自由が丘のお店

同居している高齢の姑が病院から退院してくるので、しばらく外出できないかなと思い、退院の前の日に(!)自由が丘に一人で行っていきました! ここは昨年にお友達と一度訪ねたことがあるのですが、女性のご主人の着物の知識が忘れられなくて気になっていました。


和衣布さんといいます。


駅前の自由が丘デパートを通り抜け、ひかり街も通り抜け、ひたすらまっすぐ行きます。ロールケーキで有名な自由が丘ロール屋さんの手前です。ロールケーキを買った帰りに寄ってもよいかもです。


こちらはリサイクルショップとしては少し高めですが、それには訳があります。まず良いものをご存知ということ。それから古布再生に力をいれていて、仕入れた着物をチェックし、洗うだけでなく、古くなった胴裏、八掛をまっさらな絹に替え、悉皆を徹底してお店に出しています。 一枚一枚が透明な袋に入っていて、よい着物を再び美しくよみがえらせて、新しい人に渡すというミッションに取り組んでいます。


平日の昼間に伺いましたが、こちらのお店の内藤勝美さんと心行くまで着物談義ができてうれしかったです。出てくる話題が、白洲正子、浦野理一、池田重子、伊藤若冲、篠田桃紅と話がつきません。お店の着物や帯を見せていただき、触らせていただき、説明をうかがっているだけで、着物の知識がぐーんとあがります。本物を見ることができるからです。


ずっと探していた久米島紬に出会いましたので、購入しました。久米島だけでもいろいろありました。こちらはオーソドックスですが、他にも素敵な色合いの2枚目の久米島紬によい着物もいろいろあって、めまいがしそうでした。


kumejima.jpg


さて、この紬に合わせる帯として、内藤さんの一押しはこの帯でした。


Rakufurin yoko



京都の洛風林の帯です。岡山のきものやさんのたかはしさんのHPに洛風林について詳しく書かれています。



白洲正子に通じる粋さがあります。



他にもいくつか出会いがありましたが、それはまたいつか・・・・ 和衣布さん、おすすめですよ。


着物スタイリストの大竹恵理子さんのブログに和衣布さんについてすばらしい記事が載っています。


姑は退院後調子がよいので、昼間のお出かけはできそうです!よかった!

コメント

出会い

また素敵なお着物との出会いがあったのですね😊
欲しかった着物や帯に出会うとテンションがあがりますね。
この帯あるばとろすさんにきっとお似合いです👍
また着姿を楽しみにしております😊

お姑さんも調子が良く昼間だけでも外出でき良かったですね、

出会い

梨Rinさま
ありがとうございます!はい、やっと出会いました。もう一枚!本塩沢もあったのでまたいつかご報告しますね。呉服屋さんで新品を買うといいものは高くてとても買えませんが、リサイクルだとなんとか手が届きます。リサイクルでもこうして丁寧に再生しているお店はめずらしいと思います。関東ではTokyo135°とかたんす屋系列のお店がすごい勢いで増えています。少し着物ブームかもしれませんね。

再生

こんばんは。
良いものなんだけど手入れに費用がかかりすぎて処分してしまう・・・。着物にはそういうことが多いです。
お店が良いものを仕入れ、きちんと手入れして甦らせるって、なかなかないと思います。
そうするには知識だけでなく、色んな意味で目利きでないといけないから。
でも和衣布さんはそういうお店なんですね。
良い出会いだったんですね。
東京は密かな着物ブーム。良いですね。

お姑さんも調子が良さそうで良かったですね。

おはようございます♪
目の保養させていただきました 
洛風林 シンプルですが すごく粋な帯なんですね 
勉強になりました 
こういう着物の知識以前行っていた 白鳥庭園の着物セミナーで 聞いてました
講座が 午後の部がなくなってしまったので 行けなくなってしまいました 
手は出ませんが 知っておくだけで 上品な着こなしができそうですわ 

ぜひ この装いをしたところ 拝見したいですわ
がんばって見せてくださいね 

アルバトロスさんの姑となると かなり高齢ですね
あと何年しかと思えば 何かの思い出を今のうちに作ってあげてくださいね 

私も 昨年亡くなった 義母を思うと 少し後悔を残してしまいました 
ゆるゆるがんばりましょう(*^▽^*) 

はじめまして。
こちらの記事で和衣布さんを知り、昨日伺って、つい花織を衝動買いをしてきました。全部綺麗に手入れをして出されているし、マイサイズへの仕立て直しもして下さり、とてもいいお店でした。ありがとうございます。
店主さんから、お店を誰から聞いたのか、と尋ねられましたので、こちらのブログをお見せしましたら、驚かれていました。
遡って記事を読ませていただきましたら、もしかするとご近所かもしれません。素敵なお着物姿をお見かけできるのを楽しみにしております。

再生

みどりさま
ありがとうございます。本当にこのように上物のアンティークの着物を丁寧に再生しているお店は少ないと思います。着物への愛が伝わってきますね。e-265

木蓮さま
ありがとうございます。このように本物を見ていると、安いリサイクルショップに紛れている上物を見つけることができますよ。内藤さんからお話を伺うだけでも着物講座を受講しているようでした。
白鳥庭園の午後の講座が復活するとよいですね。
義母は食事をおいしいおいしいと食べてくれます。介護していると自分の老後の人生(すでに老境ですが!e-454)をどのように過ごしたいか考えさせらます。

はじめまして

ponkichiさま
ありがとうございます。さっそくお店を訪ねてくださったのですね。ブログが着物文化に少しでも役立ったようでうれしく思いました。素晴らしい着物、帯の数々だったでしょう!私はやわらか物はあまり着ませんが、その方面の着物も見だしたらきりがないように思いました。着物は美術品だな~と思いました。ご近所でしたら、お出かけしたいときに遠慮なくお声かけ下さいね~!

No title

久米島絣すてきですね!
若い頃に久米島行った事があるのですが、その頃はミーハーな女子だったので、海水浴ばかりでした。
この歳になって沖縄を訪れると、まったく違う物が見えてきそうです。
奮発して買った首里花倉織の着物や花織の帯の工房、宮古上布(母から譲られた)の工程見学など心が躍りそうです。
紅型も好きなので、やはり琉球ごのみなのかもしれません。
いい物をたくさん見るのは心の栄養ですね。

久米島紬

さちりんさん
ありがとうございます。久米島紬は真綿から糸をつむぎ、染め、手織り、「きぬた打ち」という仕上げまで一貫して一人の手作業で行うそうです。そう思うとありがたい気持ちでいっぱいになります。いつか久米島に行ってみたいです。宮古上布までお持ちとはラッキーですね。今は織手が少なく高嶺の花です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。米国系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。東京近郊、八ヶ岳南麓、三浦半島に出かけています。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。お好きなカテゴリだけでもお読みいただければ幸いです。コメント大歓迎です。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

ページの先頭へ戻る