着物で星岡日本料理講習会 10月


10月の星岡日本料理講習会に行ってきました。


床の間の茶花


hana 10 mini
ホトトギスにワレモコウ



掛け軸は尼僧であり歌人の連月の歌のようです。



rengetsu 3 mini



人はかる
さが野の原の
夕まぐれ
おのが尾花や
花と見すらむ



連月さんは数奇な運命を生きた方で、晩年は富岡鉄斎と深い交流があったようです。連月の歌を英語で紹介するサイトを見つけました。



10月の献立です。

前菜    いかのかりんとう揚げ
      はんぺん白菊揚げ
      こんにゃくの炒り煮
椀盛    吹き寄せつみれ椀
焼物    鶏肉巻き焼き
      小芋田楽
煮物    にしんむし煮
      焼き茄子
和え物   たらこ 千切り芋紅葉和え
ご飯    きのこご飯



hoshioka 10 mini



この豪華なこと!そして一つ一つが丁寧に手間をかけて作っています。



ika 3 mini



前菜を盛りつけたものです。はんぺんの白菊揚げは小さく切ったはんぺんにノリを細くまき、それに卵白をつけ、白菊用という業務用の春雨のようなものをつけて揚げてあります。先生は短く切った春雨の方がお味がいいかもとおっしゃっていました。梅肉がちょんと乗って白菊の花のようです。



いかのかりんとう揚げですが、手間というか、時間をかけて作ってあります。細かく浅く切れ目を入れたイカを上部だけ(串をさすために)残して短冊に切ります。それをコーンスターチにまぶし2時間以上放置。(冷蔵庫だめ)



ika 1 mini



これが2時間以上おくとこうなります



ika 2 mini
いい具合にひからびています。



これを熱すぎず、ぬるすぎない油でさっと揚げ、軽く塩を振ります。ここでは3切れしか入っていませんが、山盛りあったらどんなに幸せだろうというおいしさでした。



こんにゃくはじゃばらに包丁目を入れ、湯通しして水分を抜き、から炒りしてから調味料で煮あげます。歯ごたえのあるおいしいこんにゃくでしたが、それは水分をよく抜いてあるからだそうです。



吹き寄せつみれ椀のつみれが絶品でした。



tsumire mini



イワシのつみれでしたが、出刃の背と刃を使ってたたいたいわしに、まな板の上で、西京味噌、おろし芋、卵白、粉をまぜよく混ぜます。フードプロセッサーとかすり鉢もいいけど、先生はたたくだけでもおいしいと思うとおっしゃっていました。私はイワシの臭みが心配で生姜汁とかは入れないのかと聞きましたら、気になるのならいれてもいいとおっしゃっていました。出てきたつみれをいただいたら、まったく魚臭さがないおいしいつみれでした。この日のつみれは蒸したものだったので、汁はさっぱりとしていました。(ゴボウも下茹でしてありました。そのままだと強すぎるとのこと。)つみれも、すぐ食べるのであれば、沸いた出汁のなかに落として煮てもいいそうです。鍋としておのおのが落として食べるのもおいしいとのことでした。その時はあまり野菜を入れないでつみれ汁がいいとおっしゃっていました。



鶏肉巻き焼きがおいしかったです。



dengaku tori mini



下ごしらえが、平らにした鶏肉に塩をして30分、醤油、酒につけて40分!(おいしくするには何事も時間をかけるものだと分かりました。)それに水にさらした薄切り生姜を散らし、巻き巻きしてオーブンで20分(アルミに包んであとでフライパンで焼き目をつけてもよい。)



里芋の田楽も石川芋だと不ぞろいだから、普通の里芋を蒸して上新粉と一緒にねって成型してもよいとのことでした。



にしん蒸し煮はあのにしんそばでいただく柔らかい甘辛いにしんでした。下に焼いて煮た焼き茄子が丸まっています!なんという贅沢!



nishin mini



(身欠きにしんではなく)半乾きにしんを一晩米のとぎ汁につけ、番茶で40分ゆっくり煮るそうです。この手間をかけるとあのやわらかいにしんになるとおっしゃっていました。丁寧に小骨をとり、調味料に入れた容器ごと蒸して味付けていました。



きのこご飯には韓国産マツタケも入っていました!先生曰く、カナダ産の松茸は大きいけれど香りがよいよとのことでした。



matsutake mini



金木犀の花が咲いていました。秋を満喫するすばらしいお料理でした。



ryukyu 3 mini

コメント

日本料理は素晴らしいですね。
見ているだけで口の中に味が広がってくるようです。
器も素敵です。
このお着物あるばとろすさんにとても良くお似合いです。
着姿も美しいです😊

美味しそう!!!

本当に、日本料理ってすごいですねえ~
美味しそう!画面から引き出していただきたいわ。
つまるところ、丁寧に時間をかけて〈心をこめて)
作りましょうということなのね(〃▽〃)

日本料理

梨Rinさん コメントありがとうございます!梨さんはいつもお母様のおいしいお料理を見て、いただいているので日本料理の奥深さをご存知だと思います。私は毎回知らないことばかりで勉強になります。ここの先生のいいところは馬鹿な質問をしてもまじめに答えてくれて、えらぶらないところです。
着物をお褒め頂きありがとうございます。リサイクルでやっと手が届きました。

日本料理

和子ねえさん コメントありがとうございます。そうなんです。手間が大事なのだと分かりました。他のお料理を作りながら時間の配分をするとよいそうです。おいしいものを食べたかったら出来ますね。

星岡

今回のはどれも本当においしかったです。
近年のヒットです。
でもどれもひと手間もふた手間もかけています。

掛け軸良くわかりましたね。
私はいつもなんて書いてあるのかわからなくて
良く周りの人と何かしらって話していました。
ありがとうございました。

星岡

カンカンさん ありがとうございます。私も着物でお料理教室に通えるなんて思ってもいませんでした。カンカンさんのおかげです!e-51今回のお料理は贅沢なものはほとんど使っていないのに、時間という贅沢を使ったおいしいお料理でしたね。先生との雑談でいろいろなことを学べるのでお得感があります。掛け軸はたまたま一部が読めたので見つけられました。京都では有名な方のようですよ。

No title

いいですね 
着物で 料理教室 (*^▽^*) 
里芋の田楽 わたしにも できるかも 
イカは難しそう (めんどくさそう)
でも その手間が 美味しさと美しさを 引き出すのですよネ  

料理

木蓮さん ありがとうございます。料理を早く食卓へと急いでいると、このような料理は作れないんですね。それがよく分かります。作っているプロセスも楽しんでいるような。先生のお料理を見ているとそう思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る