着物で浮世絵展へ

浮世絵のコレクションで有名な、原宿の太田記念美術館へ着物で行ってきました。


曲亭(滝沢)馬琴が誕生して、今年がちょうど250年にあたるそうです。彼の江戸時代のベストセラー『南総里見八犬伝』と源為朝の武勇伝『椿説弓張月』を題材とした浮世絵約80点が展示されていました。


馬琴ちらし



「南総里見八犬伝は」、江戸時代に馬琴が28年をかけて完結した、全98巻、106冊の日本の長編伝奇小説です。



この展覧会で、このお話がどれほど江戸の庶民に愛されていたかが分かります。



特におもしろかったのは、おなじ場面を当時大人気だった、歌川国芳と歌川国貞がどのように描き分けているかとか比較されてあったり、悪漢がヒーローにもんどりうって宙を飛ばされる様や、ワニザメやカラス天狗、龍などファンタジックな生き物が画面いっぱいに大暴れする躍動感でした。その迫力は版画とは思えません。八犬伝のかるたやすごろくが見れたのも面白かったです。登場人物が当時人気だった歌舞伎俳優の顔になっているのも、版画家が大衆に目を向けているのがよくわかりました。



25日までですが23日には学芸員の解説もあるそうです。最近は動物や妖怪で有名な河鍋暁斎とかも大人気ですが、この展覧会も若い人や外国人がたくさん来ていました。美術館のホームページを載せておきますね。


kitagawa komon tate



でーんと貫禄ばかりある着姿で、お許しください。この日の着物は染の北川の小紋の単とインドシルクの帯です。人形町のらくやさんで出会ったかわいい小紋です。私には、縞とかしゃきっとしたほうが合うかなと思いますが、たまにはかわいいのも着たいですね。




yasan back (2)



リクエストにお応えしてバックの写真を追加です。夏向きのゴワゴワとした帯なので、まだ慣れていません。少し曲がってます。



野蚕 帯



これもらくやさんで求めた貴久樹さんのカティヤという帯です。インドシルクで自然な風合いが気に入っています。



この展覧会の前に、ちょっと一人で…寄り道してきました。



銀座のイベントスペースで原宿のきもの屋さん、「伴次郎」が十日町明石ちぢみとゆかたの販売会をしていると知り、行ってきました。



banjiro 1



十日町明石ちぢみ、小千谷ちぢみ、夏塩沢をこの目で見て、本物を触ってきたかったのです。



banjiro 3



水色の反物が明石ちぢみです。絹です。薄くて透け感があり、涼しそうです。




琉球のものもいろいろありましたよ。



banjiro 2



かわいい夏用の籠バッグがたくさんありました。真ん中の白い反物が夏塩沢です。社長さん、後ろから失礼しました。



banjiro 4



竺仙や老舗の織元のゆかたもいろいろ出ていましたよ。



前から一枚欲しかった有松絞が老舗、竹田嘉兵衛商店のであったので、注文してきてしまいました。
またできあがったら着てみますね。


イベントのURL貼っておきます。20日までですが、いいものを見て目の保養になります。かわいい小物もいろいろあっておすすめですよ。イベントスペースは三越のそばです。

ホスピスについて

ブログを始めたら、必ず書こうと思っていたことがあります。



ホスピスについてです。



末期の癌と宣告された母の病状の変化に翻弄され、私があらゆる情報をインターネットで探していた時に、最終的にたどり着いたのが、ホスピスです。



でも、ホスピスに関する情報は2015年当時は、とても少なかったです。ホームページはいくつかあるのですが、遺族や患者からの情報は少なかったのです。



その少ない情報の中で、ひとつのブログを見つけました。このブログに出会ったおかげで、母は残された日々を安らかに過ごすことができ、入院してから1か月半後、静かに旅立っていきました。



どこかで末期の患者さんがご家族にいて、どのようなことができるか、情報を求めている方のお役に少しでも立てればと思い、公開しておきます。長文で、内容が重たいので、ご興味のない方は遠慮なくパスしてくださいね。



母は大正11年博多生まれの気丈な女性でした。社会人となってからは関東で結婚、子育てをし、父を7年前に亡くしてからは、一人暮らしをしていました。足腰はさすがに弱ってきましたが、90歳過ぎるまで大きな病気も知らず、元気でした。



