着物で「上野桜木あたり」

通訳ガイドの先輩たち(歳ではなくキャリア!)と前から行きたかった「上野桜木あたり」に行ってきました。



東京の谷中・根津・千駄木のそれぞれの頭文字をとって”谷根千”(やねせん)と呼ばれるこのエリアは、戦時中、空襲の被害を受けていなく、古い木造の家がまだ結構残っています。昭和レトロの雰囲気を残す貴重な場所として若い人にも人気です。



yanesen.jpg



2015年にここに築80年になる古民家3棟を再生した複合施設、「上野桜木あたり」が生まれました。天然酵母のビアホール、手作りパン、塩とオリーブオイルなどのお店の他、様々な文化活動を発信したり交流したりできる「みんなのろじ」、「みんなのざしき」があります。



yanaka anouk

一緒に行った紫乃さんとフランス人のAnoukです。



「みんなのざしき」で開かれている展示会「amorosso展」で、手つむぎ作家山内明子さんの作品を見るのが目的でした。



山内明子さんの作品です。行った日は2日目だったのですが、すでにだいぶ売れてしまったそうです。



yanaka yamauchi



山内さんは手つむぎと機織りを始めて10年以上になるそうですが、自宅のキッチンに機織り機をおいて作っているそうです。帯も作るそうです。いつか見学させていただきたいです。



「amorosso展」では複数の作家さんの作品がおざしきに並べられています。帽子やジュエリーや洋服や



yanaka yamauchi 2



エプロンや小物も



yanaka yamauchi 3



山内さんと記念写真を撮らせていただきました。



yanaka yamauchi 5



中央が山内さん、左が紫乃さんです。紫乃さんのお着物は、お隣からいただいた!紅型の着物にお母様の道行です。かっこいいです。紫乃さんは、ご自宅を開放して英語で着物の着付けを教える講座を開催しています。こちらが紫乃さんの英文サイトです。



yanaka yamauchi 4



左がフランス人のAnoukです。日本語ペラペラです。紫乃さんに着物を習っているそうです。彼女の旦那様は高田馬場で言語喫茶Mickey Houseを経営なさっています。こちらの英会話カフェは有名なので聞いたことがありましたが、「フランス語テーブルもあるよ!」とのことで今度行ってみようと思います。Mickey Houseのサイトです。



お腹がすいたので、谷中ビアホールに行きました。 



yanaka beer



ここもレトロ感満載!



yanaka beer 2



角煮のちまきにおもち。とてもおいしかったです。昼間だったのでビールはパス!(でも帰りに上野で焼酎のお湯割りでちょっと一杯ひっかけて帰りました~!


yanaka beer 3



ここでもうひとりの通訳ガイド、kayさんが合流!このお店にぴったりなレトロな装いでばっちり決まっています。この方も現役の通訳ガイドで外国人に着物の着せつけもなさっています。笑顔がチャーミングです。



yanaka beer 4



上野桜木あたりのサイトはこちらです。イベント欄で面白そうな企画があったらぜひお出かけしてみて下さい。週末は混むそうですがお天気がよくないとそれほどでもないとのことでした。



上野の紅葉がきれいでした。



yanaka koyo


この日の私の着物は自由が丘リサイクルショップ「和衣布」で買った塩沢紬に栗山工房の和染紅型の帯です。



shiozawa 1



shiozawa 2



帰り暗くなって寒くなったので山内さんのショールを羽織りました。暖かかったです。このショールは織がとてもとてもきれいです。



yanaka yamauchi 6



追記



「上野桜木あたり」に行くにはJR日暮里駅から上野方面に曲がらないといけないのですが、ついつい夕焼けだんだんをおりて谷中銀座に向かってしまいました。(紫乃さんごめんなさい!ガイド失格だ~



yanaka ginza



結局、間違いに気づいてもどったのですが、谷中銀座で、ちょうど日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」のそらMAPの収録を行っていました。



yanaka inu (2)


小野匠君とそらです。 ラッキー!



途中、有名な初音小路で中国人カップルがウェディング姿で写真をとっていたり、朝倉彫塑館があったり、久しぶりに谷根千に来たらますます気に入ったので、またあらためて来ようと思いました!

コメント

No title

おはようございます。

良いお店知ってますね!
ありきたりのガイドブックよりも参考になります。

何時かは行って見たいです。
(多分、当分でしようね!(苦笑)

今回のコーデも素敵です。
私の好きな色合わせです。
シンプルだけど華がりますね!

では今日も頑張ります。

No title

皆様のお着物が谷根千の街にマッチしていますね!
あるばとろすさんの紅型が鮮やか~
なんか、いますぐにでも行きたくなるレポでした。
私もオットがまだすたすた歩けるときに散歩した
記憶があります。魅力的なスポットですよね。

上野桜木あたり

若女将さん お〜朝早くから始動ですね!尊敬しています!😍コメントもありがとうございます!ここは着物がとても似合うところです。いつかいらして下さいね!

上野桜木あたり

sogno さん コメントありがとうございます。旦那様と歩いたことがあるのですね。まわりの建物どれをとっても素敵で足が止まります。しばらくぶりにきて古い建物を使った新しいお店が増えていると感じました。それぞれが個性的です。手作りものの展示なんてきっとsogno さんお好きだと思いますよ。サイトをアップしたのでイベントスケジュール見て下さいね。

No title

行かれたのですね〜根津は夫や私の親族が眠っているお寺(天眼寺)がありホームグランド?
観音寺通りの「りんごや」さんと「かNAKASA」にも是非行ってください
「りんごや」さんのオーナーのうさちゃんはパリで日本語の先生をしていたのできっと話が弾むと思います
ちなみに「りんごや」さんはカフェでなくて喫茶店ギャラリーです

谷中

ゼペットおばさん そうなんですか~!谷中にお墓参りなんてうらやましいです。久しぶりに歩いたらおしゃれ度がますますあがってました。「りんごや」さんと「NAKASA」ですね。次回行ってみます。パリで日本語なんてすごいですね。若い人がたくさん歩いているのがうれしかったです。

レトロ

こんばんは♪
レトロな 谷根千エリア よくテレビで やっているので 観光したいわー 

へーー みんなのざしき おもしろそう 
こういうところで 着物姿で撮影 楽しそうだわよ 
ここで お酒 とっくり持って カシャですわ 
着物が似合う街 良いですね 

谷中銀座もいいよネ 
おいしいもの 買い食いできそう (*^▽^*) 

谷根千

木蓮さん コメントありがとうございます!はい、ここはとても着物が似合います。名古屋も大正ロマンの木造建築が残されていますね。ここは通り全体が古い感じです。古い木造建物の中が実は自転車屋さんだったり、外観は銭湯なのに中はギャラリーだったりとか遊び心いっぱいです。いつかぜひいらして下さいね~!

楽しかったです♪

あるばとろすさん、先日はご一緒できてとても楽しかったです!私は昨年から着付けを習いはじめました。そして着物の魅力にどっぷりハマってしまいました♡私の実家にも母と祖母の着物が箪笥にぎっしり詰まっています。その着物も活用したいと思っているのでこれからも色々とお教えくださいね。また一緒にお出かけできる日を楽しみにしていますヽ(*´∀`)

古い着物

kayさん コメントありがとうございます。私も古い着物の活用を考えているところろです。新宿区の「紺屋めぐり」もとても参考になりました。2年前にふくおばあさんの着物を引き継いだ時は着物のきの字も知らなくて、それこそ色だけで選び、あとはリサイクルショップに引き取ってもらいました。2年経っていろいろ勉強してすぎおばあさんの着物が出てきたときには、これは○○とかよしあしが少しわかるようになってきました。古いものには今の着物にないモダンさがあります。こちらこそいろいろ教えてくださいね。よろしくお願いいたします。

谷根千

上野桜木から根津に行く道が楽しいですね。
以前は良く歩きました。
イナムラ・ショウゾウにはよってケーキをつい買ってしまいます。桃林堂とか和菓子屋さんもあるけど。

最近では桜木あたりでも外国人がうろうろしています。
それにしても個性的な着物の方たちですね。

今度は大久保あたりで茶道具やさんを回っていたらしみ抜きのお店とかみつけました。
筆の専門店が裏通りのちょっといかがわしそうな
お店の近くにあったり、
古い何かわからない道具屋さんがあったり、さすが百人町鉄砲隊の街かと思ったり・・
なかなか面白いところです。

谷根千 百人町

カンカンさん コメントありがとうございます!😊久しぶりに谷根千に行ったら古い建物がさらに活用されていて、街が生き生きしていました。このおふたりカッコいいでしょう?ご自身が着物が好きだと外国人観光客にも着物の良さが伝わると思います。
百人町は以前古楽器のお店百人堂に祖母のいい鼓を引き取ってもらえないか打診したら、いらないと言われてガッカリしました。結局神保町の能楽関係の書店に若い能楽師が出入りすると聞いてそちらに買い取ってもらいました。いい楽器が必要な人のところに行って嬉しいです。鉄砲の街なのですね。歴史を知って歩くとより楽しく歩けますね。

高田馬場・百人町

百人町鉄砲隊の住まい跡だったこのあたり。なのに文化の街でもあり
茶道会館があったり、華道関係も以前見たことがあります。
高田馬場と言うと武士の街って感じがします。(ずっと昔茶道会館のお茶会に行った時、山下洋輔のお母様に偶然お会いして話をしたことがありました。母が転勤で九州にいたときにお茶を習った先生です。)
ブラタモリでも百人町あたりをやっていて興味深く見ました。
神楽坂あたりも面白そうだし、江戸文化の面影をみつけながら散歩も面白そうです。

お江戸

カンカンさんはいろいろご存知ですね〜!😀お江戸再発見です。着物を着始めたおかげで歴史にも興味のアンテナが伸びます。仕事を辞めてやっと自由な時間ができました。これからいろいろ歩くのが楽しみです。

真っ白なショール

私の織物と谷中の展示会ご紹介いただきありがとうございます。
真っ白いフィンシープのショール、金髪と似合ってエレガント。似合う方が使ってくれるのが一番嬉しくて制作の励みになります。次回は私も着物でお会いしたいです。

ショール

A’s weaving さん コメントありがとうございます。こちらこそ素晴らしい織物とその作者にお目にかかれて嬉しかったです。どんぐりで染めたマフラーとか、織の技術にファンタジーが加わっていて、他にはない山内ワールドが広がっていました。これからのご活躍も楽しみにしています!💕

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る