祖母の浴衣

ブロ友さんからうれしいリクエストがありましたので、今日は祖母が遺した浴衣を着ました。



この浴衣は今年2月の拙ブログの「着物のちから」でも一度紹介していますが、着姿をアップするのは今回が初めてです。



yukata ai mae



yukata ai ushiro



yukata ai obi



帯も祖母の帯です。白の紗で萩が透かし織りになっています。



この祖母の浴衣は藍染で綿なのですが、非常に薄く、シャリ感があります。全体に藤、梅、松、その他が細かく染められています。綿紅梅のようなワッフル感はなく、全体が薄い生地なので、これが何なのか分からず、これまで何人もの方に、これはなんでしょう?と聞いていましたがどなたからも明確な答えがなく分からずじまいでした。



今日、友人とらくやさんのセールに行った(それは、また後日報告しますね!)帰りに、足をのばして、日本橋小舟町の「竺仙」さんの本店に行ってきました。ここなら、きっと、この浴衣がどのように織られて、染められているか、分かるのではと思ったのです。



chikusen mise



創業が天保年間のお店、竺仙です。172年の歴史です! わくわく!



戸を開けて、浴衣を見に来ましたとお伺いしたところ、狭い階段を上がって、2階の和室に通していただきました。



chikusen heya



浴衣の反物が整然と並んでいます。



勤続40年以上のベテランの方にご対応いただきましたが、ここでまず、「私の着ている浴衣は祖母の物ですが、これは一体どのような浴衣でしょう?」とお伺いしました。



すると、これは綿紗ですが、このように細い糸で織ったものは、今はもうほとんど作っていないとのことでした。そして、染は長板中形で、今これを作れる染物屋さんは2軒しかありませんとのことでした。



長板中形(ながいたちゅうがた)とは
藍一色による染めで、6.5mほどの長い板に木綿の白生地を張りつけ、順々に型紙を置いてへらで防染糊をつけます。乾燥したら、表の模様とぴったり重なるように、生地の裏面の同じ位置に型紙を置きます。型を写し終えた生地を藍甕に入れて、一気に染め上げます。染め上がった着尺の表裏に同じ模様が白く抜け、透けて見えているかと思うほどの、とても精密な柄合わせがなされています。この技法は熟練した技が必要で、重要無形文化財に指定されています。
(きもの用語大全より)



竺仙の方のお話では、表と裏に型染めの型の糊を置くのですが、それが表裏ちょっとでもずれたらだめなので、とてもむずかしいとのことでした。この祖母の浴衣はとてもよいものですと褒めていただきました。



これは、背中心の裾の裏のところの写真ですが、表と全く同じ柄です。



yukata ai ura



透け具合はどうかというと、こんな感じです。分かりますでしょうか?



yukata ai sukeguai



長い間疑問に思っていたことが、竺仙さんで解決しました!せっかくお邪魔したので、来年用に一枚注文してきました。



竺仙さんと言えば、万寿菊に代表されるような菊が有名ですね。



先月、藍の有松絞を買ったので、白系のおすすめはありませんかと伺ったところ、一つご紹介いただきました。(購入手続きは、先ほどの建物のお向かいのビルにある事務所でご対応いただきました。)



事務所で他の有名な菊の浴衣生地も見せていただきました。購入したのは一番左端の物です。



chikusen kiku



お店の外では偶然、小川社長にお会いできましたので、一緒に写真を撮らせていただきました。社長も浴衣を褒めて下さり、いいものを見せていただきましたとおっしゃって下さいました。



chikusen shacho



社長はじめ、竺仙の社員の方は、皆さん礼儀正しくて、とても明るいです。浴衣の老舗と聞いて、もっと入りにくいかと思っていましたが、全然大丈夫です。担当の方にいろいろ教えていただきながら、浴衣を選びにいらっしゃいませんか?楽しい訪問でした!

コメント

No title

いやあ、素晴らしい記事を読ませて頂きました!
まずは、眼福の浴衣。これがホントに浴衣?驚き
です。職人さんの仕事ぶりにも脱帽ですね!
そしてお店の方との交流。なんだか一気に敷居が低くなりました。
気軽にのぞかせて頂きたくなります。
以前雑誌「和楽」の付録だった万寿菊のバッグ、
いまでも愛用しています。浴衣の柄でもあったのですね。
色々勉強になりました。ありがとうございます!

日本の技はすごいっ!