その母が2015年の7月に急に胸の苦しさを訴えて、救急搬送されました。その日は落ち着いたので家に帰ることができましたが、超音波検査で肺に影があるのが分かり、精密検査を受けるよう言われました。



数日後、大学病院で検査したところ、肺がんの疑いと言われました。肺がんの場合、胸に針を刺して患部の生検を取って、それが悪性腫瘍と確認されて初めて肺がんと診断されるそうです。高齢の母の場合は、その検査自体がリスクを伴うので検査はされず、診断はあくまでも「肺がんの疑い」でした。



肺がんは3センチ程に見えましたが、92歳と高齢であることから、抗がん剤とか積極的な治療はしないで、何か問題があったら、また診察をうけることで帰りました。他の臓器への転移がないか検査することもできましたが、母はいらないと言いました。



家には帰りましたが、足腰が弱って転倒の危険があったので、一人暮らしは無理だと判断しました。急いで手配して、9月に近くの市の老人保健施設(リハビリを目的とした老人介護施設。滞在は長くても6か月くらい。)へ入所しました。社交的な母はそこでお友達ができるのをとても楽しみにしていました。



ところが、入所して間もなく、母に原因不明の麻痺が起こりました。麻痺というより不随意運動、動かしたくないのに勝手に体が動く症状です。この症状は母の「プライド」を傷つけました。同じ施設の入居者が母の症状を気味悪がって避けるからです。母は何が自分に起きているのか分からず、つらい日々を過ごしました。



老人保健施設の院長先生が、大きな大学病院で詳しい検査ができるよう手配してくださり、検査入院しました。そこで初めて母の症状に病名がつきました。「傍腫瘍性神経症候群」(ぼうしゅようせいしんけいしょうこうぐん)悪性腫瘍の遠隔効果による神経筋疾患とのことです。つまり、悪性腫瘍が出来たことで、体がそれに対抗して抗体をつくるのですが、それが体の他の神経を侵していろいろな症状をおこすとのことです。この症例の場合は、余命は半年ぐらいといわれましたが、場合によっては早まるかもとのことでした。



診断はついても、さてこれからどのように看護してゆけば母がより楽になるか、いろいろ考えました。腕や足が勝手に動いてしまうので、老人介護施設では安全のためベッドで身体拘束するしかありませんでした。食事もままならず、言葉も交わせず。神経症ということで向精神薬を投与されたのでうわごとをいうばかりです。



そんな時に探したのが、ホスピスの情報です。ホスピスというと、関東圏では小金井市にある聖ヨハネ桜町病院が有名です。「病院で死ぬこと」いうベストセラーを書かれた山崎章朗先生が開いた病院です。(山崎先生は、現在はこの病院を離れ、小平で地域の患者さんの在宅医療を支援する訪問診療医としてご活躍なさっているようです。)電話をしましたが、空きがでるまで、3か月ぐらいかかるとのことでした。それまで母は持ちそうもありません。そんな時にKUNIEさんのブログに出会いました。こちらのブログではホスピスを探して、入院して、看取りするまでが、大変詳しく書かれています。さっそく、こちらで紹介されていた、荻窪の衛生病院も問い合わせましたが、空くまで一か月ぐらいかかるとのこと。そこで、KUNIEさんと同じ杉並の佼成病院に相談に行ったところ、すぐ部屋を手配して下さるということで、11月にこちらへの入院を決めました。



KUNIEさんのサイトです。
ホスピスで親を看取る7以降、19まではこのページの下段の次のページをクリックすると続きが読めます。



佼成病院は宗教法人の立正佼成会が運営している病院です。南無妙法蓮華経の仏教系ですが、宗教への勧誘は入院時も死去後も一切ありませんでした。病院も、地域への貢献という趣旨で建てられたそうです。ホスピスである緩和ケア科の他に、内科、消化器科と多くの診療をして、地域の人に利用されています。以前は中野にあったそうですが、2014年に杉並の立正佼成会の大聖堂の横に新築移転されました。



