着物で星岡日本料理講習会ー9月

今月はこちらの掛け軸でした。講習会のあった日の前日が、9月9日だったので、菊の節句である重陽の節句でこの歌が選ばれたのかもしれません歌は平安時代の和漢朗詠集の歌です。(家に帰って調べると、毎回勉強になります。)わがやどの菊の白露今日ごとにいく代たまりて淵となるらん星岡のご亭主がこのようになんと書いてあるかわかるように、書き出してくださいます。わが宿の菊に置いた白露は、この重陽の節句ごとに幾代の間つ...

続きを読む

北海道

北海道で、南西部の胆振(いぶり)地方を震源とする最大震度7の地震が起きました。亡くなられた方、自宅や地域に甚大な被害を被られた方に心からお見舞い申し上げます。これは、震災前の航空写真です。ほんの数ヶ月前の6月の、私たち夫婦にとって40年ぶりの北海道の旅で、この苫小牧の街に降り立ち、襟裳岬をめざして海岸沿いを東に向かって走っていました。苫小牧の隣にある勇払原野です。鹿の親子にも出会いました。原野で一...

続きを読む

6月の北海道の旅 最終章

今年の関東の夏の猛暑にへばり、6月の北海道の旅をなつかしく思い出しています。こちらの報告も最終章になりました。北海道の摩周湖や美しい湖をあとにして、オホーツク海へ抜けました。ここは、流氷で有名な町なのですね。6月でも街の中に活気を感じました。いつか流氷の季節に訪れたいと思いました。北海道のオホーツク海沿岸には、いくつかの有名な原生花園があります。鳥だけでなく、花や昆虫を楽しむこともできます。ワッカ...

続きを読む

「悪童日記」「Le grand cahier」を読む

フランス語ネタが全然アップされていませんが、「そのまま使えるフレーズブック」を使ったレッスンは毎週続けています。どうしたらもっと、フランス語に慣れるだろうかと弱音を吐いたところ、ブログ友のずずよしさんがこの本を勧めてくださいました。すずよしさんが旦那様とフランスにしばらく住むと決まった時に、この本のフランス語の原書を読んで、自信をつけたそうです。普段着物をカッコよく着こなすすずよしさんのブログはこ...

続きを読む

夏の思い出 2018

急に涼しくなり、秋の気配を感じるようになったので、この夏の山の思い出を残しておきたいと思います。今年、JRの駅の構内のポスターで「暑さ忘れる放心の一齣。夏の御射鹿池」という新緑の湖の写真をよく見かけました。一齣(ひとこま)とはひと画面、ひと場面という意味のようです。よく行く八島湿原に御射山ヒュッテがあるのは知っていましたが、御射鹿池というのは知りませんでした。山荘に行った時に、行ってみました。長野県...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る