着物で星岡日本料理講習会-3月


高知で桜が開花したとのこと。今年は早く咲きそうですね。



星岡日本料理教室へ行ってきました。



2018 3 hana



茶花は侘助とトサミズキでしょうか?



椀   桜豆腐

焼物  椎茸と鶏の挟み焼き

煮物  わかめの信田巻煮
    叩きとり葛うち煮

小鉢  菜種和え
    根みつば梅醤油かけ
    芽芋辛子酢味噌

ご飯  桜ご飯



2018 3 hoshi 1



春が満載のお料理でした!



2018 3 hosi 2



手前の椎茸と鶏の挟み焼きが簡単でおいしかったです。



2018 3 hosi tori



左に杉板を使ったふたがありますが、かまぼこの板でもこのようなものを作っておくと、アルミケースが簡単に作れるそうです。鶏肉を厚めのそぎ切りにして調味料(醤油大3、たまり大1)に30分つけ込みます。しいたけも同じように厚めに切って、さっきの醤油にみりん小1を加えてつけますが、しいたけは焼く直前につけるだけです。それをアルミケースに入れて中火のオーブンで15分焼くだけ。魚焼きグリルでもオーブントースターでもできるそうですよ。しいたけと鶏のうまみがマッチしてGoodでした。



2018 3 hosi tori 2



芽芋ってご存知ですか?私は初めてでした。見かけはウドにそっくりですが、里芋の種類の唐芋の若い芽をホワイトアスパラガスのように芽を出させた茎だそうです。



2018 3 hoshi meimo



これを大根おろしと酢で3分ゆで、冷めてから水にさらしたものを使います。この日は辛子酢味噌でしたが、お味噌汁の具にもおいしいそうです。しゃきしゃきしてファンになりました。



この日のメインは桜です。



桜豆腐の吸い物



2018 3 hosi suimono



絹ごし豆腐をわざわざ水を切って、裏ごしして、塩出しした桜の花と葉を混ぜて、またわざわざ流し缶に入れて蒸して、豆腐に仕立てています。(この手間は私には無理かもです~。)確かに桜の味がするお豆腐でした~。



桜ご飯


2018 3 hosi sakura gohan



これは目で見て美しく、ひとくちいただくと桜の風味がふわっと広がり、幸せにしてくれるご飯です。



桜の花は炊くときに入れてしまうと色が変わってしまうので、炊きあがってからいれます。塩を洗い落した桜の塩漬けをしばらく水につけておき、その水をお米を炊くときの水に足すのもコツだそうです。だし昆布、酒、薄口醤油で下味をつけた水で炊いたご飯に桜の花をちらします。



講習会に同席した方に伺いましたが、塩漬けの桜が余った時は、バニラアイスに混ぜるとおいしいそうです。桜の塩加減はぬいたり、そのままでもお好みでとのことです。



カンカンさんは江戸小紋に更紗の帯です。



2018 3 hoshi kankan



カンカンさんはこの間NHKのお昼の番組にちょこっと出ていましたが、その時紹介されていたのがこの帯です。二葉苑の先生の作品だそうです。



2018 hosi 3 kankan 2



半襟も桜でした!



obi.jpg



私は日本舞踊が大好きでいつも着物を着ていた叔母の大島に、菊地信子さんの帯です。



2018 3 hosi oshima



春をいただき、心まで暖かくなる食事でした。

コメント

和食

美味しくて、ヘルシーで、目にも綺麗な一番食べたい料理ですね。
手間はかかりそうなので自分で作るのは私の場合ちょっと・・ですが。
お着物、二人とも春らしく素敵です!!

No title

あぁ、身体が欲しがる優しいお料理…食べたい♪
鶏と椎茸のはさみ焼き、レシピをありがとうございます。
たまり醤油は持ってないけど試して見ます。

瓶覗色の帯揚げが効いてますね〜i-178

日本料理

みどりさん コメントありがとうございます。先生の盛り付けを見ていると、例えば篠田巻と叩き鶏に赤い人参のつまを立てておくなど、まるで着物と帯と帯揚げのコーデを思い出します。日本料理も色どりと配置が大事ですね。

帯揚げ

香子さん コメントありがとうございます。瓶覗色というのですね!この色が気に入ってこればかり使っていますが、薄い色でいい色の帯揚げをあまりもっていません。今度探しに行かないといけません。

桜ごはん 

こんばんは♪
桜ごはん できそう (*^▽^*)
同じ工程でなくても 桜ご飯作りたくなりますね 
可愛い感じなるのか 艶っぽく できるかしら 

菊池さんの帯 良い感じ (*^▽^*) 
かんかんさん 帯と半襟 あわせて 桜柄 オシャレ (*^▽^*)

桜ご飯

木蓮さん コメントありがとうございます。桜ご飯は花から結構塩分が出るので、下味は控えめがいいかもです。女子は桜を見るとテンション上がりますね!

