古い桐箪笥から2 帯留


長雨の間も、猛烈な台風のあいだも、黙々と箪笥の整理をしていました。



帯留めが出てきました!私はあまり帯留めを持っていなく、お店で探しても高くて手が出ないのでやった~と思いました。



かなりしぶい帯留です。三部紐の幅ですが、帯が丸ぐけの帯の細いのみたいです。



ume 1



彫金で梅と枝が彫ってあり、はずしたり留めたりできます。



ume 2



帯の長さを調節できる金具もついています。他の帯留もこの形式なので昔はあらかじめ長さを決めて使っていたのかもしれません。これで締めて帯が落ちてこないかちょっと不安ですが。



ume 3



こちらも彫金ですが、かなり小さいです。一分紐ぐらい。



Tombo 2



こちらは香魚。箱入りで利良の銘があります。



Ayu 2



箪笥の整理をしていると、引き出しの底に新聞紙が敷いてあります。昭和29年11月1日です!なんと、私の生まれた年!まるでタイムカプセルのようですね。



その日の新聞に松坂屋の広告がありました!


shinbun 1

コメント

きゃっ、凄い!!!

渋いですねえ~ それに銘入りなんて・・・
素敵です!  見えざる力の働きというか
ご縁で、あるばとろすさんのとこにやって
きたんでしょう。

きもの好きとしては、この帯留めが生きる
帯はどんなのが良いかしらと考え出して
しまいます。

昭和29年

私もその年生まれです。
百貨店も当時は呉服に力を入れていたでしょうね。

帯どめですか。
渋いというか、クラシックな雰囲気です。
金具ですから磨くと艶が出るかもしれませんね。
なんとか使いたいですね。

No title

あまりお目にかかったことがないような帯留ばかり
ですね。お洒落です~
あるばとろすさんのセンスで活躍できる日が来ると
いいですね。愉しみにしています。

帯留

和子ねえさん ありがとうございます。地味ですが三部紐の色で楽しもうと思います。鮎は夏かな!

帯留

みどりさん ありがとうございます。ホントクラッシックですね。三部紐に使ってみます。

帯留

sognoさん ありがとうございます!これはもう工芸品ですね。でも小さいです。写真ではほとんどわからないでしょう!e-444でも使ってみます!

No title

こんばんは♪
これは時代ものですね 
こんな帯留め見たことないですが かなりな逸品 
ぜひぜひ 使うべきですよ 
着物も 着ないと意味ないですし 
せっかくの 帯どめ 使ってほしいですよネ 

香魚 いいですね トンボも うひゃー 
さすが おばあさま いいものおもちだわー 
いいな 引き継ぐべきものがあるなんて 羨ましいですわ 

帯どめ

帯どめは池田のおしゃれの仕上げです。
私もまだそこまで手が届きません。
それとあまりなじみがなくて、洋服だとアクセサリは
どれをしようかといつも必ずお守りのように加えるアイテムですが・・
お茶の時にできないのも今一 、経済的な理由に加えるも理由となっているかも。
まだお茶も再開していないのに。

いけだに行くときにしていくと喜ばれると思います。
トンボかわいいですよね。ブローチだといくつか持っています。それを帯どめにする手もありますね。

帯留

カンカンさん 彫金の帯留は池田重子展などで多くの方にため息をつかせているようですね。これまで呉服店で見かける帯留にはほとんど興味がありませんでしたが、彫金帯留作家さんが現代も頑張ってらっしゃるのが今回の発見でネットでいろいろ調べて分かりました。2店ほど紹介しますね。

http://mop-collection.com/work_02.html

http://kisai-ya.com/order

騎西屋さんは価格がお手頃そう。いつか行って見たいです。

帯留

木蓮さん コメントありがとうございます!私もぜひ使っていこうと思います。めぐりめぐって私のところに来た感があります!

帯留

ご紹介の帯どめも素敵ですね。
水やトンボや雪輪や・・
私も時々銀座三越などでチラ見していますが、
根津や神楽坂に行って見て歩くのも楽しそうですね。
池田にもアンティーク以外にお手頃なものもありますよ。

帯留

カンカンさん ありがとうございます。池田、楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る