時代布池田と紀尾井アートギャラリー


カンカンさんのご案内で、前から行きたかった目黒の「時代布池田」に行ってきました。アンティーク着物や小物のコレクターでコーディネータとしても有名な池田重子さんのお店です。今のご店主は重子さんのお嬢さんです。



ikeda 3



秋の訪問着のディスプレーが美しかったです。



店内はきれいに整理されて、サイズ、種類で探しやすいように陳列されています。



ikeda 1



この日も私は着物で行きましたが、「せっかくコーディネートはいいのだから、半襟をもっとおしゃれして下さい!」とご指摘を受けました!



ご店主の由紀子さんいわく、白の半襟、特に現代の蛍光色の白は日本人の肌を美しく見せないとのことです。せめて生成りとかベージュとか淡い色でもいいから気を使ってみてはいかがとのことでした。



実は、皆さんが半襟でおしゃれをしているのは知っていましたが、自分ではどのように合わせていいか分からず、白だったら問題はないだろうとその問題を避けていました。痛い処をつかれました!この機会に半襟おしゃれも考えてみようとおもいます。



こちらは池田で買った半襟です。紺系や黒系の着物が多いので合うかな?アンティークの半襟もありましたが、高すぎてパスでした。こちらは池田で作ったオリジナルだそうです。これからは池田のコーディネート講座などにも顔を出そうと思います。



ikeda 5



池田の私の印象は「掘り出し物がある」ということです。



色とりどり、個性あふれる着物が置いてありました。帯は今回は見ていません。着物と帯を見るならゆっくり数時間過ごすつもりで行けばいいかと思います。由紀子さんもスタッフの方も親切で居心地がいいです。(着物は汚れがあるものもあるので、しっかり見てくださいね。)



それで、私の目についたのはこの絣です。この絣模様は何と言うのでしょうか?ネットで調べましたが分かりませんでした。糸を燃焼実験したところ、絹でした。単でさらっとしていて、さわやかな肌触りです。



ikeda 4



私は単はあまり持っていないので、いいものに出会えました。




目黒から紀尾井町へ行きました。紀尾井町界隈は私はあまり知らなかったのですが、穴場的なおいしい和食レストランでランチをしただいて、「紀尾井アートギャラリー」へお邪魔しました。紀尾井町の名前の由来は、紀州・尾張・井伊の三家の跡から来ているそうです。



紀尾井アートギャラリーは江戸から昭和の伊勢型紙を常設展示しているユニークな美術館です。こちらがサイトです。



kioi 1



館長の梶浦淳代さんにもお目にかかれました。美術館の運営だけでなく、日本語教師養成と、外国人ビジネスマンへの日本語教育を行う語学学校、アルファ国際学院の理事長でもあります。



1階では梶浦さんの旧家に伝わる江戸小紋や帯、振袖が展示されていて、2階は型紙を格子窓にはめて、自然光で文様が浮かび上がるようになっています。着物の文様を染める道具である伊勢型紙をアートにして展示しているのが斬新です。型紙のモチーフは縁起物でそれぞれ意味があるので、それを考えながら見ると倍楽しくなりますね。



IMG_6590.jpg



たまたま梶浦さんのお知り合いのアンティーク着物が来ていて、「見ていきますか?」というお話があったので、「見ます!見ます!」と見せていただきました。最近アンティーク着物にご縁があるようです。



その中で、またまた見つけちゃいました!



IMG_6617.jpg



ブログでこの色が出るでしょうか?不思議な色をしています。紬ですが藍染の型染?どのようないわれの着物か分かりませんが。バードウォッチャーの私としては貴重な鳥柄、しかも藍染だったら、もうしっかり握って放しません。



持ち主の方は、ツバメとタグに描いてらっしゃいましたが、これはスズメです。芝草の中のスズメの群れです。チュンチュン声が聞こえてきませんか?



