古い桐箪笥から4 花の着物


箪笥から出てきた古い着物の中で、とても華やかな着物が2枚ありました。



ひとつは、先月96歳で亡くなった姑が新婚時代に来ていた小紋です。



IMG_6613.jpg



こんな着物があるなんて、全く知らなかったのでびっくりしました。部屋の片づけをしていたら、カラーではありませんが、この着物を着ている姑の写真も出てきました。舅が礼装なので結婚式の打掛の後のお色直しに着たのかもしれません。幸せそうな様子が分かります。



tsubaki 2



この着物は先日の池田にも持って行って、どうしたものだろうかと相談しました。由紀子さんはアンティークとして状態はあまり悪くないのでこのまま着たらいかがとおっしゃってくださいました。ただ身丈が150㎝しかありません。おはしょりなしで着ないといけません。それでうーん、どうしようかなと思っていました。



そこで、彩徳さんにも相談しました。するとこれを羽織にしたらいいかもという話になりました。古い生地なので、もう一度丁寧に見て、どのようにできるかご連絡いただくことになっています。裄直しもしなくてはなりません。ぽつぽつとシミもあります。



もう一枚は、すぎおばあさんの牡丹の着物です。(木蓮さんからこれはむくげか芙蓉とのご指摘をいただきました。ありがとうございます!)



shakuyaku 1




こちらはさっきの着物よりトーンが穏やかで私でも着れるかもしれません。




ただ襟や袖に汚れがあります。



shakuyaku 2



これも彩徳さんでどのようにするか検討して下さるそうです。


家族の残した着物をなんとか着れればと思います。


コメント

悩みますね

ほんとうにきれいなブルーでした。
私も派手な若いころの柄の小紋を羽織にしましたが、
あるばとろすさんは外国人が多いパーティなどで
着たいということだったので、まずこのまま着てみるのもありかと
思いました。髪の色にとてもお似合いでした。
私も池田では別布をはさんで丈を出してもらったのが
ありますが、普段にも着れそうなので洗い張りをして
出せるところは幅も裄も出して作り直しとなりましたが、
そうしてもらってよかったと思っています。
どちらにしても素敵ですが、頻度で言えば羽織に
なってしまうのでしょうか・・
私はドレスのようにパーティで着られたらいいと思うのですが・・

お祖母様達のお写真、なんて素敵なんでしょう✨ 美男美女ですね。
二つのお着物もレトロで可愛いくて華やか💕
長めの袖丈も懐かしい。
夢二の絵を見るようです。
そのままでも羽織でも他の物に作り変えても良いものができそうで楽しみですね。
私は古くて傷んでいてもうどうしょうも無い着物で、でもどうしても捨てられない物の端を切って小さな額に入れて飾っています。
自己満足ですが、結構可愛い💕

ツバキの着物

カンカンさん 私もこの着物を初めて見た時、なんてきれいなブルーと思いました。本来なら若い人の晴れ着ですが、羽織だったらこの歳でも楽しめるかなと思っています。パリで着てパリジェンヌをおどろかしたいな~!

義父母

yukamさん この写真は主人の父母です。父は映画スターみたいですね。建築士でした。母は薬剤師で聖路加に勤めていました。ういういしくてかわいい写真です。彩徳さんも昔の生地は今よりずっといいと言っていましたよ。昔の端切れ、いいですね。

素晴らしい!

あるばとろすさま
こういうのアンティークの人でも狂喜するかも。斬新でいて、どこか懐かしい雰囲気。同じ着物を着た写真が残っているなんて、素晴らしい。ものを大事にするご家庭なんですね。こういうお話を聞くと、なんでも捨ててしまう00がほんと、嫌になります。

ツバキの晴れ着

紫苑さん ありがとうございます!大正ロマンファンなどにはたまらないでしょうね。こんな着物が我が家の箪笥から出てくるとは、本当にびっくりしました。義母は30歳過ぎて結婚したので、この晴れ着を着たのは60年前です。無事残っていてよかったです。

アンティーク

まあ、なんて大胆で可愛らしいお着物でしょう👍
お姑さん初々しくてお似合いですね、お姑さんはイケメン✨✨✨
やはり派手な着物は羽織りにするのがいいと思いますがあるばとろすさんなら着ても大丈夫では?

