大事ですね。

偉いね

そうなんです先ずはやってみる事
和裁だって最初からできる人なんていません
少しづつ進むんですよ
色々言うより手を動かすのが大事
あるばとろすさんの真摯な気持ちが伺えて嬉しい
きっと上手になりますよ

和裁

ゼペットおばさん 応援ありがとうございます。次は友人から頂いた古い反物の久留米夏絣を仕立てようと思っています。失敗の連続ですが、出来上がってゆくのをみるのは楽しいです。

ありがとう

和裁レポート、とても興味深く拝見しています。
1枚のきものを縫うのに、これだけ細かい配慮と技術が要るとは知りませんでした。
これを祖母を含む当時の女性たちが家事の合間にやっていたと思うと、
なんともいえない感慨がわきます。

私はきものを着始めてから、
日本の織りや染めの歴史に目がいくようになり、
和服を着るということは、大きな文化の流れの端っこに連なるということなのかな…と思ったりしているのですが、
きものを縫うこともまた、長い長い技術の歴史につながることなんだな~と思いました。
いろんなことを気づかせてくださり、
ありがとうございます。

村林益子先生の本、私も愛読してますよ!

和裁

すずよしさん コメントありがとうございます。私は近視ですが老眼も入ってきているので、遠近両用のコンタクトレンズをはずし、眼鏡で縫っています。針を一目一目見るには眼鏡をはずした裸眼がよく見えます。棟方志功のようなすごい恰好で縫っています。紬フェスで、精密なくくりを経て、一本一本横糸を調節しながら織っている織子さんの姿を見たら、縫う作業も丁寧になります。もちろんプロの方はリズミカルに、しかもきれいにさっさと縫えるのですけどね。本当に私は裁縫はむいていないとこの歳まで一切していなかったのですよ。そんな私に針を持たせる着物の魅力があるのだと思います。村林益子先生のスパっと要点をつく言葉は和裁のバイブルのようです。

No title

わさ行って直線のようですが ひと手間ひと手間 すごくかかるのね 
ちりめん生地は 気持ちがいいね 

単衣 衿付け7月なら お披露目は 9月なのね 

ちりめん

木蓮さん コメントありがとうございます。衿は一番難しいのですが、一手間ずつプロに教えていただくのは楽しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る