IMG_6597.jpg



この日の私の着物は、ふくおばあさんの紬に麻の稲穂雁の帯です。 カンカンさんはべに花染の上に染めた縞の着物に鮮やかな若草色の帯です。とてもきれいな色で目を引きます。水玉模様もかわいいです。



IMG_6599.jpg



カンカンさん、楽しいご案内ありがとうございました。

コメント

楽しい着物めぐり

久しぶりに池田に行くことができて楽しかったです。
お持ちの鮮やかなブルーの椿柄の着物はそのままで問題がなかったですね。
髪の色によく似合っていました。
池田ではサイズが合えば気に入る着物がいくつか出てきますね。
居心地のいいお店です。買うのを止めたり、不思議でしょう?

紀尾井アートギャラリーではある特定の方の着物を
預かって販売していましたが、昨日はもう残ってないかと
思いました。見ることができて良かったです。
前日伺った時も、箱詰めして送り返す寸前でした。
鳥の着物は前から気になっていたものですが、
羽の形がどうしてもツバメっぽく思ってしまいます。
スズメも好きですが、ツバメの方が季節感があるような気がして。
地色が何とも上品な色でした。ギャラリーのリサイクル着物は
館長のお知り合いのもので、一味違っていて好みが
合うものが多くて、いくつか買ってしまいました。
これで最後だそうです。
型紙も素敵です。来月イベントで職人さんが来ますが、
高齢でこれも最後になりそうです。

ツバメかスズメか

カンカンさん ありがとうございました!池田も紀尾井アートギャラリーもステキなかたにお会いできて嬉しかったです。池田で相談した椿の着物は、このまま着たらいかがとのことでしたが、翌日に行ったシミ抜き屋さんでまた展開があったので、ブログにアップしますね。アートギャラリーでもいいものに出会えてよかったです。意匠の鳥と実際の鳥とは表現が違うのかも知れませんが、ツバメは尾の形に特徴があります。二つに割れて尖っています。羽はたしかに長めでツバメっぽいですが、顔がもっと小さいかなとも思います。そしてツバメはこのように草むらの中で群れません。2-3羽でスイスイと飛びます。そんなところからツバメよりスズメではないかなと思った次第です。作者が分からないから、永久に謎ですけどね。😊こうして色々思いを巡らすのも着物の楽しみですね。

たしかに

そうですね。ツバメは尾の形が違うし、
かなりはっきりした違いがあります。
デザイン化した鳥は実際とは違うかもしれませんね。
何かしらと考えるのも面白いです。

鳥コレクションが増えて良かったですね。

見つけた鳥は放さないっ?!

「時代布池田」の店内、素敵ですねえ~

あるばとろすさんとしては、素敵な鳥との出会い、
そりゃ、放せないでしょう。

半襟は、ハギレなどでいろいろ試したりすると
面白いですよ~

いや~深み?いえきものの面白みにどんどん
入っていっておられますね((´∀`))

No title

こんばんは♪
気に入った着物が見つかって
良かったですね。
アンティークの着物は
お手頃価格な物が多いし、
見るのも楽しいので
私も大好きです♡

半襟のオシャレも楽しみたいけど
私もどのように合わせればいいのか
わかりません・・・
コーディネート講座で習われたら
教えてくださいね♪

半襟

桃ママさん コメントありがとうございます。半襟はむずかしいですね。着物と帯のコーディネートはなんとかできそうですが、半襟に柄があったりするととたんに分からなくなります!

鳥の着物

和子ねぇさん はい、放せませんでしたe-443紀尾井アートギャラリーの館長さんご自身が名家のお嬢様でその方のお知り合いの着物ですからいい着物や帯がありました。この鳥の藍染は異彩を放っていました!

時代布池田

もう完全に抜け出せない着物地獄にはまっておりますね💦よくわかります、私も初めはそうでした。
3年ほど買いまくりました😱😱😱
今は私は気持ちが少し落ち着いてきて着物を見ても、もういいかある物着ようになってきつつあります😅

半襟は楽しいですよ、究極の色合わせですがあまり人様に左右されずあるばとろすさんの感性で楽しんだら良いとおもいますよ😁
今日のコーデも素敵、このコーデにはえんじの半襟などいかがかしら?

着物地獄

梨Rinさん はい着物地獄に足を踏み入れています!ただ梨さんのように若くないので、あまり買わないようにはしているのですが、それでもいいのがあると買っています。e-260半襟はおとなしいのから始めようかな。アドバイスありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る