横須賀美術館

三浦に来ています。前から来たかった横須賀美術館に行って来ました。




写真はホームページから拝借しました。



設計は海外のコンペで数々の賞を取っている山本理顕設計工場です。こちらに関連サイトが見れます。



全面ガラス張りの明るい美術館です。向かって左手にあるウィングが谷内六郎館です。


目の前が海です。(この日は雨でした。)



yokosuka bijutsukan



ここで今開催中なのは、「美術でめぐる日本の海」と「へんなあみもの 203gow編んだ~わーるど展」です。



「日本の海」も海をテーマにした作品を色々集めて良いのですが、「編んだ~わーるど」が最高によかったので、ご紹介しますね。



作っている人はこんな方!^_^






うれしいことに作品の撮影がOKです。



海のいきもの







タコがお出迎え!







ダイビングする人は、あるある~と分かる、岩を覆う極彩色の海の(植物のように見える)いきもの






ダイオウイカみたいなのもいます。



次は山のいきもの







鹿かも。もののけ姫を思い出します。







子どもが作品と一体になっています。






これはなんでしょう?わからん😄






階段までいたずらしています。



なんでも編み編みしてしまうんですね。



別室では日常よく使う小物も編み編みしていて、笑ってしまいます。チャッカマンとか。😅



楽しくて、超おすすめですよ。



別館は大好きな谷内六郎の作品を集めた谷内六郎館です。



晩年、横須賀にアトリエを構えていたそうです。



紹介サイトはこちらです。


作品がたくさんあるので、定期的に展示替えをしているとのことです。



「流れ星の記憶」という作品です。






谷内さんの絵は見ていて、ホッとします。

コメント

海辺の美術館

お天気が悪くて残念でしたね。
眺めのいいレストランでの食事も
気持ちがいいです。

2012年の11月に初めて鎌倉に住む友人と
行きました。昨年5月にも小学校の同級生と行きましたが、
さくらももこ展で楽しい企画でした。

最初に行った時のブログで晴れた時を
よろしければご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/kankan1012/d/20121116

美術館

カンカンさん コメントありがとうございます。できてもうそんなに経っているのですね。知りませんでした。(できた平成16年を西暦で勘違いしていました!)カンカンさんのいらした時はお天気だったのですね。ここからタンカーや客船を眺めるのは最高ですね。またお天気の良い日に行きたいと思います。

No title

谷内六郎さんの絵が大好きなんです。
本も二冊もっています。
編み物の方、斬新ですね!ユニークだわ~
海辺の側の美術館なんて、ロケーションに
痺れました。いつか訪れたい美術館です。

谷内六郎

sognoさん コメントありがとうございます。昔、若い頃、宮城まり子さんの活動に共感して彼女の本をよく読んでいました。その中で、園の子どもたちに絵を教えに谷内さんがよく園にいらしていたと聞き、それから谷内さんの作品を見るようになりました。普段の生活にあるなにげない風景を優しい目で見ていますね。美術館では、各絵に谷内さんが書かれた「表紙の言葉」も一緒に展示されていて、さらにいいです。いつかお天気の良い日にいらしてくださいね。

No title

かっこいい建物 (*^▽^*) 
ウイングがいいですね 

中身が  海の生き物 編み物展示
子どもが喜びそう (*^▽^*)

タダ プロフィールの写真が 危ない人に見える

こんなところで お食事もできるといいですよネ
併設のカフェでも あるのかしら?

美術館

木蓮さん ありがとうございます!ここには海を見下ろすレストランがあって、評判良いようです。また天気の良い日に来ようと思います。😊

ほほぅ

こんちゃ^^活動的なお姉さまの若さに感心いたしまする。
この作品は編んであるんですね。
海の生き物が面白いっすねー。

ちなみに、あるばとろすさんが「なに?これ」した
動物はオイラも「なに?これ」宇宙人???

下の階段のは左がマンボウで右のがヤドカリのように見えますだす。アハハアハハ 楽しそう♪
作者のプロフ写真、たしかに怪しいシトだぁ^^

美術館

ミケさん コメントありがとうございます。編み物の作品が美術館にというのがそもそもうれしいですね。またこの方の発想の自由さが型破りでとても気持ちがよかったです。これにインスピレーションを受けてまた新しい世代が育っていくと思いますよ。魚河岸シャツの展示会なんかもあったらインパクトありそうです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る