紬フェスティバル 2017

久しぶりに着物を着ました。



銀座で毎年行われている(17回目だそうです)日本紬フェスティバルに行ってきました。5月27日から30日までです。予約制のイベントですが、すずのきさんのサイトで申し込みできるようですよ。



紬の産地からたくさんの生産者さんがいらしていました。本場結城紬、いしげ結城紬、牛首紬、小千谷縮、小千谷紬、伊那紬、郡上紬、古代織、もじり織、蝦夷織、久留米絣、塩沢紬、正藍大島紬、糸芭蕉紬、久米島紬、首里織、紅型、花織などなど。



なかでも目を引いたのが、産地からいらした生産者さん達の実演です。



本場結城紬の真綿づくり。



2時間ゆでた後にお湯の中で繭を開け、袋状にして広げます。お湯の中でそ~っとそ~っとです。



yuki 1



前にある茶色いものはさなぎ状になっているお蚕様!「まるで仏様のようでしょう!」とおっしゃいます。なるほど、形がそのように見えます。養蚕で生活をしている人々にとっては、大切な大切なお蚕様です。



こんなに広がります。これを5-6枚重ねたものが真綿のひとかたまりになります。 右側にあるのがそうです。



yuki 2



その真綿を乾かして、指で糸をつむぎます。太さはその人それぞれで違うそうです。この方の着ている紬ももちろん結城です。左にあるピンク色の紬もご自分で織ったそうです!



yuki 3



こちらは奄美の糸芭蕉から繊維にする作業の実演です。



itobasho 1



葉っぱから綺麗な繊維質をとるために、たたいたり、煮たり、手をかけて糸になります。



itobasho 2



こちらは牛首紬の「のべびき」という糸をつむぐ作業の実演です。



90度ぐらいの熱湯の中にある繭から何本かのほそい生糸を集め、そのまま糸にしていきます。上の方に細い生糸がみえますが、じつは数個の繭からほそ~い糸をあつめて一本にしています。それを糸車で巻き取っています。



ushikubi 1



奥にあるのが牛首紬で使われる玉繭です。中にお蚕様が2頭入っています。手前は普通の繭です。玉繭は1.5倍くらい大きいです



ushikubi 2



販売会場では



琉球からの数々の紬



okinawa.jpg



黄八丈



kihachijo.jpg



なかなかお目にかかれない本場塩沢紬など逸品が目白押しです。



shiozawa.jpg



たくさんの反物を見れて、幸せでした。もちろん一回見ただけではとても分からないほど、奥の深い世界でした。



ブロ友さんと行きましたが、撮影用のお花畑の天幕の前で記念写真です。祖母の縞の紬と帯です。バッグはaka-hさんを初めて使いました。とても使いやすいです。



tsumugi festival mini





和田峠(長野県)の農の駅

ビーナスラインで通る和田峠に「農の駅」という食堂があり、きのこ汁ののぼりが出ていました。



no no eki



葉わさびそばときのこ汁を注文しました。



no no eki 2



ざるそばに葉わさびのお浸しが別皿ででてきました。結構パンチのある辛さです。


お蕎麦は冷たくてコシがあり、おいしかったです。



きのこ汁は野生のなめこのようなきのこがたっぷり入ったお味噌汁です。おいしかったです。



ここのお店が印象に残ったのは、お土産がユニーク。 いくつか買いました。



hashibami.jpg

はしばみ
ヘーゼルナッツのことらしいです。てっきり国産と思って買いましたが、裏を見ると米国産!でも殻付きで塩味で食べれるのは貴重です。えぐみも少しあって野趣に富んでいて、お酒のおつまみにいいです。



matatabi.jpg

またたび
え~!人も食べれるの~?とびっくりしました。実の砂糖漬けですが、甘すぎずフルーティ。疲労回復にいいらしいです。



mukago.jpg

むかご
たまにスーパーに売っているのを横目で見ることはあっても、食したことはありませんでした。こちらはさくさくっとした軽いスナックになっていて、結構おいしかったです。山芋と同様、滋養強壮に優れていてビールのおつまみに最適です。


峠の茶屋と珍味の紹介でした。

八島湿原

久しぶりに八島湿原(八島ケ原湿原とも言います)に行ってきました。中央道を諏訪ICで降りて、ビーナスラインで霧ヶ峰高原の先です。



yashima 2



このような広大な湿原が広がっていて、人は木道を歩きます。



yashima 1



いつもは夏に行くのですが、春はどんなかな~と行ってみました。



花はまだ全然でした~。雪も一部残っていました。標高1600です。



お目当ての野鳥はこのような鳥たちでした。


nobitaki.jpg

ノビタキ  高原に来ないとこの鳥には出会えません。



hooaka.jpg

ホオアカ こちらも高地にいます。頬がおてもやんのように赤いです。


kiji osu

キジもたくさんいました。



kiji mesu

メスもあとからちょこちょこついて行きます。

yashima 3 3



ここが7月から緑一色になります。ニッコウキスゲ、アザミ、ヤナギランなど高山植物が咲き乱れます。


機会がありましたら、ぜひお出かけください。おすすめです。

コンサートの前のちょっと一杯

渋谷で夜のコンサートの前に軽く何かを食べるのなら、オーチャードホールのLes deux magots(ドゥマゴパリ)がおすすめですよ。

les deux magots 4


地下1階と1階の他、外のテラスもありますからかなりの席数です。ここはパリのサンジェルマン・デプレの有名なカフェの東京の支店です!あぁパリに行きたい!



