祖父の和食器


お気に入りの湯呑があります。



yunomi shino 1



これは箱もないので、窯の名前も分かりません。



志野でしょうか?ねずみ志野とか?



女性の手のひらに収まるくらい小ぶりで、薄いです。だからほうじ茶などを入れると熱くてもてません。



yunomi shino 2


裏には八の字か富士山のような印があります。


コメント

志野

志野焼きのようですね
そういえば 実家にもあったわ 
あの頃 こんな食器が古めかしくて すごく嫌でした
今見ると 味わいがありますね 
これは 年取ったから??
いえいえ 価値が分かる女になったと 自分で思ってます (*^▽^*) 
うぬぼれですが ・・・  

 

No title

私も志野っぽいと思いましたが、
志野はぼてっとしていて、薄いのはあまり
知りませんでした。すてきですね。

しかも小ぶりでどんなお茶を入れるのかしら?

私も湯呑は好きで唐津とかコレクションしたのですが
いつもは砥部焼の蕎麦猪口でお茶をいただいています。

湯呑み

私も志野と言うとぽってりとした厚手のものと思っていました。 色々あるのですね。
使うほど手にしっとりと馴染んで来るような素敵なお茶碗ですね。
以前の縞のお茶碗で熱いほうじ茶、この志野らしきお茶碗ではお煎茶を楽しんでいらしたのかな?

No title

こんにちは
最近は、器のお話まで加わって、益々楽しく拝見させて頂いています。
湯呑、写真だけでは何とも言えませんが 
ひょっとしたら「ぐい吞み」かもしれませんね。
昔、唐津で湯呑だと思って買った物の箱書きに
「ぐい吞み」と書いてあったのを思い出しました。
写真の物と良く似ています。
高さ8㎝直径5㎝ほどの物です。

やきもの

木蓮さん コメントありがとうございます!そうですね。私も若い頃は分かりませんでしたね。少しわかるようになると、もっといいものが見たくなって、自然に目が肥えるのでしょうね。

蕎麦猪口

カンカンさん コメントありがとうございます。蕎麦猪口でお茶もいいですね。気に入った蕎麦猪口を持っていてもお蕎麦の時しか使えないですが、お湯のみにしたら気に入ったやきものでお茶が飲めますね。Nice idea です。

お茶

yukam さん コメントありがとうございます。祖父はいつも美味しいお茶を飲んでいました。茶筒も独特で今度、紹介しますね。

ぐい呑

Phénix さん やきものの地元からのコメントありがとうございます!ぐい呑ですか〜!そうです、直径は5.5cm 高さ8.5cm です。男の人の手だったら、すっぽり収まりますね。どんなお酒を飲むのでしょうか?地肌の風合いもよく釉の模様が素敵です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る