オオハム 三浦

三浦半島にオオハムが来たという知らせを受けたので、日帰りで行ってきました。



オオハム(Gavia arctica、アビ目アビ科) 北ヨーロッパ、シベリアで繁殖。日本では冬鳥として、九州以北の沿岸に飛来。



どうしてこの鳥が特別かというと、普段外洋で生活しているので、日本沿岸で見れたとしても遠くからの観察となります。三浦でも毎年冬鳥として観察されているそうですが、渡りの季節のこの時期にこのように近くで見れるのは大変珍しいそうです。



かけつけると、目の前にいました。この日は晴天だったので、海が青く映ります。



nagai mini



4 mini



冬羽です。いつかシマシマ模様の夏羽も見てみたいです。



6 mini



5 mini



英名がBlack Throated Diverというだけに、潜るのが得意です。時々おおきな足を伸ばして、ピロピロとゆすりながらプカプカ浮いていました。



bata mini



オオハムはアビの仲間ですが、北アメリカにはCommon Loonというハシグロアビが海だけではなく湖沼などでも見られます。



1980年代の古い映画で「On Golden Pond(邦題 黄昏)」という映画があります。湖畔の別荘を舞台に、人生の黄昏を迎えた老夫婦とその娘、彼女の結婚相手の連れ子の心の交流を描く名作です。キャサリン・ヘップバーン、ヘンリー・フォンダ、ジェーン・フォンダがそれぞれがすばらしい演技をしています。



Youtubeに映画の抜粋がアップされていました。



この映画の中で、老夫婦のコテージの豊かな自然をあらわす背景として、アビが使われています。アビの声は独特で、知らない人は、これがとても鳥の声とは思えないでしょう。オオカミの遠吠えのようにも聞こえます。アメリカでアビの声は、自然の雄大さを象徴するものとしてよく使われます。私は昔、その声を収録したカセットテープをアメリカみやげとして大事に持っていました。



YoutubeでVoices: Common Loonという解説サイトがあったので、ご興味のある方は、その声を聞いてくださいね。



今回、オオハムがどのような声で鳴くか、聞くことはできませんでしたが、たった一羽!来てくれたおかげで、とても幸せな一日を過ごすことが出来ました。

コメント

オオハム

あるばとろすさん、こんばんは

昨日は楽しい時間をご一緒出来良かったです。
オオハムきれいに撮れましたね。
次は何が来るかワクワクします。
涼しい風が吹き出すといろんな鳥がやってくるので
楽しみです。
またご一緒できればいいですね。

オオハム

なずなさん 昨日は久しぶりにお会いできて嬉しかったです。思い切って出かけて行ってよかったです。念願のオオハムに会えました。あんなに静かに鳥を見ている時間って、とてもいいものですね。なずなさんにまたお会いするのを楽しみにしています!^_^

出会えてよかったね!

いや~ オオハムというから、大きいハムかと
思いましたが・・・

「黄昏」のオオハムは夏羽で可愛い模様!!
映画も素敵。

鳥を追い、会えたり会えなかったりでしょうけど
なんとなく小さなことに一喜一憂しないで
いられそうですね!

オオハム

和子ねえさん コメントありがとうございます。ホント面白い名前ですね。広島では昔アビ漁というのがあってアビが追い込んだイカナゴを追ってくるタイなどを一本釣りするアビと共存する漁があったそうです。その頃はたくさんいたそうですが、最近は少ないようです。

No title

こんばんわ。
ほんとうにフットワークが軽いですね。
あのカメラも優れもので、鳥さんのかわいい目が
撮れていてすごいです。すごく遠くなんでしょう?
On Golden Pond いい映画でしたよね。
フォンダ親子の現実とシンクロしそうな映画でした。
音楽も映像もキャサリン・ヘプバーンの演技も素晴らしかったです。
ちょっとタイプが違うけれどそのころ見たたか
忘れたけれど「八月の鯨」と言う映画も好きでした。

フットワーク

カンカンさん おはようございます!鳥は知らせがきた時に行っておかないと、今度いつ会えるかわからないので、とりあえず行きます!😊P900は手軽で良いですが、やっぱり画質はデジカメ一眼レフに軍配が上がります。鳥仲間を見ていると400ミリか600ミリのレンズにコンバータで倍率を上げている人が多いですね。でも重いし、お値段が何十万ですので、今のところ私はこれで十分かなと思っています。オオハムはとても近くに来てくれたんですよ。動作がホントに可愛いかったです。ラッコのようなペンギンのような。💕八月の鯨は見ようと思って見てないような気がします。あの頃の映画は名作が多いですね。

野鳥

オオハム? 鳥の名前という事も、もちろんその姿も全く知りませんでした。
そんな鳥音痴な(どちらかと言うと苦手な😰)私でしたが、あるばとろすさんの鳥loveなブログを拝読しているうちに鳥が少し身近になっていたのでしょうか。
気がつくと鳥の囀りに耳を傾けていたりして😄🎶
透明で美しい声や “息継ぎしなくて大丈夫?”
と思う程長く続く囀りなど、結構楽しませてもらってます💕

自然

yukamさん コメントありがとうございます。鳥は自然のバロメーターです。鳥をみるのも、花を見るのも、昆虫をみるのも好きです。動物にも会いたいけれど、なかなか会えませんね。私の写真で自然への関心が高まってくれればこんなうれしいことはありません。e-266

No title

オオハム、アビ・・・今まで皆無だった鳥の知識が
段々増えていきます。嬉しいなあ、感謝感謝。
そして映画「黄昏」、カンカンさんが挙げて下さった
「八月の鯨」、どちらも素晴らしい映画ですよね。
「八月の鯨」は岩波ホールで見た記憶があります。

アビ

sogno さん コメントありがとうございます。私はアメリカには30年前、旅行で一回、2週間くらいしか行ったことがないのですが、その時にアビの声を聞きました。その時の北米の旅が忘れられません。向こうの森は針葉樹の強い匂いにつつまれています。夜カナダ雁が家の上を飛ぶとその羽ばたきの音が聞こえます。映画が撮られたのは、そんなところだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る