2週間ほどブログお休みします

6月に予定していた家の建て替えが半年伸びたので、北海道に行ってきます。これまで仕事や介護などで、長期の旅行にいけませんでした。北海道は40年ぶりです。千葉から苫小牧までフェリーで行き、道東を中心にまわってきます。知床を歩くのに、はじめて買いました。熊よけ鈴です。最近のはすぐれもので、上のひもを引くと音が鳴りません。危険なところを歩く時だけ鳴らします~。恐る恐る行ってきます。しばらく皆様のブログにも訪...

続きを読む

本ぐけは役に立つ

和裁番外編です。森を歩くのに長袖のシャツが欲しくて登山用品の店に行きました。登山用の衣類は綿ではなく、紫外線をブロックしたり、乾きが早い特殊加工のポリが主流だそうです。汗で体温が下がるのが危険だからだそうです。何げなく買った女性用のM。パッツパツで着れない!セール品の箱に入っていた一点ものだったので、サイズ交換はできない。よ~し。直してやる。(くやしい気持ちはすごい力を発揮します。)袖の下の脇の縫...

続きを読む

ちりめん(立涌)の単衣-身ごろ

袖が終わったので、次は身ごろだと思っていたら、まず衽の額縁をしましょうと言われました。きものの裾の端っこをきれいな四角にするのを額縁仕上げといいます。きものの本だと衽のしるし付けは一度に全部してしまいますが、先生はまず額縁を仕上げてから反対の寸法のしるし付けをした方が正確になるとのことです。次は身ごろですが、まず背縫いをします。今回初めて脊伏せのリボンを使いました。これは祖母の古いものですが、せっ...

続きを読む

日本紬織物フェスティバル 2018

日本紬織物協会が主催する第18回日本紬織物フェスティバルに行ってきました。星岡料理教室が終わってから行きましたので、終了時間の1時間前に着いて駆け足で見させていただきました。このフェスティバルは呉服屋さんを通して案内状を受け取ることができるシステムになっているので、あまり知られていないかもしれませんが、全国の有名な伝統工芸品の紬が集まるので機会があったらぜひ見に来られることをおすすめします。紬が展示...

続きを読む

着物で星岡日本料理講習会-5月

5月は月末に講習会に行ってきました。掛け軸は「薫風自南来」。「くんぷうみなみよりきたる」より「くんぷうじなんらい」と音読みするようです。今の季節にぴったりの禅語ですね。中国の禅僧がこの語を聞いて悟りをひらいたとのことです。向付     いかの木の芽和え椀      鯛そぼろ椀        卵とうふ入り煮物     松皮豆腐 (博多蒸し)        アスパラあん揚げもの   魚のこはく揚げ  ...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

着物アルバム

ページの先頭へ戻る