三浦で和裁 ー 雨コート 竪襟

この雨コートは道行のような襟なので、竪襟(たてえり)をつけます。ずっと「かたえり」とばかり思っていました。正しくは「たてえり」でした。和裁の本では立襟となっていました。竪襟をつけるまえに、見頃の裾をくけることが必要と言われ、縫い代のところを折って、くけました。つれないようにくけるのが結構難しいです。表に響くところです。 竪襟の作業に入ります。ヘラ付けをして、キリビがついている竪襟を、中表にして...

続きを読む

行ってきました、八丈島!!

最近は、バードウォッチングが人気で、野鳥に詳しいネイチャーガイドが案内するツアーが、各社いろいろあります。その中でも、うみどりをフェリーから見るだけのツアーで、フェリーでとんぼ返りして、到着した島には降りないという弾丸ツアーがあります。それに行ってきたので、そのご報告です。ちょっと長いですが、お付き合いください。私のハンドルネームはあるばとろすで、アホウドリのことです。ただ、私はこれまで「コアホウ...

続きを読む

星岡日本料理講習会 ー 4月

4月の星岡料理講習会です。掛軸は「柳緑花紅」。禅語で、柳は緑、花はくれないと、自然のままの姿に真理があるとか、あたりまえのことが大事とか、深い意味があるようです。 吸物  若たけ椀煮物  ふきの信田巻き煮 鶏丸取り揚物  れんこん揚げ団子    ふきのとう 長芹    揚げこんにゃく酢肴  白魚 わかめ きゅうり  生姜酢浸し  うるい胡麻浸しご飯  筍ご飯 ふきが大好きですが、このふきの...

続きを読む

「女系家族」を観る

山崎豊子原作の小説を三隅研次監督が撮った「女系家族」を観ました。裕福な大阪の老舗木綿問屋の社長が3人の娘を残して死去することで起こる、遺産相続のどろどろの物語です。少しでも自分が多くと目論む3人の娘以外にも、この機会になんとかうまく資産をいただきたい番頭や強欲な叔母がからみ、すさまじい展開です。そこに社長と実は7年前からの付き合いという愛人が登場して、話はますます目が離せなくなります。長女の京マチ...

続きを読む

「緋牡丹博徒」を観る

ナギさんの本でも紹介されていた「緋牡丹博徒」シリーズの第1作目を観ました。 自分が、任侠映画を見ることになるとは思ってもいませんでしたが、これは見てよかったです。藤純子(現在は富司純子)さんが限りなく美しいです。 卑怯な辻斬りにあった父の仇を探す旅に出るストーリーですが、藤さんの清らかで、凛とした姿に惚れ惚れします。 この、博多帯を後見結びに結んだ姿がかっこいいです。 高倉健さんも...

続きを読む

プロフィール

あるばとろす

Author:あるばとろす
60代の東京の主婦です。2015年に祖母の着物を受け継ぎ、時々着ています。外資系企業で秘書や通訳ガイドをしていました。現在フランス語を学習中です。30年以上のバードウォッチャーです。あるばとろすはアホウドリの英名、仏名です。コメント大歓迎です。コメント投稿欄のパスワードは後からご自分で削除する時に必要なもので、なんでもいいです。An English and French speaking Kimono lover who goes out often to watch wild birds. Your comments are welcome if you like my photos!

着物の人気ブログ

バードウォッチングの人気ブログ

フランス語の人気ブログ

フリーエリア

ページの先頭へ戻る