みんな、幸せ。

あるばとろす様
メイちゃんのこと、なにも言えずすみません。ちょうど、どーなのかな?と思ってるときに、、、。
私もつい、この前まで五つもお骨かかえてうろうろしてました。
うちのハッピーちゃんもメイちゃんも、私たちを幸せにしてくれた分、幸せに笑って天国ではしりまわってるとおもいます。
今回もお料理素敵、、。そして写真もありがとうございます。

あるばとろすさま
桜開花宣言出ました。その後、冷たい雨が続く定まらないお天気です。
桜は、愛でてよし、食すもよし、不思議な花です。
桜ご飯を見て、母がいつも作ってくれた桜のおこわを懐かしく思い出しました。
桜も自分で塩漬けをしていました。その丁寧な食事作りは、私には、全く遺伝していません。
お着物、帯、素敵なコーディネートですね。菊地さんの帯には、何か力があります。あるさまが、それを身に取り込んでいるような感じです。
私は、痛みがひどい時と大丈夫な時を繰り返しています。
桜開花の東京タワーを見ながら、お茶を飲んでいました。(笑)

笑顔

遊坊さん コメントありがとうございます。あちらの世界のことはまだ分かりませんが、こちらの世界はある日突然終わってしまうんですね。5人と一匹を見送ってそう思うようになりました。旅立った人より残された人の方が悩むのかもしれません。遊坊さんも持ち前の明るさを取り戻して元気になってくださいね。笑顔がとてもすてきですよ。

桜おこわ

月うさぎさん コメントありがとうございます。お母様が桜のおこわを作ってくれたのですか?おいしそうですね。私もトライしようかな。母の味はいつまでもいい思い出ですね。お体が痛むのはつらいですね。少しでも体調がよくなるようお祈りしています。

春の献立

今回もご一緒できてうれしかったです。
なんだか和食を倍楽しめます。
最高にぜいたくな日だと思います。

菊池さんの帯、あるばとろすさんがつけると
現代的な感じがします。
着る人、合わせる着物によって全然違って
来るのでしょうね。そこが面白さでもあり・・
紺色の着物がいつもよくお似合いです。

日本料理

かんかんさん コメントありがとうございます!こちらこそご一緒できてよかったです。食事で季節を感じることができるなんて、本当に贅沢ですね。ふくおばあさんの導きに感謝です。叔母も私がまさか着物を着るとはと、あちらでびっくりしていると思います。菊地さんの帯も着る人で雰囲気が変わるのでしょうね。面白いです。

No title

文章から、香りとか味を想像して楽しんでいます。
あるばとろすさんの丁寧な説明、こちらも想像のし甲斐がありますよ。
いつもありがとう!
最近PCの調子が悪くて、お写真がなかなか全貌を表してくれないのです。
PCは難しいです・・・

関係ない話

フランス映画「偉大なるマルグリット」を観て何故かあるばとろすさんを思い出しました.
アメリカの有名なオペラ?歌手フローレンス夫人をモチーフにしたもので最近メリル・ストリープが主役のアメリカ映画が公開されたけど私はこのフランス映画がずっと好みです.
主演のカトリーヌ・フロの雰囲気があるばとろすさんに似てるのか
マルグリットのおおらかさが彷彿とさせるのか
機会があったら是非観てほしいな
全く星が岡とは関係ない話でした

写真

sogno さん お忙しい中、コメントありがとうございます!私は介護で忙しかったことはありましたが、畑はなかったですね〜。腰を痛めないように気をつけて下さいね。何事も前向きに取り組むsogno さんに頭が下がります。状況が少しでも楽になるよう祈っています。写真は重たすぎるのかな?スマホでも厳しいかな?私もあまりPC に詳しくなくてすみません!

映画

ゼペットおばさん コメントありがとうございます!フランス映画で私を思い出して下さるなんて、嬉しいです。予告編を見ましたが奥が深そうな映画ですね。ぜひ見てみますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本料理

07:12内緒さん コメントありがとうございます。そうそうあと何回というのはありますね。この歳まで生きたからこそこのような日本料理の良さが分かるようになったかなと思います。作っていただくしあわせ、作り方を見ることができるしあわせ、目で春を悦び、味を楽しむことのできるしあわせを満喫しました。

メイちゃんのお皿

先に、つもりもないのに、うっかり内緒コメにしてしまったようです(汗)。
メイちゃんのお皿、可愛いですね。藍の色合いと絵の雰囲気がおしゃれです。素敵なお皿になってメイちゃん、幸せですね!

メイちゃんのお皿

想奏さん コメントありがとうございます! はい、彼女の作品は藍色もいいし、何しろ画力がいいんですよ!😊

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る