アンティーク着物

アンティーク着物は柄や色が今の物と違ってなかなか魅力的ですよね〜
ただ思っていないところに汚れがあったり生地自体が弱っていたり難しい
友人でアンティーク着物のコレクターの方がいるのですが全て洗い張り・仕立て直しをするので買った値段より遥かに高くなるって笑ってました
彼女ほどではないのですが私も古い着物を羽織やコートに仕立て直しましたが仕立ての方が結構苦労されたみたいです(すいません)
羽裏が弱っていて変えようにも新しい生地では雰囲気が合わなかったり
羽織紐もね
私そんな訳で面倒なので専ら新しいものしか着ないんです
そういう事が楽しいって言えば楽しのですけど

椿の着物

梨Rinさん ありがとうございます!義父はイケメンでした!これを着物として再生しても着る機会はとても少ないかと思います。私の着物は普段着物をめざしているので晴れ着は出番が少ないです。

アンティーク着物

ゼペットおばさん ありがとうございます。いかにもアンティーク着物!というオーラがあふれていますでしょ?おそらく洗い張りからの再生となるのでかなり費用がかかるでしょう。ただ、家族が残したものをなんとかしたいという気持ちがあるので、もう一花咲かせてやりたいと思ってしまうんですね。

No title

毎回お宝が登場するのでワクワクして拝見させてもらっています。
なんとかして、もう一度あるばとろすさんが纏う機会があるといいですね。
羽織、もいいアイデアだなあと思います。私は、着物のままで着るにはちょっと、という頂き物の着物を(フルレングス)道中着に直しました。
立派に活躍してくれています。

羽織

sognoさん ありがとうございます。この着物は大柄なので着物として着て椿が帯で隠されるより、羽織で着る方が、椿の花と葉をそのまま楽しめるかなと思っています。さすがに道中着だと目立ちすぎて浮くかな~!60のばあさん何してる?ってね。v-393こうしていろいろ考えるのも楽しいです。この椿の花芯はピンクなんですよ~。はてさて彩徳さんはなんと提案してくるでしょうか!

No title

おはようございます。
今朝は本当に気持ち良く晴れ渡りました。
お着物素敵ですね! 私ならどうしても着られない様ならほどいて帯にしますね!
あるばとろすさんが持っている渋めのお着物に良く合うと思います。残っている布地でバックも素敵ですよね!人の事ながらウキウキして来ます。
こんな事考えて居る時が1番幸せですよね!
私は最近又着物に再度目覚めまして(汗)あるばとろすさんの浴衣見て浴衣作りました。
型染の浴衣探して貰って今仕立てて貰っています。着るのは来年でも箪笥にあるだけで幸せです。妹が(わん庵のナホコさんね!)最近着物に目覚めましたので一緒に見る楽しみが倍増です。秘かにもう1枚仕立て出してるのが在るのですが・・・それは又今度
今日も1日パワー全開でがんばります。
では・・・

着物熱

若女将さん うれしいコメントありがとうございます!着物が箪笥にあるだけでうれしいという気持ち、分かります。妹さんも一緒に着物を着られるのならなおさら楽しみですね。着物の楽しみは着る人しか分からないから、着物友達は大事だな~と最近しみじみ思います。こうしてブログで着物友達ができるのもなによりの楽しみです。カニ漁解禁で忙しくなりますが頑張ってくださいね。応援しています。

No title

素敵な羽織が出来そうですね♪
私も、前に
高畠華宵さんの大正ロマンの絵を見て
大きな花がついている羽織に憧れて
同じようなの作りました♪

仕立て上がるのが
楽しみですね。

高畠華宵

桃ママさん お~高畠華宵!いいですね。文京区弥生の弥生美術館(竹久夢二美術館も併設)では高畠華宵の作品が常時見れます。私はこの美術館で高畠華宵の存在を知りました。この頃の着物は柄が大胆で素敵なものがありますね。この椿の着物もその部類に入ると思います。

No title

可愛い (*^▽^*) 
めっちゃ好み 
地羽織に いいですね そうしたらいかが 
アルバトロスさん若返って見えますよ 

芍薬??・ 蕊から むくげか 芙蓉に見えますが

むくげか芙蓉か

木蓮さん ありがとうございます!芯の形からよく分かりましたね。調べてみました。むくげと芙蓉はとても似ているらしく、芙蓉の方が葉が大きいので芙蓉かもしれません。貴重なご指摘感謝です!花蕊なんて言葉も初めて知りました!むくげはうちの庭に咲いていましたが、高い木の花で芯まで気づいていませんでした。特徴のある形ですね。ハイビスカスも仲間とか。ひとつ勉強になりました。この着物を着るのが楽しみです。

No title

あらためて見ると 葉の形が芙蓉だわね 

大正の着物

木蓮さん 芙蓉と分かっただけでも感謝です。ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る