チビルのパリ・シックなあみぐるみ展

長年、フランス語の語学サイト「学校行かずにフランス語」にフランス語の文法とかフレーズを分かりやすく載せてくれていたkikiさんが本業のあみぐるみで展示会をひらいているので、青山に行ってきました。(本当にこのサイトにはお世話になりました。)



「学校行かずにフランス語」ではキキさんでしたが、あみぐるみ作家としてはチビルさんです。こちらは展示会のポスターです。



ろば



チビルさんはこれまでいくつか本を出されていますが、今回18年ぶりに朝日新聞社から出版された本はこちらです。



chibiru 4

1200円です。もう大きな本屋さんの棚にも並んでいます。



チビルさんは「東京とパリでじみぐるみ本のシーンを再現した展示会を開催したい」というクラウドファンディングの声掛けをして見事成立しました。日本全国にチビルさんの作品のファンがいるのですね。




会場でチビルさんと初めてお会いしました!お若いです。2008年からフランスに住んでいらっしゃいます。



chibiru 1

チビルさんと私と主人です



作品の舞台はアールヌーボー全盛のベル・エポックと呼ばれた1900年のフランス。その片田舎にあるジミグルミ村のキャラクターたちです。


chibiru 2



どのキャラクターも超かわいいのですが、かわいいだけでなく、それぞれ強い個性を持っています。



見ていると何かしゃべっている声が聞こえてきそうです。



この本には展示されていたキャラクター達の写真集だけでなく、その作り方まで載っています。それがまた懇切丁寧でびっくりします。



今日展示会に長野からいらした方は、そのうちの「船乗りかえるのミカエル」をご自分で作ってきてチビルさんを驚かせていました。



chibiru 5



きっとこの本の反響は大きいと思いますよ。私は編み物は得意でないので作ることはないと思いますが、クリエイターとしてのチビルさんをこれからも応援していきます。



チビルさんはいつか絵本を作りたいとおっしゃっていましたが、私は動画もぜひ挑戦してほしいと思いました。NHKの教育放送でジミグルミの動物たちの物語が見れたらいいな~と思いました。

コメント

No title

なんて表情豊かなキャラクター達。
私も動画で活躍するところを観たい、と思いました。
ご主人さま、初めまして。素敵なご夫婦ですね♡

No title

やっぱり相当勉強家なのですね。アンテナは数えきれないことでしょうね。私、ホント、コーディが好きです。きれいです。 ミカエルってどうやってつくるのでしよう?可愛いい、。 栗坊

じみぐるみ

sognoさん コメントありがとうございます😊 チビルさんはフランスに住むようになって、フランスの一般庶民の質素で堅実な生活に触れ、じみで素朴だけど丁寧に作られたあみぐるみ、じみぐるみを生み出されたようです。この本のフランス語版を作るのを次の目的だそうですよ。日本の作家がフランスで活躍するって嬉しいですね。
お互い仕事を辞めて、主人と一緒に出かけることが多くなりました。青山、原宿を歩きましたが、人混みは苦手だそうです。自然の中がいいそうです。

ミカエル

栗坊さん コメントありがとうございます。ミカエル可愛いでしょ💕チビルさんによると、全部細編みでできるそうです。彼女の作品が違うところはその動物がすごく強い個性を持っていることです。フランスの個人主義の影響ではと思います。日本のようにいい性格が好まれるのではなく、いい性格も悪い性格もその人の個性、その人が生きている証のような。それっていいなと思います。

ご主人、お若い!

あるばとろすさま
本日はありがとうございました。ご主人、若いですね。チビルさんの若さより、こちらに驚き。何をやっても、相手と仲良くなるあるばとろすさんに敬服です。

No title

4日間の日常を離れた暮らしから戻ってきました。
小さなスマホではブログを見たり、コメントを
送る気になかなかなれなくて。

いつも作者の人と一緒に写真を撮られて
記録になっていいですね。私はなかなかそれができなくて
あるばとろすさんのブログで助かっています。
今回はご主人さまもご一緒で、あるばとろすさんの
この広がりの輪の中心に、いつもそばでみてくれている
優しそうなご主人がいらっしゃることがわかりました。
お似合いのカップルですね。

ブログ

カンカンさん お帰りなさい!リフレッシュできましたか?私もブログを始めて日記代わりができて頭の整理ができます。時のたつのが早くてびっくりします。主人は私のお友達は自分のお友達とも思っているようでよく話を聞いてくれます。私と違って聞き上手です。e-257

お若い

紫苑さん コメントありがとうございます!主人にお若いと言われたよと言ったら、帽子をかぶっているからだよと笑っていました。彼も私と同じくフランスが好きなのでチビルさんのフランスの話に興味津々でした。

遅ればせながら

あるばとろすさん、こんばんは、ごぶさたしております。

素敵な記事にしていただいて、どうもありがとうございます!!! 感激です☆ こうして展示会を開くことができたのも、あるばとろすさんやほかの支援者さまのおかげです。感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします!

のちほど、メールいたしますね。

展示会

チビルさん コメントありがとうございます!展示会大成功おめでとうございます!本もきっと好調な売れ行きでしょう!e-454これからいそがしくなりますね!応援しています!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る