緩和ケアの病棟は最上階10階でビハーラ病棟と呼ばれています。(ビハーラとは仏教用語で安らぎの場という意味だそうです。)ここではホスピスという言葉は使われません。「緩和ケア」と呼んでいます。そのためにインターネットで「ホスピス」情報を探していた時に、この病院がなかなか見つからなかったのかもしれません。



bihara.jpg



気になる費用ですが、病室は全部で20室。無料個室10室と8,640円から43,200円のお部屋があります。無料のお部屋があることに驚きました。母は8,640円の部屋でしたが、ホテルのようにきれいで、十分広い個室でした。窓からは美しい夜景が見れました。



緩和ケアがどのようなものか、まったく想像がつかなくて、少し不安でしたが、こちらの医師、看護師、スタッフは緩和ケアのプロフェッショナル集団で、母の居心地を徹底的に最優先してくださいました。ホームページでは、がんによる身体や心の深い苦痛など、日常生活に支障をきたす諸症状を緩和することを目的としているとあります。医師の回診、看護師のケアがなにしろ、温かいのです。声掛け、看護、これまで他の医療施設で経験したことのないやさしさに満ち溢れていました。施設も充実していて、起き上がることができる人などは、大きな窓の明るい食堂(上の写真)で食事をとることもできます。食堂ではボランティアのご婦人がお話し相手をしてくださいます。お風呂は、横になったまま洗ってもらえる最新式のバスが備えられていました。遠くからきた家族のために数千円で別室に泊まることもできました。



母の場合、腕や足が勝手に動いてしまう不随意運動が問題でした。それでその症状について何かいい治療薬はないかとインターネットでいろいろ調べていたら、母の不随意運動が「舞踏病」の症状ととてもよく似ているのに気づきました。そして、その舞踏病に効く新薬が前年に日本でも認可されたことも知りました。それで、だめもとでよいから、この薬を試してみていただけないかと先生にお願いしました。遺伝性の「舞踏病」と「某腫瘍性神経症候群」は別の病気のようですが、素人目にはとても症状が似ているので、もしかしたら、母にも効くのではと思ったのです。もし効かなくても構わないので、ぜひともお願いしたいと頼んだところ、なんと、薬を取り寄せて試してくださいました。そして、それが母に効いたのです。何か月も悩まされていた不随意運動がぴたっととまって、普通に話せるようになったのです。(後日、母のケースは貴重ということで学会で報告されました。)



入院中に93歳のお誕生日をむかえたのですが、その日は医師、看護師、スタッフの皆さんが枕元に集まって Happy birthday to you ♪♪と歌ってくださいました。またクリスマスイブには仏教系の病院なのに、先生がサンタさんの衣装で病室を回ってくれました。



気分がよくなった母は、「こんなに元気になったのだから家にも帰れるんじゃない?」と言っていました。それで、「その気持ちはよく分かるけど、今のお母さんの状態はやはり重症で、家で看護することはできないのよ」、「こんな至れり尽くせりの病院に入院することができて、お母さんは本当に幸運だと思うよ」と言い聞かせました。すると、「ふーん、わかった」と言ってくれました。それから1週間ほどして、母は意識が急に遠のき、話さなくなり、数日後、家族が見守る中、静かに息を引き取りました。



緩和ケア病棟では、普通の総合病院で見られる、患者に取り付けられるモニターはありません。呼吸も血圧も測る器具は装着されません。尿道カテーテルだけついていました。後半は、鎖骨のところから薄いモルヒネを点滴投与して、痛みを軽減する措置をしてくださいました。モルヒネで眠ることはないそうです。実際、話せるようになった母とたくさん話すことができました。



亡くなった時も、看護師に知らせましたが、すぐ医師がかけつけることはなく、ご家族とのお別れをゆっくりしてくださいと放っておいてくださいました。しばらくしていらした医師は亡くなった母に、まるでまだ生きている人に話しかけるように、よくがんばりましたねとやさしく声をかけてくださいました。



人が亡くなった後、地方によって、湯灌をするところと、しないところがありますが、こちらの病院では横になったまま入れるバスに、家族も一緒に入って綺麗にしてくださいました。お化粧も普通のお化粧とちがう、特別な化粧品を使って死後、色があせないように綺麗にしてくださいました。



