最近のフランス語

ブログ名に「フランス語」とありながら、フランス語の記事が少なくてすみません!



毎週2時間、フランス人のマダムとのレッスンは黙々と続けています!でも、なかなか身につかない~。



いつもコメントを下さるブロ友さんはじめ、語学でも何でも、何かにとりつかれている方からのコメント歓迎します。なんでも結構です。苦労話とか、なんで私こんなことに時間をつかっているんだろうとか、挫折とか。皆様からの声が励みになります。



フランス語には、動詞一語だけで行動をあらわすのではなくて、再帰代名詞(me,te,nous,vous,se)と一緒に使う代名動詞というのがたくさんあります。これがやっかいなのです。



エッフェル塔



どんな時使われるかというと1、自分がする行動、2、お互いがする行動、3、受け身を表す行動、4、慣用句



キキさんのブログに分かりやすい説明があります。


フランス・ネットのサイトでも解説しています。



イタリヤ語やスペイン語でもあるのかな~。なかなか使いこなせなくて苦労しています。



レッスンで出てきたフレーズを紹介しますね。



スズラン
庭のスズラン



最近いかがお過ごしですか 
Comment se passent votre jours?
(How are things going?)



鼻をかむ Je me mouche.
(I blow my nose.)



冬は背中がかゆい Le dos me pique en hiver.
(My back itches in winter.)

かゆい Ça me démange.
(It itches.)



彼は木から落っこちて腕を折った
Il est tombé de l’arbre et s’est cassé le bras.
(He fell from a tree and broke his arm.)



腰を傷めないように気を付けて
Fait attention de ne pas se fait mal au rein.
(Be careful not to hurt your lower back.)



私の髪が伸びた カットに行かなきゃ
Mes cheveux ont poussé. Je dois me faire couper les cheveux.
(My hair has grown. I need to have a hair cut.)



紫蘭
紫蘭



手を洗わなくてはいけない
Je dois me laver les mains. 
(I have to wash my hands.)



彼は朝4時か4時半に起きる 
Il se lève à 4h ou 4h30 du matin.
(He gets up at 4 or 4:30 in the morning.)



新宿駅の南口で会いましょうね 
On se retrouve à la sortie sud de la station de Shinjuku.
(Let’s meet at the south exit of Shinjuku St.)



あとで会おう 
On se voit tout à l'heure. 
(See you later.)



パリに~のために行った
Nous nous sommes rendus à Paris pour… 
(We went to Paris to~)



彼女は本当に彼と結婚して外国に行きたいんだ
Elle veut vraiment se marier avec lui et aller à l’étranger.
(She wants to get married with him and go to the foreign country.)



タツナミソウ
白いタツナミソウ 園芸種



色で遊ぶのはいいですね C’est bien de s’amuser avec les couleurs.
(It’s nice to play with colours.)



私はこの事件がアメリカで起こったことにおどろいた
J'ai été stupéfaite que cet événement se soit produit aux Etats-Unis.
(I am surprised that this event took place in the US.)



彼の知性に気が付く
Je me rends compte de son intelligence.
(I realized his intelligence.)

私は~に気づいた
Je me suis aperçue que... Je me suis rendu compte que
(I realized that ...)



うまくいく s'entendre bien (goes well)
うまくいかない s'entendre mal (does not go well)

私は姑とうまくいきません
Je ne m'entends pas bien avec ma belle-mère.
(I don’t get along with my mother-in-law.)



あなたを頼りにしています
Je me confie à vous ! 
(I count on you.)



ツツジ
ツツジ



彼はいつも頭がいいことを鼻にかけている  
Il se vante toujours de son intelligence.
(He is always bragging about his intelligence.)



彼はクラスで一番だと自慢していて、大学入試で落っこちたのよ
Il se targuait d’être le meilleur de la classe mais il a fini par rater ses examens d’entrée à l’université .
(He has been boasting of being the best in the class but failed at the entrance examination to the university.)



彼はすぐ飽きる
Il se lasse tout facilement.
(He gets tired easily.)