綿紗っていうのがあるんですね。
昔からの~途絶えてしまいそうな~技は
すごいですよねえ~

もちろん追求したあるばとろすさんも
すごいし、それにかの有名な笠仙さんは
こんなお店なんだ。

浴衣

素敵な浴衣ですね♪
やはり、良いものは
年月を経ても変わらず良いのですね。
長い間疑問に思っていたことが解決して、
来年用の浴衣まで~♪
あるばとろすさん、楽しみですね。

由来

お祖母様の浴衣の由来がお分かりになり良かったですね。綿紗、初めて知りました。
やはり昔の物は素晴らしい❗️また一層愛着が湧きますね。
そしてこの浴衣あるばとろすさんに良くお似合いです。
竺仙の浴衣お店に伺いいい物を沢山見れて羨ましい限りです。
お仕立て上がりが楽しみですね。

引き継がれるもの

素敵な浴衣を見せていただきありがとうございました。
まるで夏のお着物ですね。帯も帯締めもぴったりです。
昔のものを着ていくとお店の人に驚かれることがあります。
それだけ今はもう技法もなかったりするのでしょうね。
大切にしたい昔の着物です。
アルバトロスさんのようにゆったり着られるようになりたいです。

長板中形

着付けで知り合った方が松原染織工房で長板中形の染を
習っていて、企画展のお知らせをいただきました。
今思い出して案内を見たら、8/26-10/29と
長い期間やっているからと安心していたら4回も
入れ替えがあることになっていました。
郷土資料室企画展「八十翁松原與七、藍に生きる」
長板中形・藍形染のわざと美
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e_bunkazai/oshirase/aa12001020160726084714554.html
とても素敵な藍染です。

竺仙

sognoさん コメントありがとうございます。竺仙さんについては事前に調べないで、いきなりお伺いしました。開いててよかったです。人形町からGoogle Mapで10分くらいでした。とても居心地のよいお店でしたよ。

綿紗

和子ねえさん コメントありがとうございます。綿紗というそうです。最近は綿紅梅、絹紅梅が多く、このような布は少ないようです。

浴衣

桃ママさん コメントありがとうございます。祖母の着物を整理した時、これを自分用に取っておいてよかったです。着物の知識がゼロの時だったのですが、この浴衣には何か特別な美しさがありました。

竺仙

梨Rinさん コメントありがとうございます。祖母の浴衣がそのようなものだったとは、びっくりです。大事に着ます。竺仙さんの浴衣はネットでも手軽に買えますが、その道何十年の従業員の方から伺うお話はとても楽しいものでした。

祖母の浴衣

カンカンさん コメントありがとうございます。着物にかかわる方にお会いする時に、着物を着ていると話がはずみますね。出先でも知らない方から、時々声をかけられます。それでお友達になってしまった方もいます!着物のちから、すごいです!ぜひ一緒に着ましょう!大丈夫、だた着ればいいんです。着れば着るほど上手になりますよ。!(^^)!

松原染織工房

カンカンさん 松原染織工房の企画展の情報ありがとうございます。ぜひ行って見ようと思います。長板中形を調べていた時に松原定吉さんのお名前がよく出てきて、興味を持っていました。カンカンさんのお友達のネットワークすごいですね!

No title

綿紗は以前はよく着られていたのですが昨今は本当に少なくなりましたね
亡母はコーマや綿紅梅の浴衣は暑いから好まないとよく言っていたことを思い出します
両面染の竺仙の浴衣は父が愛用していました裾が翻った時同じ柄見えるのがお気に入りだったようです
私も夏の着物は上布など麻ものが主で浴衣は着ることは殆どありません
竺仙さん以前は小売されてなくて、墓参りの時根津のご自宅の前を通るたび「ああここで買えたら」と
松原工房のご主人はとても楽しい方ですよ
学生時代研修でお会いした時はロングヘアーのイケメンでした
すっかり長々とおしゃべりをしてしまいました

長板中形

ゼペットおばさん 貴重なコメントありがとうございます。お父様やお母様のまわりにいつも着物があったのですね。暮らしの中の着物が本来の姿ですね。竺仙の方は、この祖母の浴衣は竺仙の染ではないとおっしゃっていたので、松原染織工房でまた少し分かるとうれしいです。渋谷の交差点で盆踊りがあったり、若い人にも着物の楽しさが伝わってゆくとうれしいです。

遅れてしもうたドテッ

あるばとろすのお姉さま、キャアキャアキャア(とち狂ってまった)
見たい、見たいと催促して せっかくお召しになった画像を載せてくれたのに気が付かず この体たらく。。。。すんまそん。

いんや~浴衣には見えませんにゃ。綿紗っていうんですにゃメモメモ
半衿に白足袋で着るのが相応しい逸品どすどす。
やはり長板中形でしたか。本とか呉服屋さんで反物を見せてもらったことがありんす。
渋かっこいいーー。大事に着てくださいまし♪

浴衣は藍が一番っすね。日本人によく合うーー

祖母の浴衣

ミケさん コメントありがとうございます。ミケさんにお尻をたたかれて、祖母の浴衣を着たら、このような展開になりました。おかげさまで謎が少し解けてきましたよ。ありがとうございます!😊着物の職人の方々とお話しするのは、とても楽しいです。こちらが無知で恥ずかしい質問しても、優しく答えて下さいます。老舗の風格がありますね。

お願いがありーの♪

あるばとろすのお姉さま、オイラがお姉さまの尻を
叩いた?失礼ぶっこきました。

ついついおっかない顏した猫もどきが、お姉さまの
オケツに「ごらぁ~浴衣姿、はよ見せんかぃ~」と
紙バットでシバいてる場面を想像しちまいましたキャハ

ところでオイラのブログにも こちらの逸品画像を
載せても構いませんか?ゴロゴロニャゴニャゴ←媚びておます。
生地のアップとあるばとろすさんの後ろ向き着姿。

もちろんお顔が載ってるのは載せません。

目立たぬように 追加で載せたいのでやんす♪オイラのコメ欄のカキコミは少ないですが見に来る人は結構いるので ぜひ お姉さまの素敵な浴衣を拡散したいのであります。お返事まっておます。にゃお~~ん。ぺこり。

浴衣

こんばんは♪
素敵な逸品でしたのね 
いまじゃ 手に入らない すごいもの
歴史ある 浴衣なのね 
着物の知識がないときでも 惹かれるものってあるんですよネ
それって きっと 縁があったのですよ
でも すごい勇気ですね
何なのか 知りたいのもあり 竺仙まで お出かけ
名前は存じておりましたが ここですか 
ほーーーー 竺仙さん本店 羨ましい 
次の浴衣ご購入 良いですね
これも きっといいものなので 引き継ぐべき人がうて おばあさまも喜んでいますね 

また アルバトロスさんが この年代だからこそですね
きっと もっと20代とかでは 好みが違いスルーしていたかもですもの 

帯の透かし萩 銘品ばかりですね 

ありがたい おばあさまですわ  

遊びに参りました♪

あるばとろすさん、こんにちは☆

あ~、素晴しい浴衣ですね!!

すっきりした着付けがさらに浴衣の優美さを演出していますね。

ほど良い透け感が絽にはない大人の落ち着きがあってとっても素敵です。
私、そう言うヒッソり大人の和装みたいな感じが大好きです。

「長板中形」初めて聞きましたが今では織って下さる方も少ない貴重なモノなんですね~。

私もそう言った貴重な和装品、先祖から譲って頂きたかったはぁ~・・・・
とは言え、ウチの一族の女性は皆、背がとても低いから譲ってもらっても着れないかなぁ~(泣)

浴衣

ミケさん あの着物を着た着姿が見たい!とリクエストされるのは、とても嬉しいんですよ。特に暑い夏は、着物でも浴衣でも、着るのにエネルギーがいります。ミケさんのお陰様でこの浴衣を着て、さらに竺仙さんに押しかけるという事態に発展できました。ありがとうございます😊私の写真どうぞお使い下さいね。お役に立てれば、嬉しいです。

祖母

木蓮さん コメントありがとうございます。祖母の着物を引き継いで、すこしづつ分かってくると、手元に残ったこの着物がどんなものか知りたくなりました。今となっては無理な話ですが、生前、祖母と着物談義がしたかったと思います。👘

浴衣

Rinzuさん コメントありがとうございます😊 私も今回初めて長板中形について知りました。歴史を知ると、なおさら愛着がわきますね。

うれぴー

あるばとろすさん、快いお返事ありがとうございます。でゎ次に日記を更新する際に画像をお借りいたします♪

実は、お返事をもらう前から画像を勝手に保存しちゃっておりましたボソッ
こんな女でございます、ぺこり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る