三浦でバードウォッチング


2か月ぶりに三浦に来ています。



1日目は近くの公園と海に行きました。



鳥友さんに教えていただいた公園に、ルリビタキに会いに行きました。



一瞬ですが、目の前に出てきてくれました。



2018 2 ruri 1



ルリビタキは夏は亜高山帯の鳥で、標高が高いところで美しい声で鳴きますが、冬は平地に降りてきて越冬します。葉っぱが落ちた公園などで、美しい姿に会うことがあるんですよ。



2018 2 ruri 2



2018 2 aoji



アオジもかわいいです。冬はかさこそと音がするので小鳥が探しやすいです。



2018 2 janohige



下草の上に目の覚めるようなブルーの玉があちらこちらに落ちています。家に帰って調べたらジャノヒゲ(リュウノヒゲ)の実と思ってブログにアップしたら、ブロ友さんから「違うのでは?」とご指摘がありました。もう一度ようく調べたら、ジャノヒゲの実とよく似ているノシランという海岸に咲くユリ科の植物の実(種子)のようです。「ぶな太の四季折々」のサイトを参考にさせていただきました。実の落ちた葉の写真も追加しますね。また一つ植物の名前を覚えました!ブロ友さんありがとうございます!



2018 2 noshiran



2018 2 umi 1



海に来て、波打ち際で海からの風にふかれているとほっとします。



2018 2 umi 2



やさしい顔のセグロカモメです。



2018 2 umi 4



イソヒヨドリのメスです。オスはお腹が赤くきれいですが、メスは地味です。でもおどろくくらい綺麗な声で鳴きます。ヒヨドリと大違いです。



2018 2 umi umiaisa



ウミアイサです。頭の毛のとんがり具合に親近感を持ちます。



2日目は海岸線を移動して「冬の貴婦人」と呼ばれるタゲリに会いにいってきました。



2018 2 tageri front



優雅な冠羽がすてきでしょう?翼は金属光沢がある緑黒色です。



2018 2 tageri rear



お尻は赤いんです。



2018 2 tageri tsugumi



ツグミと一緒だと大きさが分かります。



2018 2 keri 2wa



タゲリと同じ仲間のケリです。こちらの方が数が多いです。



2018 2 tractor



タゲリもケリも他の鳥もトラクターのまわりに集まってきます。(右にタゲリがいます。)トラクターで起こされた土の中から虫が見つけられるみたいです。現地で会ったバードウォッチャーは、タゲリが見たかったらトラクターを探せと言っていました。(笑)



タゲリには初めて会いました。ヨーロッパでもLapwingといって愛されていて、お皿に描かれていたり、切手になったりしています。



copen.jpg



stamp.jpg



帰り道に地元のおばさんとおじさんに写真を見せたら、こんなきれいな鳥が近くに来ていたなんて知らなかった、新しい趣味が増えそうです!とよろこんでいました。

コメント

No title

また今日も鳥の名前を覚えました。
「タゲリ」、冠羽がカッコイイ。お尻の色が特徴ありですね。鳥の色で、帯や帯締め・帯揚げの色の組み合わせを考えちゃう私って変かしら?(笑)

鳥の羽の色

sogno さん コメントありがとうございます!タゲリは品がありながら、ちょっとコミカルでしょ?鳥の羽の色のコントラストは着物にも通じますね。この鳥は羽ばたくと黒白のコントラストが綺麗なのですが、次回トライしたいです。

青い鳥とブルーの玉

あるばねーさん、こんにちは^^
平地でルリビタキを見られるなんて驚き

とても鮮やかな青(@_@;)図鑑より良い写真ー

リュウノひげってこんな綺麗な実がつくんですか
ぱっと見は毒キノコかと思いました
それほど綺麗なブルー ヒイラギの花の香りも
そうでしたが、またひとつ植物の知識が増えましただ

ルリビタキ

こんにちは。

ルリビタキ、きれい!
図鑑でしか見たことのない憧れの鳥です。
タゲリは初めて知りました。

週末を過ごす小樽の小屋の裏庭には時々アカゲラが来てくれます。

バードウォッチングの記事、
これからも楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鳥見

写真、どれもとても良く撮れています。
ルリビタキ、最近見ていません。
やはり綺麗ですね。
タゲリは田舎の農地に行かないと会えない鳥ですね。
ヨーロッパでも人気なのですか。
イソヒヨの雌の色合い。シックで私はすきです。
そういう色合いの帯が欲しいような(笑)

北海道は野鳥の宝庫

すずよしさん コメントありがとうございます。ルリビタキは札幌近辺で絶対見れますよ。冬は音もするし雪の白の上の鳥は目立つので探しやすいと思います。8倍ぐらいの双眼鏡(軽いのがおすすめ)が必需品です。かわいいのが一杯見れますよ。「北の暮らしあれこれ」のブログの北のおばさんによると真駒内公園にフクロウやらヤマセミやらレンジャクやら、愛鳥家垂涎の鳥たちが来ていますよ。北海道在住の方うらやましいです!
http://nt-arekore.jugem.jp/