本当にここの病院で母を看取ることができてよかったです。



感謝、感謝の気持ちを抱きつつ、その後の雑用に紛れていた翌年の5月に、母の担当だった看護師から、「いかがおすごしですか」と手書きのお手紙が来ました。母の思い出や母とのエピソードなど交えながら、とても心のこもったお手紙でした。泣いてしまいました。また9月には、お彼岸ということで、前年中に佼成病院で亡くなった方のご冥福を祈る慰霊式のご案内も来ました。参加しましたが、たくさんの花に囲まれ、病院の方も代表だけでなく全てのスタッフがきちんと参列して、とても丁寧なお式でした。その慰霊式の前に、ビハーラ病棟の食堂で、遺族の茶話会というのがありました。ここで父を看取った、母を看取ったと遺族がお互いの経験をおしゃべりする会でした。その中のお一人で、たくさんの管につながれたお父様を、その時入院していた病院の反対を押し切って、佼成病院に入院して、一日で旅立ったという方のお話が心に残りました。「たった一日でしたが、父はここで亡くなることができて幸せでした」とおっしゃっていました。



亡くなり方も人それぞれ、家族それぞれの考えがあって、自由でよいと思います。ホスピスも他にたくさん良い病院があると思います。私の場合は、その中のひとつの経験ですが、参考になれば幸いです。



佼成病院のホームページはこちらです。

イタリアンレストラン ミウラーゼ

三浦市でおいしいイタリアンレストランを見つけました。



ミウラーゼといいます。



駐車場が一台分しかないので、近くの農産物直売場で有名なすかなごっそに車を停めて行くのをおすすめします。歩いて5分です。すかなごっそも横須賀、三浦の新鮮野菜、食材がお安く買えるおすすめスポットです。



こじんまりとしたお店ですが、三浦半島の季節の食材を使った地産地消のイタリアンレストランです。


miurase 5



お店の外にピッツァ用の薪が積まれています。


薪焼きのナポリ風ピッツアとパスタが中心です。


ランチのピッツァセット、パスタセットを頼みました。(各1180円)



今日の前菜はコーンの冷たいスープ、キュウリのサラダ、ヒイラギという小さい魚のエスカベーシュ


miurase 1



ピッツァはナスと新ニンニクのトマトソース


miurase 2



パスタはズッキーニ、モロッコインゲン、ガンチャーレという豚のほほ肉の塩漬けのペペロンチーノ


miurase 3



三浦半島の端っこでこんな野菜たっぷりなおいしいイタリアンが食べれるとは、感激します。



スィーツと飲み物のドルチェセットも頼みました。(600円)



miurase 4



なんと、ビワ味のロールケーキ。ディスプレーも綺麗です。


三浦半島をドライブの時はおすすめです。

三浦半島 ヒバリ ウグイス

三浦半島でおなじみの鳥の写真が撮れました。



キャベツ畑でさえずるヒバリです。



hibari 1



普通、空高く舞い上がり、一点にとどまりピーチクパーチクとエンドレスにさえずるのがヒバリの特徴ですが、こうして畑に降りて鳴いていることも多いです。



鳴いているときにこうして頭のてっぺんの毛を立てていることもあります。ちょっとかわいいです。



hibari 2



もう一羽はウグイスです。いい声で鳴いているのはよく聞いても、姿を見ることは少ないと思います。とても警戒心の強い鳥で、藪の中を移動するので探すのがとてもむずかしいのです。



こんなかわいい顔をしています。(梅にウグイス色の鳥がよく来ますが、これはメジロでウグイスではありません。)



uguisu1.jpg



今、まさに、ホーホケキョと鳴いているときの写真です。



uguisu 2



身近な鳥ですが、写真に綺麗に撮れたのは初めてなので載せました。

蓼科高原

蓼科にある、三井の森という別荘地にクロツグミに会いに行ってきました。



クロツグミは、くちばしが黄色、背中が黒、お腹が白くて黒い斑点があります。シックで愛嬌のある顔をしています。



kurotsugumi 3



この鳥、実はさえずりの名手です。いろいろな歌を混ぜるので、まるでジャズを聴いているようです。



kurotsugumi 4



アカゲラ(キツツキ)も木をコツコツして虫を探しています。



akagera 2



モズの声がしました。巣が近くにあるらしく、警戒の声を上げていたので、すぐ離れました。



mozu 3



サンショウクイという鳥もなんとか撮れました。この鳥はピリリ、ピリリと鳴きながら飛んでいることが多く、なかなか写真がとれない鳥です。ナント、このユニークな名前は「山椒はぴりりと辛い」から来たそうですよ。



sanshoukui 2



蓼科に行く途中の、原村のペンションビレッジの先のエコーラインという道路に、おいしいパン屋さんがあります。


ベルグといいます。



berg.jpg



ここのパンはおいしいです!以前は原村で長く営業していたようですが、2014年からこちらに移転したようです。



ここの場所からのパノラマがすごいです!360度美しい山々が見れます。南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、北アルプス。