彼はいつも文句ばかり
Il se plaint toujours !
(He is always complaining.)



私はリラックスするために歩きます
Je marche pour me détendre. 
(I take a walk to relax.)



彼女は息子のことが心配です 
Elle se préoccupe de son fils. s'inquiéter, se faire du souci, se soucier de 
(She is worried about her son.)



偉大な人は外見にこだわらないそうです 
Un grand homme ne se soucie pas de son apparence.
(A great person does not care how he looks.)



サルビア
サルビアの種類



分からないことに首を突っ込むな
Ne vous mêlez pas de ce que vous ne comprenez pas.
(Keep your nose out of this.)



余計なお世話  
Mêlez-vous de vos affaires. Mêle-toi de tes affaires.
(It’s none of your business.)



夫は映画で何が起きているか理解できないと怒り出す
Mon mari se met en colère quand il ne comprend pas ce qui se passe dans le film.
(My husband gets grumpy when he does not understand what’s going on in the film.)



彼らは何も覚えていません 
Ils ne se souviennent de rien. (They don’t remember anything.)



君と居てとても居心地がよい Je me sens à l'aise avec toi.
(I feel at ease with you.)

クラスでは居心地が悪かった Je me suis senti mal à l'aise dans la classe.
(I didn’t feel at ease in the classroom.)

 

遅れてすみません 
Je m'excuse pour le retard. あやまる s'excuser, présenter ses excuses, faire ses excuses
(I am sorry to be late.)



ヒアシンス
ワイルド・ヒヤシンス



今や多くの女性が着物に興味を持っています
Maintenant, beaucoup de filles s’intéressent au kimono.
(Nowadays, many women are interested in kimono.)



その当時、5年後の自分を想像することができました
À l’époque je pouvais très bien me représenter l’avenir cinq ans plus tard.
(At that time, I could imagine myself in 5 years.)
想像する se représenter s’imaginer dans la tête



元気をつけるため映画に行く
Je vais au cinéma pour me remonter le moral.
(I go to a cinema to motivate myself.)



古い家具を処分するのを手伝ってくれませんか? とても助かります
Pourriez-vous m’aider à me débarrasser de mes vieux meubles,cela me rendra un grand service.
(Could you help me dispose of old furniture? That will be a great help.)



これは洗濯機で洗えますか
Ça peut se laver à la machine ?
(That can be washed in the washing machine?)



信号が変わるとすべての車が発進します
Lorsque le feu se met au vert, tous le monde partent.
(When the light turns green, all the cars go BRRRR.)



アイリス
アイリス



外に出たら、ちょうど雨が降り出した
Juste au moment où je sortais, il s'est mis à pleuvoir.
(When I went outside, it started raining.)



あなたは間違っているかもしれない
Il se peut que tu aies tort. 
(You might be wrong.)



ちょっとお願いしていい?
Pourriez-vous me rendre un service ?
(Will you do me a favor?)



花々が咲いていました
Les fleurs se sont épanouies.
(The flowers were blooming.)



寺や神社をぶらぶら歩いて訪ねるのが好きです。
J’aime me balader et visiter des temples
(I like to take a walk and visit temples.)



私達はいつもあちら側の道路の角に駐車する。
Nous nous garons toujours de l’autre côté de la rue, au coin de la rue.
(We always park at the other side of the street, at the corner.)



藤
ご近所の藤



毎年多くの受験生がこの大学の入学試験を目指す
Chaque année de nombreux candidats se présentent au concours de cette université.
(Every year many students apply to this university.)



この事件が起きた
Cet événement s’est produit. 起きる se passer, se produire, avoir lieu, survenir, advenir, arriver.
(This incident occured.)



海に流れる川があります
Il y a la rivière qui se jute dans la mer.
(There is a river flow into the sea.)



台風が強くなった
Le typhon s'est renforcé.

台風は弱まった
Le typhon s'est affaibli.



あ~あ~むずかしい・・・・・

コメント

No title

早朝よりコメントです。本だったか雑誌だったかで読んだことがあるのですが、「続けるのを止めなければ少しずつ進歩している」みたいな意味の言葉を目にしたことがあります。自分では気づかなくても、ずっと続けているのですから、進歩しているのだと思いますよ!私はNHKテレビのフランス語とイタリア語講座(現在は再放送)を録画して観ています。紀行番組みたいで楽しいです。

続けること

sogno さん 優しい激励ありがとうございます。そうですね。続けてはいるのですが、手応えがなくて、心細くなります。イタリア語とフランス語、両方見ているなんてすごいですね。

すごいなぁ~…

あるばとろすさん、こんにちは!
フランス語の覚書、スゴいですね‼️

実は3月に息子が入院していたのですが、私も一緒に寝泊まりで、とりあえず始めてみた「フランス語100日チャレンジ」が滞りそうだったので、あるばとろすさんのフランス語の記事を見てなんとか続けていました😁

私もNHKのフランス語講座を楽しく見る事からフランス語を始めていますが、あるばとろすさんのお陰で、もうすぐ100日達成するので、私も次の段階に進もうかな⁉️と、先日本屋さんであれこれ買ってきたところです!

ちょうどそんな時に、あるばとろすさんがフランス語の記事を書かれたので、テンション上がりました👍

ところで先週、彩徳さんに行ってきました!あるばとろすさんのお話で盛り上がっちゃいましたよ😁

フランス語

でこぴかさん コメントありがとうございます。息子さんが入院していたのですか?大変でしたね。早く回復するよう祈っています。でこぴかさんもフランス語、頑張っているのですね。励みになります。100日も続けるってガッツがあります。彩徳さんのお話、いつか聞かせて下さいね。

英会話でさえ。。。

アルバトロスさん、久しぶりのフランス語のアップですね!私など、英話で先生と話していても悶絶しそうな程、詰まってしまうこと度々でございます。英語がペラペラなのだから、もう良いではないですかと思ってしまいますが、そうでは無いですよね。英語をクリアした人は、更に他国語を目指す方が多いですね。

マイルが貯まったら、ネイティブイングリッシュの国のスクールに2〜3週間、参加しています。でも、トータルしてまだ一ヶ月半くらいですが。ハワイでバカンスするより、そちらが楽しい。早く、ひとつレベルが上がってひとつ壁を乗り越えられると嬉しいのですが。
アルさんの英語の上の仏語ですから、比べようも無いのですが、アルバトロスさんの仏語勉強、励みにさせていただきます!

海外

想奏さん コメントありがとうございます!想奏さんもひとつひとつクリアして前に進んでいるのですね。「ハワイでバカンスするより楽しい」というのは、何かにチャレンジすることが刺激的なのかもかもしれません。外国に行くのもモチベーションが上がりますね。私はこれまで長いこと海外旅行に行けなかったので、これから出かけようと思っています。ありがとうございます!

再帰代名詞+動詞

イタリア語でもありますよ~
これがネックとも書いていありました。
最終的には接続法という丁寧な言い方ができるようになると上級者のような感じがします。
今のコースではまだ再帰動詞とか出てきていません。そんなのあったな~と思い出しています。自動詞とか他動詞とかもいやですよね。
問題提議があるだけ進んでいるかと思います。
知れば知るほど難しいですよね。
今はイタリア語をとにかく単語並べてでも表現するという初心者です。数字も完全に覚えていないので無意識だとフランス語が出て来てしまいます。
頭の体操を楽しむしかありません。take it easy!

代名動詞

カンカンさん コメントありがとうございます!そうですか。イタリア語にもありますか〜。この形で主語が変わったり、時制が変わったり、疑問形や命令形になるので、本当に大変です。英語でも動詞一語で言うより、get,haveを使った言い回しができるようになるとだいぶ表現力がアップしますね。励ましありがとうございます!

No title

アカデミックな語学教育を受けていない私の話はトンチンカンかもしれませんが 私の場合は好奇心と切羽詰まってとが語学を学ぶ要素かな・・・

父がエアラインの仕事をしていたので何となく海外に行きたいなぁと思ってたし、駐在中の友人からティーン向けの雑誌が送られてきて読みたい一心で(ほぼスラングが多くて日本の英和辞典では役に立たず)

大学卒業時に留学を企てて(一応英国の大学に入学許可はもらった)父の大反対と学費の高さに断念

スウェーデン語も英語だけではちゃんと相手のことが理解できないし何より自分で説明できないと何事も進まなかったので毎晩スウェーデン語学校に行きました(勿論学費はただ)
自分から積極的に会話をするように(一応)努力はしましたし、根がおしゃべりなので ある時から薄皮を剥くようにするすると話せるようになりました(最近は随分怪しく)
羞恥心とかプライドはハードルを高くするようですね

ヨーロッパの人たちにとって語学は日本と違って教養というより生活の一部・道具と感じました何しろ命が掛かってる場合もありますものね

あるばとろすさんはガッツもあるし語学センスもあるので大丈夫ですよ
是非フランスに行かれて実践を!

長々と役に立たない話をしてしまいました

スウェーデン

ゼペットおばさん コメントありがとうございます!お父様のお話、スウェーデンで暮らしたお話、映画のような人生だったのですね。羨ましいです。私は英会話も日本の学校で勉強して、その後勤めた東京の外資系企業の外国人の上司に教わっただけですので、海外での生活に憧れています。スウェーデン人監督のラッセ・ハルストレムの作品はだいぶ見ていると思います。大好きなムーミンはスェーデン語で書かれているそうですが、それを原語で読めてすごいですね。憧れだけで、フランス語も続けています。いつかフランスに行って使いたいと思っています。

とりつかれる?

そこまで夢中になった経験は若い頃はともかく今はないです。
リタイアしてからは、何事も楽しくやることをモットーにしてます。
ただカメラの経験では、一緒に学ぶ仲間がいることと、合同展等への作品提出で自分を追い込むことが成長に繋がるかなと思いました。
学校では語学関係の講座もあるのですが、そのクラスの人達は秋の文化祭で、その国の歌を歌ったり劇をしたりしてました。
短期間で、それはそれで大変だったと思います。
要するに、色んなパターンで親しんでいくことが大切なのかなと思います。




とりつかれる

みどりさん コメントありがとうございます。とりつかれるという言葉を使ったのは、「なぜ自分はフランス語をこんなにお金と時間をかけてやっているのか?」と思う時があるのです。これはまさしくとりつかれているとしか言いようがなかったのです。何事も楽しくやるというのは大事ですね。そして私もどちらかというと自分を追い込む状況を作って取り組むことが多いです。フランス語のレッスンもしかり、和裁の教室もしかりです。一緒に取り組む仲間も大事ですね。ブログを見て下さる方からのコメントにもおおいに元気づけられています。

本を読むという方法

こんにちは。
フランス語、がんばっておられますね!
再帰動詞がやっかいなこと、わかります。
身につまされます。


私は家族の都合でフランス語をやらざるをなくなって
アリアンスフランセーズに通いましたが、
ある時アゴタ・クリストフ AGOTA KRISTOFの『LE GRAND CAHIER』(邦題は悪童日記)を読み始めたら止められなくなって、
辞書を片手に最後まで行きました。
読了後、自分のフランス語の感覚がぐんと広がったように感じたのを覚えてます。

作者がハンガリーの亡命者(フランス語が母語ではない)で、さらに少年の手記という形式の小説だったため、
とてもシンプルでわかりやすいフランス語で書かれていたのがよかったのかもしれません。

一冊の小説には、語学教材テキストとは少し違った
濃厚な世界が広がっていますよね。
そこに浸ってみるのも一つの方法かと思います。

フランスで暮らした時、
小説に出てきた単語やフレーズはとても役に立ちました☺

フランス語

すずよしさん 貴重なアドバイスありがとうございます。フランス語は本だと、会話では使われない単純過去が出てくるのではという恐怖心があり、本は遠ざけていました。そんな本があるのですね。ぜひ読んでみたいと思います。最近フランス映画を見ていると、少しづつ聞き取れるフレーズがありうれしくなります。まだ道は遠いですが、続けようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る