江戸小紋

昨日は、着物が好きだった母の姉、叔母の江戸小紋を着ました。(叔母が亡くなった時、母が譲り受けたようです。)母の遺品の中にこの着物があったとき、まだ着物のことを全く知らなくて、地味な着物だな~と思いましたが、柄の細かさの繊細さに、これはもっと歳をとってから着れるかもととっておいていました。着物のことを少しづつ勉強する中で、江戸小紋が格が高く、遠くから無地のように見えるけれども実は高度な染織技術を使っ...

続きを読む

東京着物ショー2017

日本橋コレド室町で開かれている「東京着物ショー」の初日に行ってきました。会場風景です。これは野村萬斎さん主演の痛快時代劇映画「花戦さ」で使用された衣装の展示です。(6月公開)メインはキモノスタイル200 という、サローネのようなマネキンによる着こなしの紹介なのですが、その内容が、例えば祖母の着物に刺繍をして新たによみがえらせたりとか、アンティークの着物の展示もあり、着物の楽しみ方の幅を広げるような、着...

続きを読む

春の八ヶ岳

新緑の八ヶ岳南麓に行ってきました。こちらは、標高1000メートルくらいなので、梅、桜、ツツジがいっぺんに咲きます。こちらが八ヶ岳。一峰を指すのではなく赤岳を主峰としたいくつかの火山群です。反対を向くと南アルプスがみえます。駒ケ岳が美しいです。ウグイスが鳴き始め、夏だけ繁殖するために南の国からやってくる夏鳥が続々と高原に到着していました。まずキビタキ。黄色と黒のコントラストがきれいです。メスはずっと...

続きを読む

テキスタイル展へ

着物やテキスタイルについてつづるブログ「いろのあるくらし」を最近読み始めていました。アップされる着物のコーデがすてきなのです。読み進めていくと、ブログ主akaさん(プロダクトデザイナー飯島 美弥さん)とだんなさまhさん(テキスタイルクリエーター飯島 浩さん )で製作活動をしているようです。作品はどれも自然や動植物の色や形がデザインされていて、他にない独特の世界があります。バッグや小物を作ってらっしゃいま...

続きを読む

野川の散策

調布市の野川を散策してきました。この川は国分寺市の大池に源を発し、小金井市、三鷹市、調布市、狛江市を経て世田谷区の二子玉川付近で多摩川に合流する一級河川ですが、川沿いの自然が、ここが東京かと思うくらいすてきなところです。鳥仲間のみどりさんのブログを読んで、見たいな~と思っていたシマアジに会ってきました!魚ではなく野鳥でシマアジというカモがいるんですよ。春と秋の渡りの時期に日本に立ち寄る旅鳥ですが、...

続きを読む

三崎のマグロ

初めての食レポです!三浦半島の端っこの三崎港。マグロで有名です。商店街は昭和レトロの建物が点在していて、写真を撮っている人を良く見かけました。ランチはマグロのかぶと焼きなどで有名な「くろば亭」です。せっかく三崎に来たのだからと、珍味を注文。右からマグロの白子、心臓、卵です。こんなおいしい白子は初めてです。ポン酢でいただきました。心臓はショウガ醤油です。固めで味わいがあります。卵は甘辛く煮てあります...

続きを読む

サギのコロニー

三浦半島、横須賀のくつわ堰というところに行ってきました。アオサギ、コサギ、ゴイサギ、カワウのコロニーがあります。鳥が苦手な方はパスしてくださいね~!ここは農業用用水路のため池ですが、真ん中に築島があります。水辺遍路さんのブログに詳しくあります。(こんなブログがあるのですね~!)これらのサギは普通よく見る鳥なのでめずらしくありませんが、このような集団で、しかも繁殖中の群れを見るのは初めてでした。カワ...

続きを読む

着物で茶の湯展

上野の東京国立博物館で開かれている「茶の湯展」に行ってきました。詳しいことはこちらのHPで見れます。恥かしながら、お茶の世界を私はほとんど知らないのですが、名品が集まるとのことで行ってきました。最近「なんでも鑑定団」で話題になった「曜変天目」茶碗見てきましたよ。静嘉堂文庫美術館HPより茶碗は、唐物、高麗物、和物へと美への追及が深まってゆく様がよくわかりました。戦いに明け暮れる武将たちの心を魅了した道具...

続きを読む

久米島紬

雨が降ったり晴れたりと天候不順な東京ですが、桜がまだ残る神田一ツ橋に出かけてきました。こちらにある共立女子大では、大学が所蔵する服飾品、美術品を定期的に大学内にある博物館で公開することにしたそうです。共立女子大と言えば、おしゃれなオフィスビルのような都心型キャンパスで有名ですが、このようなところまで充実しているとは知りませんでした。(新築の2号館です。こんな環境で大学生活!うらやましい)今回の展覧...

続きを読む

本塩沢で桜の神楽坂へ

今日は、市ヶ谷の歯医者さんに行く予定があったので、そのあと、お花見しませんかとお友達の紫苑さんをお誘いしました。お約束をした後、はたと考え込みました。着物で歯医者さんに行けるか?あのリクライニングチェアで治療を受けた場合、お太鼓がつぶれる・・・・ネットでいろいろ調べた結果、しっかりした帯のお太鼓だったら、つぶれても復活できるとの記事をみつけました。半幅で、矢の字とかぺたんとしたものでないといけない...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。米国系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。東京近郊、八ヶ岳南麓、三浦半島に出かけています。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。お好きなカテゴリだけでもお読みいただければ幸いです。コメント大歓迎です。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

ページの先頭へ戻る