落ち着いた雰囲気で、ゆっくりできます。



キッシュ・ド・ロレーヌとカクテルを注文しました。



Les_deux_magots_3 c



ボリュームがあり、やさしく深い味でとてもおいしかったです。フランスのママンがつくったような味でした。 おすすめです。

ZAZのコンサート

フランスで大人気の歌手ZAZ(ザーズ)が来日しているので東京のオーチャードホールでのコンサートに行ってきました。


zaz poster



7年前に発掘されるまでキャバレーで夜の11時から朝の4時までマイクなしで歌っていたというものすごい歌唱力のある人です。



いわゆるシャンソンの枠には収まらなくてジャズ、ロック、ブルース、ラテンと世界に通用する音楽を万華鏡のように歌います。



ハスキーボイスでルックスも超かわいいです。


zaz.jpg



コンサートは超満員で、老若男女さまざまな世代の人から愛されているのが分かりました。ZAZはパワフルでお茶目で抜群の歌唱力で魅了されました。途中からは皆総立ちでした。バンドのメンバーの演奏もレベルが高くとても聴かせてくれました。テルミンというテクノ楽器を使って幻想的な世界を表したり、ギターのアコースティックな弾き語りで歌ったり、照明もすばらしかった~。



ワーナーミュージックのサイトに詳しいプロフィールが載っているので、興味のある方は見てくださいね。YouTubeでおすすめの曲はJe veuxという軽快な曲とSiというバラードです。On iraも人々が世界のあちこちで自由にくらす楽しさを歌っていてすてきですよ。



zaz_concert_convert_3.jpg


月末にシャンソン教室Nouvelle Porte発表会でOn iraを歌う予定です。着物で歌おうかな~

ツバメチドリ

4月のおわりに三浦の畑でツバメチドリを観察できたのでアップしておきますね。



tsubame chidori 1



旅鳥でまれに飛来するそうですが、観察機会がとても少ない鳥です。



体形がツバメににているのでこの名がありますが、チドリです。口元の赤がおしゃれ~!



tsubame chidori 2



きれいな夏羽でした。三浦半島では昨年も観察されたそうです。



大きさはコチドリよりだいぶ大きいです。



コチドリもかわいかったので載せておきます。



kochidori 2



日本で繁殖してくれたらと願います。

三浦にて

フィールドになりつつある三浦に一泊で行っていました。



シギ・チドリの春の渡りのシーズンが始まったので、毘沙門湾へ。


bishamon.jpg



このような小さな入り江で、三浦半島の突端なのであまり知られていなく、人が多くありません。



地元の人に伺うと、自転車の人、バイクの人、釣りの人に人気だそうです。



今日お会いした競輪選手の方はここの風景が気に入って潮風に吹かれながら練習するとおっしゃっていました。



今日出会った鳥たちです。



chushaku 1



チュウシャクシギです。 20羽ほど群れでいました。




chushaku 2



大きなくちばしはシギを見た~という満足感を得られます。シギは英語でサンドパイパー。フランス語でベカシンといいます。フランスでは狩猟の対象で、専門レストランなどもあるようです。


kiashi.jpg


キアシシギもいました。



kochidori.jpg


コチドリも。



潮騒を聞きながら、シギのピュイピュイという声を聴きながら、シギをみるのはバーダーの醍醐味です。



前の日の夕方は、三浦のお友達なずなさんから、「今日富士山に夕日が沈むダイヤモンド富士が見れるかもよ」とご連絡をいただきました。もちろん駆けつけました。


三浦の油壷の近くの海外港(かいとこうと読みます)のダイヤモンド富士です。



diamond fuji



手前の丸いのはイカ釣り漁船のランプです。



ファンの方は晴れた日は毎日行っていたのに、ここ数日もやで富士山のシルエットがでなくて肩透かしをくらっていたそうです。この日は見に来ていた人(30人くらい)皆さんハッピーでしたよ。飛び入りでこのようなものが見れて、お友達の和に感謝です。


春の三浦からのたよりでした。
プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。英語の通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。(目標!仏検2級より上)30年以上のバードウォッチャーです。東京近郊、八ヶ岳南麓、三浦半島に出かけています。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。お好きなカテゴリだけでもお読みいただければ幸いです。コメント大歓迎です。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
着物の人気ブログ
バードウォッチングの人気ブログ
フランス語の人気ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR