祖父の和食器  酒器

ブログ友達の木蓮さんからリクエストがあったので、祖父の酒器をご紹介しますね。祖父の好きだった六兵衛窯のお銚子と酒杯です。染付の色がいいですね。 どんなお客人と杯を交わしたのでしょう。もうひとつ、こちらは志野です。美濃焼の加藤景秋さんの杯だそうです。おなじ杯でも全然雰囲気がちがいますね。お酒の好きな人はこの酒はこの杯でというのがあるのでしょうか?ススキムラサキシキブ秋の草花が咲く夕べに、しっとりとお...

続きを読む

祖父の和食器

祖父の和食器で綺麗な長方形の皿がありました。ちいさい共皿はなかったので、焼き魚でもいいし、いろいろなものに使えるように作られたのかもしれません。長方形波文皿小淵沢のスーパーでめずらしいホワイトアスパラがあったので、ゆでました。Cookpadのぽぽたんこぶさんのドイツ風レシピで作りました。水に砂糖、塩、バター、レモン(なかった)を入れて水から沸騰後10分ゆでます。ぽぽたんこぶさん、ありがとうございます。おい...

続きを読む

祖父の和食器

お気に入りの湯呑があります。これは箱もないので、窯の名前も分かりません。志野でしょうか?ねずみ志野とか?女性の手のひらに収まるくらい小ぶりで、薄いです。だからほうじ茶などを入れると熱くてもてません。裏には八の字か富士山のような印があります。...

続きを読む

祖父の和食器 色絵菜花 桔梗

今日はちょっとうれしいことがありました。ブログで祖父の和食器をアップしていますが、こちらをご覧になった方が、似たようなお皿を使っていらっしゃって、いろいろと思い出してしまったというコメントをいただきました。実は、祖父の和食器をブログで公開するのを初めは迷いました。くだらない自慢話と思われたくなかったのです。でも、やきものが好きだった自分が、祖父の和食器をはじめて見た時に、これは素敵だな~、今どきの...

続きを読む

祖父の和食器 南蛮手

祖父は南蛮手と呼ばれる、茶色の素焼きっぽい食器が好きだったようです。こちらは鮎皿という名がついた南蛮手です。今回は三浦の市場で買ったむつの干物を焼きました。これには共皿がついているので、こちらにはたで酢をいれるのでしょうか?平安萬珠堂というところで買ったようです。この皿でお刺身を出せばいいのでしょうが、一人分この皿に合うぐらいの刺身を買うと、予算がオーバーするので、なかなか刺身皿では使えません!安...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る