ベルグのテラスに座っているだけで、昼間からキツネがとことこ道を歩いているのが見れました。ベルグの方に伺うと、キツネ、タヌキ、シカ、カモシカ、なんでもいるよ!とのことです。



南アルプスをバックにワシタカが飛んでいます!(私はワシタカが弱いので何だか不明です。わかる方教えてください!)



berg 3



八ヶ岳南麓に戻って、渓流を覗いたら、カワセミがたたずんでいました。



kawasemi 2



キビタキは本当にたくさんいて、いい声でさえずっていました。



kibitaki 2

獣医さん

ここのヒラミ動物病院の平見院長先生には10年以上お世話になっています。

数年前、たまたまここの診察時間が終わった後に、うちのメイの目の具合が悪くなり、仕方なくネットで眼科専門と謳っていた他の病院に連れて行ったら、ひどい目に合いました。眼圧を測るだけで数万円!翌日の診察でも治療はなく、緑内障というだけで万単位で診察代を取られました。それからヒラミ先生のところに連れて行ったら、「もっと早く僕のところに連れてくればよかったのに!」と言われました~。

緑内障の治療はすぐ対応することが大事なんだそうです。そんな説明も例の病院ではありませんでした。眼圧の機器なんて僕のところにもあるよ!ともおっしゃっていました。残念ながら左目は失明してしまいましたが、その後数日入院させてくれて目を落ち着かせてくれました。こちらは治療費もとても良心的です。安心して診てもらえます。

今年15歳で、いろいろ体が弱っているのでまたお世話になっています。

右目も白内障で、目はほとんど見えませんが、家族と仲良くしています。

May.jpg
気持ちよさそうにソファーでいびきをかいて眠っています~


銀座で着物ランチ

暑い日でしたが、きもの友達と銀座ランチしてきました。
銀座のホテルモントレーです。





お友達に教えていただいたのですが、ここは知る人ぞ知る穴場で、数に限りがあるランチをネット予約すると、本格的なフレンチのフルコースをとてもリーズナブルなお値段でいただけます。



盛り付けが美しい、お味がよろしい、お皿も温かい。静かで落ち着いた雰囲気でおしゃべりを楽しめます。こちらのサイトでも予約できるようです。



ハッピーになったところで、今話題のGinza Sixを探検しに行ってきました。最上階の屋上庭園を見て、6階の蔦屋書店のまるで美術館のようなディスプレイを堪能して、各階を見て降りました。




草間彌生さんのかぼちゃが可愛い



着物だったら、斎藤上太郎さんのお店がおすすめと、一緒に行ったお友達にご案内いただきました。





ここが本店。以前は六本木ヒルズにあったそうです。もちろん正絹の着物もたくさんありますが、新素材やジャージの着物、帯などが斬新なデザインであります。足袋もおしゃれです。



なんと、お店で偶然、もう一人の着物友達と遭遇!🙀ここの兵児帯がすごいと教えていただきました。







ポリですがデザインがいい~。そしてお値段がびっくり。2万円しません。お友達は兵児帯で銀座結びのような結び方をしていました~!



これから暑くなる夏をどう着物で楽しもうか思案中です。



今日の着物は、琉球紬の着物に京都の栗山工房の紅型帯です。着物で同系色コーデは、タブーらしいのですが、あえてしてみました。





プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。英語の通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。(目標!仏検2級より上)30年以上のバードウォッチャーです。東京近郊、八ヶ岳南麓、三浦半島に出かけています。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。お好きなカテゴリだけでもお読みいただければ幸いです。コメント大歓迎です。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
着物の人気ブログ
バードウォッチングの人気ブログ
フランス語の人気ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR