本ぐけは役に立つ


和裁番外編です。



森を歩くのに長袖のシャツが欲しくて登山用品の店に行きました。



登山用の衣類は綿ではなく、紫外線をブロックしたり、乾きが早い特殊加工のポリが主流だそうです。汗で体温が下がるのが危険だからだそうです。



何げなく買った女性用のM。



パッツパツで着れない!



セール品の箱に入っていた一点ものだったので、サイズ交換はできない。



よ~し。直してやる。(くやしい気持ちはすごい力を発揮します。)



shirt cut



袖の下の脇の縫い合わせをときました。余分な縫い代はなく、当て布をするしかありません。



生地屋さんで似たチェックを買ってきました。



シャツのほどいた生地の端と買ってきた生地の端はほつれないように三つ折りにしてミシンをかけました。



machine.jpg



娘の幼稚園バッグ以来だから20年ぶりのミシンです。(下糸を巻いています。なつかしい~!)



shirt ushiro



当て布を後ろから当てて待ち針を打ち



shirt 1



表から本ぐけします。くけると糸が外に見えないので結構いいなとおもいました。



モンベルのシャツで、柄が気に入ったのでどうしても着たい!とがんばりました。当て布の色がシャツの色と少し違うのですが、自分で手をかけた分愛着がわくと思います。



それにしてもどうして登山用のシャツはこのように細身なのでしょうか。ほどいた時に気づきましたが、ウェストがぐっとくれて裁断されています。きみまろさんが笑う中高年のお腹だときびしいと思いました。



がんばって、やせよう。

コメント

やる気のもと

本ぐけがこんなとこで役にたったのですねv-426

今も山ガールがいっぱい? 山オバサンもたくさん
いるだろうに。
ははは、最後の決意?に笑っちゃいましたv-410

No title

お見事ですね。表から見ると、スッキリ!和裁効果がこんな場面でも
生かされてくるって素敵♥ミシンも久々に表舞台に出て来られて喜んでいるのでは?あるばとろすさん、これからこのミシンで色々縫いたくなったのではないですか。

No title

さすが♪「すぐやる課」 i-179
思いついてすぐ行動は見習わなくっちゃです。
本ぐけって結構使えますよね。
あぁミシン…唯一の嫁入り道具は引っ越しで処分してしまいました。
(もう動かなくなっていたもので)
こうして拝見してるとまた欲しくなります〜☆

あるある

何気に買った服がパツンパツン、あるあるです。(笑)
私の場合、肩がきついことが多いので縫い直しは無理です。
よく似た柄の生地、見つかって良かったですね。
和裁の技術、役立ちましたね。
アウトドア用のシャツ、意外と高いので気をつけて買わないといけないのですね。

山ガール

和子おばさん コメントありがとうございます。そうですよね。中高年の山ガールが多いはずなのにね。きっと山に登っている方は自然と体がしまってくるのかもしれません。この体形なんとかしなくてはです。

ミシン

sognoさん コメントありがとうございます。そうなんです。思いがけない場面でミシンが登場しました。ちょっとうれしいです。sognoさんのように思いついたらチャッチャと作れるようになるのが目標です!

ミシン

香子さん コメントありがとうございます。本ぐけって和裁の中で特にハードルが高くて、これまで乗り気でありませんでした。でもこのような使い方があると知って、やる気が出ました。ミシンは祖母のミシンも今回出てきたので、使っていければと思っています。ユザワヤさんに行くと、お裁縫大好きな方が素敵な手作りの服を着ていらしているので、いいな~と思います。デザイナーの仕事も素敵な服を作って、人を幸せにする素晴らしい仕事ですね。

洋服の直し

みどりさん コメントありがとうございます。そうそう登山用の衣類って、ポリなのに高いんです。今回直すことを決めたのも、もとをとらないと!がモチベーションです。脇をほどいちゃうなんて、自分でも自分の行動にびっくりです。きっと針を持つ癖ができていたので、なんとかなるかもと思ってしまったようです。洋服の直しなんて、これまではお店に持っていくことしか考えていなかったのですよ。人間、ここまで変わるかと驚きます。それにしてもこの補正、横から見ると笑っちゃう姿ですよ!100年の恋もさめます。

No title

こんばんは♪
羽織の幅伸ばしのような感じを 本くげっていうのかしら

手がかかる分 愛着がわきますよね  

羽織

木蓮さん コメントありがとうございます。見た目は羽織のまちの部分と似ていますが、きっと羽織の方はぐし縫いだと思います。まだよくわかっていませんが、くけは縫い代の始末とか力がかからないところに使うような気がします。でもちょっと羽織に似ているのは嬉しいです。

No title

あるばとろすさん
洋服までお直し出来るんですね
すごいです~
和裁の技術が役にたったのですね♪
最近は細身のシャツ多いです・・・
私も痩せないと・・・(笑)

パッチワーク

アルバトロスさん
色違いのチェックがまたいいですね。同じ布より
面白みが出ていて素敵。私のミシン、また調子が悪い。手縫いのほうが最近は早いくらいです。

洋裁

桃ママさん コメントありがとうございます。洋裁だなんて、全く適当にしているだけです。恥ずかしいです。その状態でミシンを出しただけでも進歩と受け止めています。なんでも前向きに取る性格で突っ走っています。笑って下さい。

ミシン

紫苑さん コメントありがとうございます。私も手縫いの方が楽そうと思う場面がありました。布を重ねて厚くなるとミシンが動きません。そういう時手縫いがある!というのは嬉しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る