北鎌倉で「藍・絞り染展」

友人のyukamさんのご案内で、鎌倉に行ってきました。



北鎌倉古民家ミュージアムで開催されている「安藤宏子と遊草会 藍・絞り染展」を見てきました。



北鎌倉古民家ミュージアムは築100年以上の古民家を使った美術館です。



kamakura 8



安藤宏子さんは、名古屋で工房「遊草庵」、大分、名古屋、東京で教室「遊草会」を主宰している絞り染め作家です。



kamakura 7



前期は見逃してしまったのですが、後期は、安藤さんのコレクションの日本の絞り(豊後絞り・筑前絞り・有松・鳴海絞り)、世界の絞り(アジア・アフリカ各地の絞り)を中心とした展示でした。



豊後絞り、筑前絞りを目にしたのは初めてでした。また絞り染めは世界各国に存在しており、各民族それぞれの生活の中に息づいていることがよくわかりました。



まず目を引くのが、古民家の中を縦横にたなびく美しい藍のタペストリーでした。



yusoan 2


yusoan 1
安藤さんの作品です。 斬新なデザインです。



そして1800年代のたくさんの伊勢型紙が切り絵のように展示されて美しかったです。



yusoan 3






安藤さんは日本の絞り染めの歴史から技術まですべてがわかる「絞り染め大全」もまとめてらっしゃいます。



yusoan 4



「日本の絞り 世界の絞り」 2017年9月2日(土)~10月9日(月)
こちらが安藤さんの「遊草庵」のブログです。



すばらしい展示会でした。安藤さんご本人もいらっしゃってお話を伺えました。



yukamさんはお母様の紬でいらっしゃいました!私はリサとガスパール!



kamakura 1 mini



帰りに、東慶寺に寄ってきました。



kamakura 3



秋の花が咲いていました。



kamakura 9
シュウメイギク



kamakura 6
ホトトギス



kamakura 5
ハギ



kamakura 4
紫苑



秋の花を見に鎌倉にいらっしゃいませんか?風が爽やかで気持ちよかったです。




コメント

No title

東慶寺は大好きな花の寺です。
友人が明月院の近くに住んでいるので
時々鎌倉には遊びに行っています。
古民家ミュージアムもすぐ近くなのですが
入ったことはありません。
10月に樹カフェを通るハイキングを
計画中でので、こちらにも寄ってみたいですが
もうすぐ終了ですね。

鎌倉・花の秋

いや~、実に行動的で、染織に関しても
急ピッチでオベンキョーされてますね。

伊勢の型紙は、江戸小紋に使われたものでしょうか。

yucamさんのきもの、そして帯がとても素敵!
あるばとろすさんの古民家美術館でのきもの姿も
見たかったな~

着物道まっしぐら

お姉さま、こんにちは^^ミケどす。
先日の「謎のシギ」を見て頂こうとカメラを持って
田んぼの周りを探し回ったのですが、大きな写真を撮れませんでしたドテッその後見ておりませんだ。

やはりいくつか挙げてくれた鳥ではなく嘴も足も鮮やかな黄色の鳥でした。まぼろし~~(IKKOさん風

それにしてもブログ友さんもたくさん出来て、お出かけも一緒なんて さすが東京・・・
お姉さまにブログ開設勧めた甲斐がありましたビシッ

あたすなんて都会に引っ張り出されりゃ、わしゃ帰る、、のヘタレな「お籠りさん」ガクッ

つくづくお姉さまが羨ましいデス。
今回はTシャツなんですね^^着物姿見たかったなぁ

あ、「着物の中の人ブログ」の小杉さん(背の高い男性)
うちの近所のくすかみさんと同期らしいです。
若い頃同じ呉服屋さんで修業した仲間とか。

あたすは着物ブログ飽きてきちまいましたが、お姉さまは一緒に着物でお出かけするお友達も多くて 充実してますね^^
紫苑さんの精力的なブログ更新パワーにも感心いたしまする。

あ、捨ててしまったと思っていた小石入りの竹籠箸置き、まだ2つ残ってました。
おじい様の遺した器の数々、宅にも似たようなのがありまして あるばとろすさんとあたすの爺さまは好みが似てたのかな?な~んて

くだらない長文失礼いたしました。でゎ。

鎌倉

カンカンさん コメントありがとうございます。今回は衣笠から電車に乗って北鎌倉に行きました。40年以上前に、衣笠から丸の内まで2時間くらいかけて通勤していた若い頃を思い出し、ノスタルジックな時間を過ごしました。鎌倉はおしゃれな店が増えましたね。これから少しづつ訪ねようと思います。安藤さんの藍染、すてきでしたよ。お教室でご自分の知識を惜しみなく出されて後継者を増やされていることに尊敬しました。

展覧会

和子ねえさん コメントありがとうございます。お勉強という意識はなく、ただただ惹かれて行ってしまいます。伊勢型紙は江戸小紋のも一部ありましたが、ほとんどが見たこともない素晴らしいデザインでした。鳥柄もいろいろありました。製作に使う小刀も展示されていました。yukamさんは私と一緒に着物の着始めてくれた貴重な友人です。

ブログ

ミケさん コメントありがとうございます。シギが見れなくて残念でしたね。鳥も一期一会で一度しか出会えないことはよくあります。
おかげさまでブログ友達ができて、うれしいです。特に焼津とか地方の方と、お知り合いに慣れるのがすばらしいですね。着物を通してその人となりがある程度わかっているので、安心してお話が聞けるのです。
私のブログはまだ始めたばかりなのでいつまで続くか分かりません。ミケさんや紫苑さんのように長く続けられている方を尊敬しています。着物ネタだけでなくいろいろな美しいものにアンテナを伸ばして続けられたらと思っています。
祖父の和食器を公開しているのは、ミケさんのように、ああうちにもある!とか、これいいねと共感できる友達を探しているからです。味わい深いうつわを使ってご飯をいただく、お酒をいただく、それもすばらしい日本の文化だと思います。ミケさんのおじい様は宮大工でしたっけ?やはり美意識のある方だと思います。

絞り染展

昨日は遠いところお付き合い頂きありがとうございました。

絞り染の数々はもちろん、膨大な数の型紙、美しかったですね!
作家さん達もさりげなく説明して下さったりして楽しいひと時でした。
今度は平日にのんびり着物で鎌倉散策をしましょう。

久しぶりにご主人様ともお会い出来て嬉しかったです。 20年振りくらいですがちっともお変わりなくお若いのに驚きました。
ご主人様にもくれぐれもよろしくお伝え下さい。

鎌倉散歩

yukam さん こちらこそお世話になりました。お天気もよくさわやかな秋の風の中、鎌倉散歩ができました。いい美術館でいい展覧会でしたね。またお邪魔させていただきます!

東慶寺

駆け込み寺で有名ですね。
あの石段を駆け上がったのでしょうか。

藍の絞り染め。
色と形の結果を正しく予想して染めるのはプロの技ですね。
昔は日本中で染められていたのでしょうね。
藍は日本人にとって一番懐かしい色です。

藍染

みどりさん コメントありがとうございます。藍はいいですね。安藤さんは藍染の技術を研究しながら、日本全国の会員にご自分の知りえた技術も育てていて、こんな作家がいらっしゃるとは知りませんでした。お会いすると物静かですが、内に強いものをお持ちの素敵な方でした。伝統を守りながら現代のアートとしてもご活躍してほしいと思いました。東慶寺は著名人のお墓があることでも有名です。みどりさん、和子ねえさん、白洲正子展が阪急梅田で9日までやっていますよ。

白洲正子展

情報をありがとうございます。
友達と7日に見に行く予定です。
晴れていたら久しぶりに着物を着ようかなと。
着物で行くと入場無料なんだそうです。(⌒∇⌒)

No title

みどりさん 楽しんできてくださいね。

No title

鎌倉のお寺も 秋草いっぱい(*^▽^*)

さてさて 安藤さん ほーーー
絞りの方ですか 
お勉強しておきます


伊勢型紙が いっぱい飾ってある 
アートな 使い方ですね 
扇子の柄にひかれますわ 

伊勢型紙

木蓮さん コメントありがとうございます。伊勢型紙はそれだけでアートになることが分かりました。安藤さんは後継者を育てていることが素晴らしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る