No title

13:28内緒さん よく分かりませんが、それがいいと思いますよ。

るりちゃん

みどりさん コメントありがとうございます!私もルリビタキは久しぶりでした。地元のバーダーによると同じ個体が毎冬来ているそうですよ。かわいいですね。今回タゲリが見れて、長年の夢が叶いました。今までは忙しくてのんびり鳥見が出来ませんでしたが、これからぼちぼちと楽しもうと思います。

鳥たち

たくさんの種類の鳥さんに会えてよかったですね。
まだ見たことのない鳥たちも・・・
タゲリは諏訪ッチさんブログで見たことがあります。
ルリビタキは青梅の方で見ました。とても人懐っこいというか何度も同じ所に遊びに来てくれていました。
かわいい姿とともに鳴き声も魅力の一つですね。
都会でななかなか聞けない鳥の声を聞くのが好きです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おしゃれでユニーク!

鳥さんたちは、みなおしゃれでユニークですけど
タゲリさんも、まあ素敵ですね。

トラクターが動いていても周りにいるのもすごい。

鳥の名前、なかなか覚えられないけど、名前を
知ると親近感が更に増します。

鳥見

カンカンさん コメントありがとうございます!久しぶりに野鳥を求めて山や海や休耕田を歩いて嬉しかったです。鳥が好きな人はこうして自然の中にいて花や生き物に出会うだけで幸せになるんですよ。仕事のストレスとか人間関係とか孤独とか全部忘れられます。

ノシラン

9:30内緒さん 貴重なご意見ありがとうございます!さすがです!ジャノヒゲにも似ているけどこれは海岸付近に生えるノシランの実でした!今出先なので今晩訂正しますね!ありがとうございました〜!!😊
参考サイトです。
http://blog.goo.ne.jp/kusk9200/e/81e8c061f1ed5e423b0bf280a0977c41

トラクター

和子ねえさん コメントありがとうございます!タゲリ、素敵でしょ?まさかトラクターの周りで見つけやすいなんて、笑っちゃいました!漁船の周りの海鳥と同じですね。和子ねえさんの周りでも実は色々な生き物がいますよ!

ブルーの玉

ミケさん コメントありがとうございます。ルリビタキはきれいなブルーです。春はいい声で鳴くんですよ。冬はちょっとした公園などに降りて来ますので、ミケさんの周りにもきっといますよ。ブルーの玉はノシランというユリ科の植物の実(種子)でした。間違えてすみません。それにしても綺麗な色ですね。

ノシラン

綺麗な色
知らない鳥や植物いっぱいありますね
写真も素敵
アルバトロスさんは海辺で休日ですか?
私はあいも変わらず近所ウロウロ いかんな〜反省

ブルー、 ブルー 、ブルー!

あるばとろすさま
ルリビタキのブルー、青い実、海のブルー、空のブルー、、、
美しいブルーに、心まで染まりました。

「冬の貴婦人」は、きぜんとしていますね。冠羽が優雅です。
皆に愛されているのも、納得です。

貴重な時間を、ブログで分けてくださり、ありがとうございます。

ノシラン

ゼペットおばさん コメントありがとうございます。しばらく忙しくて海が見れなかったのでほっとしました。風が強く白波が立っていたので逗子、鎌倉の海はサーファーでいっぱいでした。鳥も好きですが山野草を見るのも好きです。このブルーにはおどろきました。

ブルー

月うさぎさん タゲリに会えた幸せが伝わってうれしいです。ルリビタキのブルーも青い実のブルーも海のブルーも空のブルーも確かに協奏曲のように響きあっていたかもしれませんね。海の色はお天気でぜんぜんちがうんですよ。この日は晴天できれいなブルーが出てよかったです。

No title

すご〜い、自然界の瑠璃色が綺麗ですね!
歌舞伎座の緞帳にも「水辺の四季」という柄があって
鳥たちが色々織り込まれてます。
機会があったらお出かけくださいまし。
最も本物の方がずっといいとは思いますが (^-^)b

上村淳之

香子さん コメントありがとうございます!「水辺の四季」をネットで見ました!上村淳之さんの作品なのですね。上村松園のお孫さんですね。上村家の描く鳥は別格です。これだけの鳥が舞台を飾っていたらすごいでしょうね。いつか見に行きたいです。松篁さんも淳之さんも直筆でなく、レプリカで鳥の絵の帯とか売って欲しいと切に願っています。ダメでしょうね。

オールスター!

スクロールしていて、どこまで続くのかしらと!
オールスター、羨ましい限り。
青い鳥ルリビタキは会ってみたい鳥。
いつになるのかしら・・

るりちゃん

トントンさん コメントありがとうございます。30年ぶりに鳥を見始めて思ったことは、野鳥を撮るカメラマンが非常に増えたことです。今回の横須賀の公園も平塚の田んぼもカメラを持って鳥をみていると、知らないカメラマンが寄ってきて、あそこにあれがいるよと、詳しく教えてくれます。鳥見の話から、地域の話へと話題はつきません。鳥見はお友達作りにも役に立つのだな~と思いました。ルリビタキは冬が断然見やすいです。明治神宮、新宿御苑にはきっといますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る