和裁 - 襟がつきました


練習用の綿の生地で単を練習しています。



襟がつきました!まだ片側だけですが、難関を超えた感があります。(袖は最後です。)



eri.jpg



人生初の力布です。 5㎝角のはぎれです。



chikaranuno 2



それを二つに折ってひねります。



chikaranuno 3



それを襟肩あきのスリットの端っこに留めます。


chikaranuno 1


4枚の長い布と衽をつなぎあわせたものに、襟肩あきというスリットを横にいれます。


erikataaki.jpeg


スリットの端にさっきの力布をあてて縫い、下の図のように襟をつけます。



eritsuke.jpeg



すると最初の写真のように肩ができて着物の形になり、ちょっと感動しました。



これは浴衣の衿付けなので裏襟はありません。



教則本を見てやっていますが、月に2回2時間お邪魔する和裁教室で、進捗を見せると、ここはこうした方がよいと的確な指示をいただきます。(教則本自体を理解するのに四苦八苦しています。)



今回は見積もりを失敗して、地襟もつぎはぎになったし、共襟もとれなかったので、次回の本番の単は切る前に先生に見てもらおうと思います。チクチク楽しんでいます。




コメント

がんばってますね

こんばんは♪
和裁 がんばってますね
力布 へーそういうのね 
見たことはある 
丁寧な しごとがしてあるわねと 感動したものでした 

そうそう 切るとき失敗すると 後まで響くわよネ 
そこは 先生に見てもらうのが いいのね 
いつか アルバトロスさん 追いかけて 
和裁もできるように 人生を充実させたいわ (*^▽^*)  

和裁

木蓮さん コメントありがとうございます!着付けと同じように、和裁もなんとかできるかもですよ。昔は皆さんしていたわけだし。いつか絹の小紋の単を作りたいです。袷はずっと先になりそうです!😆

パチパチ、すごいっ!

いや~ すごいですねえ~
私はだら~とほどいて、そのあとどうしようも
出来なくなったことがあります。
衿のあたりが、一番難しいかも。

いくつになっても“成せば成る”にパチパチv-424

和裁

和子姉さん コメントありがとうございます!ホントいくつになってもなせばなるですね。本やネットや情報がいっぱいある今、和裁を始められてよかったです。ひと昔前のお師匠さんの世界だったら、まず無理です!😊

No title

頑張っていますね!、偉い偉い!
衿がつくと、なんか着物っぽくなり嬉しくなります。
和裁って、独特の言葉が出てきて、それが難しくもあり、
面白いなあ、と思ったり。
有言実行、決めたことをひとつずつ確実に実行なさっている
あるばとろすさん、尊敬しますっ♡

裁縫

sogno さん 大変な時にコメントいただきありがとうございます!sogno さんはじめお針の先達がいてくれたお陰でここまで来ました。ブログに感謝です。着物が出来ていく様を知るのはとても面白いです。先日ユザワヤでステキな洋装のコートを着ている老婦人に会いました。思わず声をかけたくなるようなステキなコートでした。なぜかsogno さんのことを思い出しました。

和裁

凄いです!
襟付けはとっても難しく私は到底一人では出来ません。
いつも先生にダメ出しをくらいへこみます、😱
もう少し慣れたら浴衣の襟も広襟に仕立てると着る時に襟を広げられるから着やすいですよ😊
あとお袖だけ仕上がりが楽しみですね✨✨✨

No title

早いですねえ☆
やはり興味があるのって手が先へ先へと進みますよね i-179
和裁所によってやり方も色々…ひねっただけの力布初めてです。
ワタシの所は、縫い絞っているんですよ。
そして襟をつけたらゴロゴロしないよう絞った所は切ってしまいます。

着物の襟

梨Rin さん コメントありがとうございます!ほぼ本を参考に取り組んでいますが、その説明自体が分かりにくいですね〜!なんであんなに分かりにくいんだろうと思いますが、基礎知識がないからですね。浴衣も広襟だといいのですね。やってみます。ありがとうございます!😊

力布

香子さん コメントありがとうございます!和裁士さんからのコメントとても有り難いです。雑雑の力布お見せして恥ずかしいです。ひねって一応縫ってはいるのですが、絞りが足りないかもです。これは和裁所の指導ではなく私が本を見て、トライしたものです。そういえば単衣の着物の襟にちょんと頭が出ているのがありますね。いらない部分は後で切るというのは、本にも書いてあったような気がします。何しろ人生初なので大雑把です、細かい手順はおいおい出来てくると淡い希望を持っています。これからも貴重なご意見をどしどし下さいね。

着々と・・・

形ができてきましたね。
半襟をつけるのも苦手な私はあるばとろすさんの挑戦を応援するばかりです。
新しいことをいろいろ知って、スキルが上達するのは楽しいですね。
予習でひとつ作っちゃうというところが本当にすごいです。

和裁

カンカンさん コメントありがとうございます。これで半襟付けのハードルが低くなるかもしれません。反物の見方も変わるかもです。「知る」ということは人を変える力を持っているのを実感しました。

探求心

あるばとろすさま
素晴らしい探求心です。新しい知識が、どんどん形になっていきます。素晴らしいです。
これより先の、あるさまの和裁のバリエーションが楽しみです。

和裁

月うさぎさん 応援ありがとうございます。これまで裁縫なんてとんと興味がなかったのに、着物となると話がちがうのですね。笑ってしまいます。いつか絹を縫いたいな~。

和裁

あるばとろすさん
すごいです~♪
着物の形になってますね。
出来上がりが楽しみですね♪
熱心なあるばとろすさんを
見習いたいです。

和裁

桃ママさん ありがとうございます!大雑把で呆れるくらいですが、前に進みたくて格闘しています。それなりのものしかできないと思いますが、しばらく頑張ってみようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る