「森と生きる」 片田好美 水彩画展 その2

片田好美 水彩画展ですてきなものを見つけました。片田さんの絵をナルミボーンチャイナで上質なマグカップにしたものです。エナガとサクラか、かわいい ………左利きでもよいように、裏面にもいます。 正面をむいています!内側には「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」よりパルティータⅢガボットの楽譜入り裏には絵のタイトルと片田さんのお名前もあります。ルリビタキとオノエヤナギ  もありますメジロとマユミ...

続きを読む

「森と生きる」 片田好美 水彩画展 その1

八ヶ岳美術館で開催されている「片田好美水彩画展 森と生きる」に行ってきました。私たちは、自然が好きで20年前に八ヶ岳南麓の大井ヶ森に山荘を建てて、週末に通っていました。原村にも何回か行っていましたが、原村の近くにこんな美術館があったなんて知りませんでした。八ヶ岳美術館を空から見た写真です。形がとてもユニークです。設計は日生劇場や、箱根プリンス、迎賓館の改修などで知られる村野藤吾です。まるでポンデリン...

続きを読む

オオハム 三浦

三浦半島にオオハムが来たという知らせを受けたので、日帰りで行ってきました。オオハム(Gavia arctica、アビ目アビ科) 北ヨーロッパ、シベリアで繁殖。日本では冬鳥として、九州以北の沿岸に飛来。どうしてこの鳥が特別かというと、普段外洋で生活しているので、日本沿岸で見れたとしても遠くからの観察となります。三浦でも毎年冬鳥として観察されているそうですが、渡りの季節のこの時期にこのように近くで見れるのは大変珍...

続きを読む

グライダーと高原の花 

高原の花が終わる前に、ぜひ見に行きたかったので行ってきました。霧ヶ峰高原です。ここはグライダー発祥の地だそうでちょうど飛ぶところが見れました。ギャラリーが見守ります。グライダーは反対側の小屋にあるウィンチで巻き上げられ、上がります。あっという間です。ものすごい角度で上に上がります。飛び立った後、ウィンチは外れますがまだ先にコードが残っています。残ったコードだけがパラシュートで降りてきます。素晴らし...

続きを読む

三番瀬 千葉

シギチに会いたくて、干潟に行ってきました。シギやチドリは旅鳥で、春と秋に日本を通過していきますが、もう秋の渡りが始まっています。三番瀬、千葉。 船橋の近くです。広大な干潟です。ここは、6月まで潮干狩りが船橋市主催でできますが、実は一年中貝を取りに来る人がいます。ホンビノス貝というハマグリに似た貝で、今日もたくさんの人が大きな貝を袋詰めにしてカートで運んでいました。(中国の方も多かったです。)クラム...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。米国系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。東京近郊、八ヶ岳南麓、三浦半島に出かけています。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。お好きなカテゴリだけでもお読みいただければ幸いです。コメント大歓迎です。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

ページの先頭へ戻る