祖父の和食器  秀衡塗

吉祥寺の魚屋さんで活きがいいいわしが買えたので、星岡日本料理講習会でならった「つみれ椀」を作ってみました。頭だけ取ったものを買ってきて、三枚にして、皮を取り、骨からも身をスプーンでとりました。ぷりっぷりのいわしでした。まな板の上でたたきました。(荒かったのでもっとたたいた方がよかったかもしれません。)すった山芋、卵白、西京味噌、小麦粉、出汁、塩を入れて丸めて沸いたお吸い物に落として仕上げましたが、...

続きを読む

水月窯 帰雁図

祖父の和食器でこの季節を待っていたものがあります。本来の箱がなく、手書きで銘がありました。水月窯 帰雁図水月窯といえば人間国宝の荒川豊三さんの窯です。箱はありませんが裏印があるので正しいと思います。このお皿をみているだけで、秋の雁行を想い、北の方に出かけたくなります。日本で越冬する雁鴨白鳥を見るのに有名なのが宮城県伊豆沼です「日本野鳥の会もりおか」から画像お借りしました。森鴎外の時代までは東京でも...

続きを読む

祖父の和食器 今右衛門の皿

ブログのPC版のテンプレートを変えました。今までの猫ちゃんのテンプレートを、記事が折りたためるように修正したかったのですが、できませんでした!折りたたみがついている他のテンプレートにしてみました。(記事の一覧が出ているページで、一番下によくある「過去の記事にさかのぼる矢印」がないのですが、マウスを下の空間に移動して、右側でクリックすると、さかのぼれるみたいです。すごいけど、わかりにくい・・・)私の...

続きを読む

祖父の和食器  酒器

ブログ友達の木蓮さんからリクエストがあったので、祖父の酒器をご紹介しますね。祖父の好きだった六兵衛窯のお銚子と酒杯です。染付の色がいいですね。 どんなお客人と杯を交わしたのでしょう。もうひとつ、こちらは志野です。美濃焼の加藤景秋さんの杯だそうです。おなじ杯でも全然雰囲気がちがいますね。お酒の好きな人はこの酒はこの杯でというのがあるのでしょうか?ススキムラサキシキブ秋の草花が咲く夕べに、しっとりとお...

続きを読む

祖父の和食器

祖父の和食器で綺麗な長方形の皿がありました。ちいさい共皿はなかったので、焼き魚でもいいし、いろいろなものに使えるように作られたのかもしれません。長方形波文皿小淵沢のスーパーでめずらしいホワイトアスパラがあったので、ゆでました。Cookpadのぽぽたんこぶさんのドイツ風レシピで作りました。水に砂糖、塩、バター、レモン(なかった)を入れて水から沸騰後10分ゆでます。ぽぽたんこぶさん、ありがとうございます。おい...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る