着付けのルール

紫苑さんのブログで「きものにルールがあるの?」という面白い話題が何回かに分けて語られています。着物初心者の私としては、気になるのは後姿で半襟が見えてはいけないとかなんとかです。(私は大抵見えています。)そこで、古い着物の写真を見ると、昔の人の着付けに目が行きます。こちらは図書館で見つけた「三井家のきもの」という美しい本です。数々の美しい着物の後に御当主ご夫妻の家族写真とか奥様の写真があります。 北...

続きを読む

着物で星岡日本料理講習会-2月

庭にまだ雪が残る星岡にカンカンさんと行ってきました。掛け軸は華と戌で京都大徳寺 高桐 別院とあります。茶花はツバキとサンシュユと思ったのですが、ちょっと違うような。アブラチャン、ダンコウバイ?今月のお献立椀   白菜椀焼物  姫ますの山椒焼き    カリフラワーのぼんぼり煮物  しし大根蒸物  空也蒸し酢肴  とりべあえ小鉢  しめじ当座煮ご飯  百合根ご飯姫ますを3枚におろし、醤油、酒、みりん、...

続きを読む

縁の下の力持ち

昨年紺屋めぐりで知った染色補正の彩徳さんに姑の晴れ着(姑が結婚式で着ていた椿の着物)の仕立て直しの打ち合わせに行きました。彩徳さんは玄人衆からの急ぎの直しがいっぱい来ているので、私のは急ぎませんと言ってあります。なにせ60年も箪笥にしまわれていたのですから、今更急がないのです~。着物を洗い張りしたら、黒い葉っぱから真っ黒な色が出て、全体の色がトーンダウンしてしまった!とのことでした。私は、それは幸い...

続きを読む

菊地信子さんの帯

キルトフェスティバルへは、彩徳さんとの打ち合わせの帰りに行ったので、着物で行きました。彩徳さんでお願いしてある仕立て直しの着物の打ち合わせでしたが、またまた素晴らしい着物レクチャーをしていただいたので、その詳細は次回にご報告しますね。菊地信子さんの帯を締めて行きました。袋帯ですが、私のお腹が太めなためぎりぎりでした。香子さんがおっしゃっていた先にお太鼓を作って巻く方法を研究しようと思います。着物は...

続きを読む

「菊地信子コレクション~世界の古裂で着物を遊ぶ」

星岡日本料理教室のあとに沼袋のシルクラブで開催されている「菊地信子コレクション~世界の古裂で着物を遊ぶ」に行ってきました。紫苑さんのブログでもご案内いただいていたのですが、私にはまだ更紗がよくわかっていないと思ってしまっていく予定ではありませんでした。でも星岡と近いから帰りに一緒に行きませんかとカンカンさんに誘われていきましたら、やはり行ってよかったです。行って思ったことは、これはもう更紗というジ...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。米国系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。東京近郊、八ヶ岳南麓、三浦半島に出かけています。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。お好きなカテゴリだけでもお読みいただければ幸いです。コメント大歓迎です。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る